中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
39,455view

中学受験において12月にやるべきこと!

中学受験において12月にやるべきこと!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


12月は、本番受験が近づいてきているということもあり、本番受験に向けた受験勉強は真っ只中だと思います。

また、受験生はもちろんのこと、親にも

12月にやるべきこと!

は、多々あります。

そこで、今回は、中学受験において12月にやるべきことについて、受験生と親の観点から、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。

※ どうでもよいですが、いつものように少しリライトしています!


中学受験において12月にやるべきこと!


以下、僕が考える中学受験において12月に受験生と親がやるべきことで、

大きくは、

12月にやること
受験生
 親 
1
最後の模擬試験
2
受験校を決める
3
過去問を解く
4
時間を有効活用
5
出願スケジュール管理
6
1月校の出願
7
ウイルス対策
○:主体 △:サポート -:なし

の7つあります。

次から、それぞれについて説明します。


1.最後の模擬試験!(受験生)


以前、

中学受験における主要な公開模擬試験の日程をまとめてみました!

という記事でもご紹介していますが、12月に本番受験に向けた

最後の模擬試験!

を受ける方も多いと思います。

例えば、

2020年12月6日(日)
・合格力判定サピックスオープン(SAPIX)
・合不合判定テスト(四谷大塚)

2020年12月13日(日)
・合格力実践テスト(日能研)

2020年12月20日(日)
・合格判定テスト(日能研)

などの公開模擬試験です。(主要な模擬試験のみ記載しています。)

ちなみに、

うちは、本番受験に向けた最後の模擬試験として「合不合判定テスト(四谷大塚)」を受けていますが、このブログでも何度も述べているように、

中学受験生活の中で、

過去最悪の結果!

でした。

しかし!

最終的には第一志望校である麻布をはじめ併願校(渋幕、浅野、本郷、栄東)を含め、

全て合格!

しています。

[ご参考]
中学受験における最後の模試「合不合判定テスト」は過去最悪の結果!

そういう意味では、最後の模擬試験結果も大事ですが、

最後の模擬試験結果をもとに、

何が弱いのか?

を、

本番受験までに分析し対策すること!

が何よりも重要です。


2.受験校を決める!(親、受験生)


もう12月なので、受験生も親も(家族で)、

受験校を決める!

つまり、

第一志望校と併願校を決める!

必要があります。

12月に入っても、まだ、悩んでいる方もいるとは思いますが、早めに第一志望校と併願校を決めて、

実際に受験する学校の対策!

を早めにするに越したことはないです。

※当たり前ですが...

[ご参考]
中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点!

ちなみに、

うちの場合、併願校については、出願ギリギリまで悩んでいたということもあり、結果的に、受験しない学校の過去問もやったという経験があります。(決して無駄とは思っていませんが...)

[ご参考]
中学受験において志望校はいつ決めるべきか?
中学受験における併願校の選び方!

いずれにせよ、実際に受験する学校を絞り、決めないと、その学校の対策ができなくなるため、

12月中には決めること!

をおすすめします!


3.過去問を解く!(受験生)


以前、

中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!

という記事でも述べていますが、12月の本番受験に向けた受験勉強は、ひたすら第一志望校と併願校の

過去問を解く!

ことです。

このブログでも何度も述べていますが、第一志望校、併願校問わず、その学校の過去問を解くことは、

自分でできる何よりの受験勉強であり、

受験校の対策!

であると考えています。

ただし、

ただ過去問を解くだけでは全く意味がないため、どうしてこの答えになるのかということを、

時間をかけてでも、

きちんと理解すること!

が過去問を解く上では何よりも重要です。

[ご参考]
中学受験における過去問の解き方!
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?

ちなみに、うちの場合は、12月(本格的には1月から)から過去問中心の受験勉強をしていましたが、漢字演習や計算ドリルなどの基本演習も、一日の勉強時間の中に少し入れていました。

※基本演習も継続は力なりです...


4.時間を有効活用!(受験生)


先日、

中学受験における自宅での効率的な勉強法!

という記事でも述べていますが、

もう12月ということもあり、受験生としては、毎日、勉強していても、あっという間に時間が過ぎてしまうと思います。

※親も同じですが...

そのため、難しい問題や自分で解けない問題は、あまり悩まずに、解答を見て、

悩む時間を理解する時間に充てる!

というようなことも時には必要です。

とにかく、12月に入ると、一気に時間がない時期になるため、

時間を有効活用!

することが重要になってきます。

また、すきま時間をうまく活用することも大いにアリです。

[ご参考]
中学受験における「すきま時間」の活用法!


5.出願スケジュール管理!(親)


これは受験生の親の役割ですが、1月受験はもちろんのこと、2月受験の出願スケジュールの作成と管理をする必要があります。

先に述べたとおり、うちと同じように、第一志望校や併願校、特に併願校をまだ決めかねている方も多いとは思います。

ただし、

少しでも受験を考えている学校の募集要項をチェックして、どの学校がどのような方法で、いつからいつまでの期間で出願する必要があるのかを管理し、計画的に出願する必要があります。

※出願忘れがないように!

特に、東京の私立中学校については、2019年度から出願開始期日が早まっているため、早めに(12月中には)

出願スケジュールを計画すること!

をおすすめします。

[ご参考]
中学受験における出願スケジュールを管理しよう!
中学受験において東京の出願開始期日が早まることについて!


6.1月校の出願!(親)


これも受験生の親の役割ですが、12月に入るとすぐに、埼玉、千葉をはじめとする1月校の実際の出願が始まります。

しつこいようですが、

もう、実際の

出願の時期!

です!

ちなみに、

志願者数/受験者数ともに日本一の「栄東」は、2021年度入試に関しては、12月1日の10:00からインターネットによる出願が始まります。

そのため、1月受験をする場合は、忘れないように、1月に受験する学校の出願は、12月中に行っておくことをおすすめします。

また、実際に出願すると、

完全に本番受験モード!

になります。

[ご参考]
中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!


7.ウイルス対策!(受験生、親)


これも、どちらかというと親の役割ですが、風邪はもちろんのこと、コロナ(COVID-19)やインフルエンザなどのウイルス対策として、受験生である子供だけではなく、受験生の家族も含めて、手洗い、うがい、マスク着用を徹底することをおすすめします。

[ご参考]
中学受験におけるインフルエンザ予防・対策について!

時間が大切なこの時期に、病気で寝込んでしまったり、入院してしまうのは非常にもったいないです。

そのため、本番受験に向けたこの追い込みの時期に、風邪やインフルエンザ、コロナで体調を崩さないように、

しっかりと

体調管理!

をしましょう!

うちは、先の記事でも述べていますが、当時、コロナはありませんでしたが、

手洗い!
うがい!
マスク!
空気清浄機は常にフル稼働!
加湿器も常にフル稼働!

は当たり前としてやっており、

そして、何よりも

不要な外出はしない!

を徹底していました。

今は、これらに加えて、

帰宅したらお風呂に直行!
家族と会話する時もマスク!

もしています。


最後に


今回、受験生と親の観点から、中学受験において12月にやるべきことについて色々と述べましたが、12月は本番受験に向けた佳境の時期で、受験生も親も本当に忙しい月になります。

また、

中学受験における冬休みの過ごし方!

という記事でも述べているように、

12月は、クリスマスや年末年始もありますが、中学受験の年は、そのようなイベントは、あまり関係が無い状態になると思います。

※実際、うちの場合がそうでした...

いずれにせよ、12月の忙しさのために体を壊すことが一番よくないため、

受験生も親も体調管理!

だけはお気を付けください!

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-

>関連記事!
中学受験,11月,やるべきこと
中学受験において11月にやるべきこと!
中学受験においては、11月に入ると、「模擬試験も佳境!」を迎え、「志望校の過去問を本格的に始める!」という時期になります。また、受験生も親も1週間があっという間に過ぎてしまい、これまで以上に色んな意味で忙しくなります。そこで、今回は、中学受験において11月にやるべきこと!について、僕の意見を色々と述べたいと思います。
中学受験34,923view
中学受験,1月,過ごし方,やること
中学受験における1月の過ごし方とやること!
中学受験において1月は、中学受験生活の中では一番忙しい月であり、「どのように過ごすべきか?」と、悩む月でもあります。そして、受験生はもちろんのこと、親にも、「1月はやること!」も多くあります。そこで、今回は、中学受験における1月の過ごし方とやることについて、うちの経験を踏まえて、受験生と親の観点から色々と述べたいと思います。
中学受験19,340view