中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
52,108view

中学受験における御三家の実質倍率を比較してみました!

中学受験における御三家の実質倍率を比較してみました!
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

夜の忙しい時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、9月25日(日)です。

2月1日の本番受験まで、あと129日です!

はじめに


2022年度の中学受験において、

東京の男女御三家(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の入試が終了し、

受験者数、合格者数、実質倍率!

が確定しました。

そこで!

今回は、東京の男女御三家の直近(過去8年間)の実質倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。



志願倍率、実質倍率とは?


中学受験だけの話ではありませんが、受験における倍率には、「志願倍率」と「実質倍率」があります

御三家の実質倍率を比較する前に、念のため、志願倍率と実質倍率の説明を以下に示します。

※「そのくらい知っとるわい!」という方は、飛ばしてください。


志願倍率


志願倍率は、募集人員に対して、どれくらいの人が志願しているかの倍率となり、志願者数を募集人員で割った倍率となります。

[例]
300人の募集人員に対して、志願者数が900人の場合は、

900÷300=3.0 となり

志願倍率は3.0倍です。

※御三家の志願倍率については、下記の記事をご覧ください。

[ご参考]


実質倍率


実質倍率は、受験した人数を合格者数で割った倍率、つまり、本当の倍率となります。

[例]
800人の受験者数に対して、合格者数が320人の場合は、

800÷320=2.5 となり

実質倍率は2.5倍です。

※この記事は、この実質倍率に関する記事です。


御三家の実質倍率を比較してみました!


まずは、

2022年度中学受験における男女御三家の実質倍率は以下のとおりです。

なお、

受験者数、合格者数は、学校発表、SAPIX、四谷大塚の数値を用いています。

▽男子御三家
学校名
受験者数
合格者数
実質倍率
開成
1,050
416
2.52
麻布
890
371
2.40
武蔵
626
178
3.52
※実質倍率は小数第三位を四捨五入しています。

▽女子御三家
学校名
受験者数
合格者数
実質倍率
桜蔭
534
282
1.89
女子学院
709
276
2.57
雙葉
346
121
2.86
※実質倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2022年度の実質倍率としては、男子御三家では武蔵、女子御三家では雙葉が一番高くなっています。

次から、各学校の実質倍率について詳しく見てみましょう!


男子御三家(東京)の実質倍率!


以下、男子御三家(東京)の実質倍率を比較してみます。


開成中学校


以下、「開成中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・300名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
1,050名
416名
2.5倍
2021
1,051名
398名
2.6倍
2020
1,188名
397名
3.0倍
2019
1,159名
396名
2.9倍
2018
1,171名
388名
3.0倍
2017
1,142名
395名
2.9倍
2016
1,131名
396名
2.9倍
2015
1,171名
395名
3.0倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

開成は、2020年度までは、受験者数、合格者数ともに安定しており、

結果的に実質倍率も2.9倍~3.0倍と安定していましたが、

2021年度については、新型コロナウイルスの影響により、受験者数が昨年度と比べると減った中で、合格者数は例年並みということもあり、実質倍率は下がり2.6倍となっています。

そして、

直近の2022年度については、受験者数は昨年度とほぼ同じですが、合格者数が昨年度より増えていることにより、過去8年間の中では、一番低い実質倍率となっています。

[ご参考]


麻布中学校


以下、「麻布中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・300名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
890名
371名
2.4倍
2021
844名
377名
2.2倍
2020
971名
383名
2.5倍
2019
998名
376名
2.7倍
2018
917名
378名
2.4倍
2017
947名
382名
2.5倍
2016
894名
390名
2.3倍
2015
895名
387名
2.3倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

麻布は、過去8年間の中では、受験者数が一番多い2019年度が一番高い2.7倍でしたが、

2021年度については、新型コロナウイルスの影響により、受験者数が過去8年間の中では一番少ないということもあり、実質倍率も2.2倍と、一番低い実質倍率となっています。

そして、

直近の2022年度については、受験者数が増え、合格者数は前年並みということもあり、実質倍率は2.4倍と例年並みとなっています。


[ご参考]


武蔵中学校


以下、「武蔵中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・160名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
626名
178名
3.5倍
2021
574名
183名
3.1倍
2020
580名
188名
3.1倍
2019
569名
186名
3.1倍
2018
541名
185名
2.9倍
2017
577名
187名
3.1倍
2016
590名
183名
3.2倍
2015
519名
185名
2.8倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

武蔵は、毎年、実質倍率が安定しているというよりも、どちらかというと受験者数にかかわらず、合格者数が安定しています。

上記の数値からもわかるように、毎年、180名前後の合格者数となっています。

そのため、受験者数により実質倍率が変動しているという点が特徴的です。

そして、

直近の2022年度については、過去8年間の中では、受験者数が一番多く、かつ、合格者数が一番少ないということもあり、結果的に3.5倍となっており、過去8年間の中では一番高い実質倍率となっています。

[ご参考]


総評!


2020年度までは、開成と武蔵は、大体3.0倍前後の実質倍率となっており、男子御三家の中では高めの倍率となっています。

一方の麻布は、2.5倍前後となっており、男子御三家の中では低めの倍率となっています。

2022年度の実質倍率については、開成は下降、武蔵は上昇、麻布は例年並みとなっています。


女子御三家(東京)の実質倍率!


以下、女子御三家(東京)の実質倍率を比較してみます。


桜蔭中学校


以下、「桜蔭中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・235名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
534名
282名
1.9倍
2021
561名
283名
2.0倍
2020
532名
283名
1.9倍
2019
510名
281名
1.8倍
2018
521名
280名
1.9倍
2017
501名
269名
1.9倍
2016
523名
266名
2.0倍
2015
629名
271名
2.3倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

桜蔭は、「サンデーショック」の影響で、2015年度の実質倍率は過去8年間では一番高くなっていますが、

2015年度を除けば、大きな変動はなく、1.8倍~2.0倍となっており、とても安定しています。

そして、

直近の2022年度についても、1.9倍となっており例年並みの実質倍率となっています。

[ご参考]


女子学院中学校


以下、「女子学院中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・240名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
709名
276名
2.6倍
2021
664名
274名
2.4倍
2020
746名
274名
2.7倍
2019
743名
281名
2.6倍
2018
717名
275名
2.6倍
2017
652名
278名
2.3倍
2016
673名
270名
2.5倍
2015
873名
340名
2.6倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

女子学院は、2018年度以降、受験者数が増え大人気となっており、「サンデーショック」の2015年度、2018年度、2019年度が2.6倍と一番高い実質倍率でしたが、

2020年度は、さらに高い2.7倍となっており、過去8年間の中では一番高い実質倍率となっています。

2021年度については、新型コロナウイルスの影響により、受験者数が600名台に減り、合格者数は例年並みということもあり、実質倍率は2.4倍と低めの実質倍率となっています。

そして、

直近の2022年度については、受験者数が戻り、合格者数は例年並みということもあり、実質倍率も2.6倍と例年並みとなっています。

[ご参考]


雙葉中学校


以下、「雙葉中学校」の過去8年間の実質倍率です。

▽募集人数
・100名

▽実質倍率
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
346名
121名
2.9倍
2021
357名
115名
3.1倍
2020
391名
118名
3.3倍
2019
339名
127名
2.7倍
2018
299名
120名
2.5倍
2017
352名
119名
3.0倍
2016
345名
116名
3.0倍
2015
501名
147名
3.4倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

雙葉は、武蔵と同じように、募集人数が他の御三家より少ないということもあり、毎年、実質倍率が安定しているというよりも、

どちらかというと受験者数にかかわらず、合格者数が安定しています。

そのため、受験者数により実質倍率が変動しているという点が特徴的です。

ちなみに、

2015年度は「サンデーショック」により、受験者数、合格者数とも多くなっています。

そして、

直近の2022年度については、受験者数が昨年度より減り、合格者数が若干増えたことにより、実質倍率は2.9倍と例年並みとなっています。

[ご参考]


総評!


2015年度は「サンデーショック」の影響があったものの、実質倍率に大きな変化はなく、近年の女子御三家の中では、女子学院、雙葉の実質倍率が高めとなっており、桜蔭の実質倍率は低めとなっています。

※桜蔭の実質倍率が意外にも低いのは予想外と感じた方も多いと思います...


最後に


今回、東京の男女御三家の近年(過去8年間)の実質倍率をご紹介しましたが、

御三家の倍率は高いのでは?

と思っていた方も多いかもしれません。

ただし、

今回、ご紹介したとおり、意外にも、

御三家の実質倍率は、

毎年、2倍~3倍程度!

です。

また、

下記の記事でも述べていますが、

1回目入試でも4倍~5倍、2回目入試では数十倍が当たり前の中学受験において、御三家の倍率は意外に低めです。

[ご参考]

そういう意味では、

受験生にしてみれば、数字上(倍率上)は、本番受験のときに、

自分の席の前後、または、左右の受験生に勝つことで、合格を手にすることができるということになります。

いずれにせよ、

御三家の実質倍率は、今後も注視していきたいと思います。

記事カテゴリー中学受験御三家


四谷大塚の名物先生の授業を自宅で!


新小学1年生〜新小学6年生の保護者の方!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

知ってましたか?


は、中学受験塾大手である

四谷大塚

の選りすぐられた精鋭の名物先生の授業が

自宅で受けられるオンライン学校!

です。

image

もちろん、

オンラインなので、自宅近くに四谷大塚がないという全国の方も、

四谷大塚」の

わかりやすい授業!
楽しい授業!

が、何と!

塾よりもかなり安い

月額2,000円~3,000円程度!

で受けることができます。

興味がある方は、

資料請求(無料)」してみてください!

また、

直ぐにでも試したい!

という方は、

今なら、

14日間お試しもできます!

よろしければ、ぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

大学受験ではお馴染みの東進と四谷大塚は、同じナガセグループで、タッグを組んだからこそ実現できるサービスです。



>関連記事!
中学受験,御三家,男子校
中学受験における御三家(男子校)とは?
中学受験において、「御三家(ごさんけ)」という言葉をよく耳にすると思いますが、そもそも御三家とは、どこの中学校なのかをご存知でしょうか?ちなみに、御三家には男子校と女子校それぞれの御三家があります。そこで!今回は、中学受験における御三家(男子校)をご紹介したいと思います。
中学受験,御三家,女子校
中学受験における御三家(女子校)とは?
中学受験において、「御三家(ごさんけ)」という言葉をよく耳にすると思いますが、そもそも御三家とは、どこの中学校なのかをご存知でしょうか?ちなみに、御三家には男子校と女子校それぞれの御三家があります。そこで!今回は、中学受験における御三家(女子校)をご紹介したいと思います。
中学受験,,御三家,学費
私立中学校(御三家)の学費を比較してみました!(2022年度)
中学受験を控えた方であれば、誰もが、「私立中学校の学費!」に興味があると思います。そのような中で、御三家は偏差値が高いけど、「御三家の学費っていくらくらいなの?」と、気になっている方もいると思います。そこで!今回は、2022年度の男女御三家(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の学費(初年度)を比較してご紹介します。
中学受験,御三家,志願者数,志願倍率
中学受験における御三家の志願者数、志願倍率を比較してみました!
2022年度の中学受験における、「御三家の志願者数、志願倍率!」が確定しました。そして、いよいよ、本格的な「受験ラッシュ!」に突入します!そこで!今回は、東京の男女御三家の2022年度入試の出願状況(志願者数、志願倍率)について、僕なりの見解を色々と述べたいと思います。
中学受験,御三家,塾別,合格実績
中学受験における御三家の塾別の合格実績を比較してみました!
2022年度の中学受験も終わり、御三家(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の入学者数も確定したと思われるため、「塾別の男女御三家の合格実績!」を比較してみました。また、「塾別の繰り上げ合格者数!」も比較してみました。そこで!今回は、中学受験における御三家の塾別の合格実績について、色々と述べたいと思います。
御三家,東大,合格者数
御三家などの東大合格者数を比較してみました!
2022年度の大学入試も終わり、皆さんにもお馴染みのインターエデュや週刊誌(サンデー毎日)でも、日本最高峰の大学である「東京大学の合格者数!」に関する記事が色々と載っています。そこで!今回は、東大合格者数が多い学校の単純なご紹介ではなく、主に男女御三家に的を絞って、東大合格者数について色々と述べたいと思います。
中学受験,御三家,偏差値
中学受験における男女御三家の平均偏差値を求めてみました!
中学受験において、各学校の偏差値は、塾や模擬試験によっても違うため、「どの偏差値を基準にしていいの?」と悩むことが多々あります。そこで!今回は、中学受験における男女御三家の各塾の偏差値から平均偏差値を求めて、ご紹介したいと思います。
中学受験,御三家,併願校
中学受験における御三家の併願校をまとめてみました!
中学受験における東京、神奈川の男女御三家について、これまで学校別の併願校の記事を公開していますが、あちこちに点在しているため、今回は、中学受験における御三家の併願校として1つの記事にまとめたいと思います。※早い話がまとめ記事です。そこで!今回は東京、神奈川の男女御三家の併願校について色々と述べたいと思います。