MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間15万PV達成!
14,809view

中学受験における過去問の解き方!

中学受験における過去問の解き方!|受験ラッシュ!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

ちなみに、今日は11月18日で、2月1日の本番受験まで、あと75日です!


はじめに


受験生であれば誰もが本番受験までに、受験する学校の過去問を解くと思います。

やはり、受験する学校の過去問を解いて、その学校の問題のクセや解答を理解することは、とても重要であり、中学受験において有効であると考えています。

ということで、今回は、中学受験における過去問の解き方について色々と述べたいと思います。


中学受験における過去問の解き方!


以下、僕がおすすめする中学受験における過去問の解き方です。

※もちろんうちの息子も、下記のような解き方で過去問を解いて受験勉強していました。


その前に!


最初に言っておきますが、第一志望校をはじめ併願校も含めて、過去問を最初からスラスラと解けるようなことは、まず無いです。

逆に、解けない問題の方が多いのが当たり前と考えておいた方が無難です。

そのため、過去問が解けないからといって、安易に第一志望校や併願校を見直すことは禁物です。

後で述べていますが、過去問は本番受験までの志望校の教科書、テキストと捉えて解き方を理解することが何よりも重要です。

それでは、以下、うちがやっていた中学受験における過去問の解き方です。


過去問は上位校から解こう!


まずは、色んな学校の過去問を解くと思いますが、過去問を解く順番は、

「過去問は上位校から解く!」

ことをおすすめします。

簡単に言うと、偏差値の高い学校の過去問から、徐々に偏差値の低い下位校の過去問を解いていくという順番で解くということを言っています。

ここでいう上位校とは、一番偏差値が高い学校の過去問、つまり、ほとんどの人は第一志望校がそれに当たると思います。

過去問を上位校から解く理由は、最初に難しい問題を解いて理解することによって、下位の学校の過去問を解いていくうちに、だんだん簡単になっていく感覚を身につけて、自信をつけることを目的にしています。

※だんだん難しくなるよりは、最初に難しい問題を解いた方が後が楽です。

また、「中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?」という記事でも述べていますが、第一志望校の過去問については最低でも10年分解くことをおすすめします。

第一志望校の10年分の過去問を解くと、その学校の問題の色んなことが見えてきます。

併願校の過去問については、どのくらい過去問を解く時間を確保できるか?と、どのくらいの数の学校を受験するか?にもよりますが、最低でも5年分は解くことをおすすめします。

しつこいようですが、やはり、過去問は、解いていると受験する学校の問題のクセや特徴が見えてきます。

※ちなみに、他の記事でも何回か述べていますが、僕の息子が急遽受験することになった「渋幕」については、過去問は持っておらず、全く解いていません...

それ以前に、あまりにも急に受験することになったため、過去問を準備する時間や解く時間が全くありませんでした...


過去問は本番受験と同じ時間で解こう!


次に、

「過去問は本番受験と同じ時間で解く!」

ことをおすすめします。

ちなみに、同じ時間と言っても、試験開始、終了と同じ時間帯という意味ではなく、1科目60分間の試験時間であれば、60分で解くという意味です。(同じ時間帯で解いても良いですが...)

過去問を本番受験と同じ時間で解く理由は、実際の試験時間で、現時点の自分の実力を見るというのは当たり前のことですが、それ以外にも、試験時間に対しての問題量、解答量を見極めて、「確実に解く問題と捨てる問題を見極める力と感覚を身につける!」ためです。

詳細は、「中学受験で試験問題を解くのに時間が足りない!」の記事をご覧ください。


同じ過去問でも何回も解こう!


最後に、

「過去問は何回も解く!」

ことをおすすめします。

過去問は、一度解いて終わりではなく、きちんと理解し、解答を導き出せるようになるまでに何回も解くことをおすすめします。

過去問というと、一度解いて終わりにしてしまいがちですが、そうではありません。

過去問は中学受験における志望校の教科書やテキストと考えて、理解するまで何回も解いて、理解することが何よりも重要です。

※時間がない時期ですが、理解するまでの時間は惜しまないようにしましょう!

うちの場合は、第一志望校の過去問は先の説明のやり方で2回やり、3回目は不安な問題や理解が怪しいを中心にやりました。

また、併願校の過去問も最低2回はやったと思います。


最後に


以前、「中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!」という記事にも書いていますが、うちが本格的に過去問を解き始めたのは、12月末から1月と、ほぼ本番受験直前の時期でした。

1月は集中的に過去問を解いて、解答の解説を理解することに、ほとんどの勉強時間を使っていました。

※先にも述べたように、「過去問=志望校の教科書」といった感じです。

そして、最初に解いた志望校の過去問では、全て不合格という結果でした...

今思えば、もう少し早い時期から過去問を解かせれば良かったと思っていますが、逆に、本番受験直前に集中的に過去問を解くことに主眼を置いていたということが良かったような気もしています。

■関連記事
中学受験,過去問,自己採点,不合格
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において、本格的に過去問を解く時期に入っており、既に受験を考えている中学校の過去問を解いて自己採点をしている方も多くいると思います。特に、この時期は、過去問を解いても「合格点に達しない!」という方も多いと思います。ということで、今回は、うちが中学受験でやった過去問の自己採点結果について色々と述べたいと思います。 中学受験 15,863view
中学受験,第一志望校,過去問,何年分
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?
中学受験において、受験生であれば誰もが受験校の過去問を解きます。特に、第一志望校の過去問については、重点的に解いて理解することが合格への一歩です。そこで気になるのは、過去問は何年分くらい解くべきか?ということです。ということで、今回は、第一志望校の過去問は何年分解くべきか?について、色々と述べたいと思います。 中学受験 15,115view
中学受験,過去問,いつから
中学受験において過去問はいつから解くべきか?
受験の年になると、本番受験に向けて受験勉強も本格化し、それに加えて塾の授業や模擬試験など、色々と忙しい日々を過ごしていると思います。そんな中で、過去問はいつから解けばよいのか?と思っている方も多いと思います。ということで、今回は、中学受験において過去問はいつから解くべきかについて色々と述べたいと思います。 中学受験 9,697view

■最新記事
中学受験,第一志望校,過去問,何年分
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?
中学受験において、受験生であれば誰もが受験校の過去問を解きます。特に、第一志望校の過去問については、重点的に解いて理解することが合格への一歩です。そこで気になるのは、過去問は何年分くらい解くべきか?ということです。ということで、今回は、第一志望校の過去問は何年分解くべきか?について、色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW15,115view
中学受験,過去問,自己採点,不合格
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において、本格的に過去問を解く時期に入っており、既に受験を考えている中学校の過去問を解いて自己採点をしている方も多くいると思います。特に、この時期は、過去問を解いても「合格点に達しない!」という方も多いと思います。ということで、今回は、うちが中学受験でやった過去問の自己採点結果について色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW15,863view
中学受験,出願,種類,パターン
中学受験における出願の種類・パターンについて!
中学受験においては、1月10日の栄東などの埼玉受験を皮切りに、年が明けてから直ぐに、首都圏では本番受験がスタートします。そして、子供の受験勉強とは別に、本番受験に向けて親がやらなければならないことがあります。そう、それは「出願」です。ということで、今回は、主に出願の種類・パターンについて色々と述べたいと思います。 中学受験 11,670view
中学受験,併願校,選び方
中学受験における併願校の選び方!
中学受験において、受験校を決める際に、一番悩むのは、第一志望校ではなく、併願校だと思います。うちも、受験校を決める際に、色んな基準や観点から一番悩んだのは併願校でした。※うちも出願ギリギリまで悩んでいました...といことで、今回は、中学受験における併願校の選び方のついて、色々と述べたいと思います。 中学受験 13,752view
中学受験,合不合判定テスト,結果,悪い
四谷大塚の「合不合判定テスト」で結果が悪かったらどうするか?
先日、「中学受験に向けた主要な公開模擬試験をまとめてみました!」という記事でもご紹介しましたが、四谷大塚が主催する「合不合判定テスト」という公開模擬試験があり、毎年、4月~12月にかけて実施されています。また、12月は本番受験前の最後の模擬試験として、この「合不合判定テスト」を受ける受験生も多いと思います。 中学受験 19,252view
中学受験,父親,役割
中学受験における父親の役割は?
中学受験において、親として役割分担が出来ているご家庭も多いと思います。また、世の中には、受験に一生懸命な父親もいますが、基本的に一生懸命なのは母親の方だと思います。うちの場合も、父親である僕は受験勉強に関しては、何もやっていないのが実態です。といことで、今回は、中学受験における父親の役割について、色々と述べたいと思います。 中学受験 11,753view
中学受験,入試問題,誰,いつ,作る
中学受験において入試問題は誰がいつ作るのか?
中学受験において、本番受験が近づいてくると、今年はどんな問題が出題されるのかが気になってきます。そこで、中学受験において入試問題は誰がいつ作るのか?という疑問を持ったことはないでしょうか?ということで、今回は中学受験において入試問題は誰がいつ作るのか?について色々と述べたいと思います。 中学受験 2,424view
中学受験,11月,やるべきこと
中学受験において11月にやるべきこと!
11月に入ると、本番受験に向けた受験勉強に追われ、この時期からは、受験生も親も1週間があっという間に過ぎてしまう感覚になります。毎年そうですが、11月は色んな模擬試験も佳境を迎えたり、志望校の過去問にも本格的に力を入れる時期で、受験生も親もこれまで以上に色んな意味で忙しい時期になります。 中学受験 18,492view
ベネッセ,鉄緑会,東大模試
「ベネッセ 鉄緑会 東大模試」とは?
皆さんは、「ベネッセ鉄緑会東大模試」という模擬試験をご存知でしょうか?その名の通り、ベネッセと鉄緑会が実施する東大受験に向けた模擬試験ということは分かりますが、意外にもベールに包まれた模擬試験です。というか、僕は知りませんでした...ということで、今回は、「ベネッセ鉄緑会東大模試」について、色々と述べたいと思います。 中学生活鉄緑会 7,755view
中学受験,模擬試験,待機時間,過ごし方
中学受験における模擬試験中の待機時間の過ごし方!
中学受験における秋のこの時期、模擬試験が頻繁に開催されて、受験生の親である保護者も一緒に付き添いで行く機会が多いと思います。最近、模擬試験が多いということもあり、模擬試験に関する記事ばかりで恐縮ですが、今回は、ちょっと視点を変えて、親である保護者の模擬試験中の待機時間の過ごし方について色々と述べたいと思います。 中学受験 12,120view
■カテゴリー/タグ
中学受験受験記中学生活

鉄緑会その他


下記よりサイト内検索ができます!
■おすすめコンテンツ!
■中学受験に関するイベント情報!
■受験勉強のモチベーションアップに!
■私立中学校一覧!
■特集!
■受験記!
難関国私立中学の入試突破ならZ会難関国私立中学の入試突破ならZ会
■ご意見・ご感想について

   RSS
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact