中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
28,882view

中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?

中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

真夜中にご覧いただきありがとうございます!(この記事を読んだらもう寝ましょう!)

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験において、受験生であれば誰もが受験校の過去問を解きます。

特に、第一志望校の過去問については、重点的に解いて理解することが合格への一歩です。

そこで気になるのは、

第一志望校の過去問は何年分くらい解くべきか?

ということです。

そこで!

今回は、

第一志望校の過去問は何年分解くべきか?

について、色々と述べたいと思います。

※どうでもよいですが、いつものようにリライトしています!


中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?


以下、中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?についてです。


第一志望校の過去問は10年分解こう!


よく、第一志望校の過去問は10年分解いた方がよいと言われていますが、僕もそう思います。

うちの息子が受験の時も、第一志望校(麻布)の過去問は、

10年分!

解きました。(解かせました。)

その理由は、単純で、過去5年から7年分はみんな解くだろうと...

そのため、+αで10年分という理由です。

※そもそも第一志望校であれば、10年分解く受験生も多いと思いますが...

そして、ぶっちゃけ、正直、実際、

過去問を10年分解くには時間もかかるし、意外にキツイ!

と思います。

ただし、過去問を多く解いていくと、その学校の入試問題の色んなことが見えてきます。

ということで、以下、うちがやった具体的な過去問10年分の解き方です。


まずは10年分の過去問を入手する!


まずは、第一志望校の10年分の過去問を入手することから始まります。

※もう入手している方も多いと思いますが...

それなりに人気がある中学校の場合は、基本的には10年分が収録された過去問が販売されています。

ただし、市販の過去問の出版社、または、対象の中学校によっては、過去5年から7年分の過去問しかない場合もあります。

まっ、とにかく、

第一志望校の過去問は10年分を入手する!

ことです。

※もし、10年分の過去問が売っていない場合は、ネットで探して入手するという方法もありますが、それなりの学校であれば、大手の塾にはある場合も多いので、塾から入手して解くという方法もあります。(過去問に否定的な塾もある模様ですが...)

あとは、運がよければちょっと古い過去問であれば、BOOKOFFなどで売っている可能性もあります。


とにかく過去問を解いてみる!


入手した過去問は、最初はとにかく解いてみます。

中学受験における過去問の解き方!

という記事でも述べていますが、可能な限り、

1年単位で本番受験と同じ時間で解いてみる!

ことをおすすめします!

最初は解くのにもかなりの時間がかかりますが、とにかく解いてみることです。

そして、一度、解き終わった過去問を自己採点して、

・完璧に正解した問題(○)
・たまたま正解した問題(△)
・間違えた問題(×)

を切り分けて、たまたま正解した問題(△)、間違えた問題(×)については、解説をきちんと理解します。

この解説を理解することにも、かなりの時間がかかりますが、時間はかけてよいです。

それから、更にもう一度過去問を解いてみます。

つまり、10年分の過去問を最低でも2回やります!

場合はよっては、というか、あまりにも解けなかった問題が多い年の過去問については、3回解いてみます!

※うちの場合は、過去問は本格的には12月末くらいから解き始めましたが、中学受験のためのインフルエンザ対策で小学校を休ませていた1月に、集中的に過去問を解かせていました。

というか、受験勉強の最後のテキストは過去問であり、ひたすら過去問を解いて、理解しての繰り返しでした。

ちなみに、

中学受験における自宅での効率的な勉強法!

という記事でも述べていますが、

併願校の過去問については、時短のために、解けない問題には時間をかけずに、解答と解説を理解するようにしていました。


学校によって問題のクセが見えてくる!


第一志望校の過去問を最低でも10年分×2回解くことにより、

その学校の入試問題のクセ、傾向や解き方、問題の特徴!

が見えてきます。

また、

中学受験で試験問題を解くのに時間が足りない!

という記事でも述べていますが、

確実に解かなければならない問題!
捨てる問題!

というのも見えてきます。

この、解ける問題を確実に解いて、捨てる問題は捨てるという割り切りも中学受験においては、合不合を決める重要な要素というか、中学受験においては鉄則です。

逆に言うと、この状態というか、第一志望校の問題のクセや、必ず解く問題、捨てる問題が見えてきたらこっちのものです。

過去問を解くことによって、その問題の傾向や解き方のクセを受験生自らが感じ取れれば、本番受験まで何をやるべきかや、何を強化するべきかが分かってくるはずです。

あとは、第一志望校の本番までに、自分の弱いところを強化することです。


過去問は受験勉強の最後のテキスト!


先日、

中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!

という記事でも述べていますが、

うちの息子が最初にやった過去問の自己採点では、全て不合格という状況でした。

というか、最初に過去問を解いて、自己採点で合格点に達する受験生はほとんどいないと思います。

特に第一志望校の場合は...

そのような状況の中でも、うちは最終的には受験校全ての合格を勝ち取っています。(自慢気にすみません...)

僕が何を言いたいのかというと、先にも述べているように、

過去問は受験勉強の最後のテキスト!

です。

過去問を解いて、例え自己採点で合格点に届かなくても、時間をかけて、しっかりと理解することが何よりも重要です。


最後に


そもそもですが、過去問を解く前に、受験校、特に、第一志望校が決まっている必要があります。

うちの場合は、受験校が決まったのが遅かったということもありますが、先にも述べたように、本格的には12月末くらいから解き始め、本番受験の数週間前に集中的に解かせました。

また、

中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点!

という記事でも述べていますが、

併願校の受験勉強も最後は過去問が一番よいです。

ただし、あくまでも第一志望校を目指すのであれば、第一志望校にターゲットを絞り、重点的に過去問を解いて理解することが重要です。

ということで、

過去問は、

第一志望校は最低でも10年分×2回

は解くことをおすすめします。

また、

実際に入学を考える(実際に入学する可能性がある)

併願校は最低でも5年分×2回

は解くことをおすすめします。

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-

>関連記事!
中学受験,過去問,自己採点,不合格
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において、「本格的に過去問を解く時期!」に入っており、既に受験を考えている中学校の「過去問を解いて自己採点!」をしている方も多くいると思います。過去問を解いても「合格点に達しない!」という方も多いと思います。そこで!今回は、うちが中学受験でやった過去問の自己採点結果について色々と述べたいと思います。
中学受験29,918view
中学受験,過去問,解き方
中学受験における過去問の解き方!
受験生であれば誰もが本番受験までに、受験する学校の過去問を解くと思います。やはり、「受験する学校の過去問を解いて、その学校の問題のクセや解答を理解すること!」は、重要であり、中学受験においてとても有効であると考えています。そこで!今回は、「中学受験における過去問の解き方!」について色々と述べたいと思います。
中学受験26,582view
中学受験,過去問,いつから
中学受験において過去問はいつから解くべきか?
受験の年になると、本番受験に向けて受験勉強も本格化し、塾の授業や模擬試験など、色々と忙しい日々を過ごしていると思います。そのような中で、「過去問はいつから解けばよいのか?」と悩む方も多いと思います。そこで!今回は、「中学受験において過去問はいつから解くべきか?」について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験17,831view
中学受験,過去問,解かない
中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?
中学受験において、「受験校の過去問を解かないで受験する!」という方は、基本的にはいないと思います。しかし、まれにそのような方もいます。そう、うちの息子が受験した「渋幕」がまさにそうでした。そこで!今回は、中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験16,997view
中学受験,過去問,どれくらい
中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?
中学受験において、これから(秋冬から)本番受験に向けて、「過去問」に本格的に取り組む時期となり、「実際、過去問ってどれくらい解けばいいの?」と、わからない方や悩む方も多いと思います。そこで!今回は、「中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?」について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験7,696view
中学受験,志望校対策
中学受験において志望校対策を強化する方法!
中学受験において、普段の受験勉強に加えて、「志望校の対策を強化したい!」と考えている方も多いと思います。もちろん、塾に通っている方や塾に通っていない方でも、同じことを考えている方もいると思います。そこで!今回は、中学受験において志望校対策を強化する方法について、一つの通信講座の活用をご紹介します。
中学受験4,028view