MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間20万PV達成!
19,480view

中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点!

中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点!|受験ラッシュ!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝からご覧いただきありがとうございます!

今日は6月3日(水)で、2月1日の本番受験まで、あと243日です!


はじめに


中学受験において、そろそろ第一志望校や併願校にターゲットを絞った受験勉強をする時期に突入していますが、僕の考えや経験では、第一志望校と併願校の勉強において、いくつか注意した方が良いのでは?という点があります。

ということで、今回は中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点について、色々と述べたいと思います。


中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点!


以下、僕が考える中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点です。


その前に!


第一志望校と併願校の勉強法と注意点の前に、最初にも述べているように、そろそろ第一志望校や併願校にターゲットを絞った受験勉強をする必要がありますが、第一志望校や併願校をまだ決めていないという方もいると思います。

特に、秋から冬にかけてのこの時期が志望校選びでは一番悩ましい時期です。

しかし、ある程度、第一志望校と併願校を見極める必要があり、一番の目標である第一志望校合格に向けて、

「受験勉強の比率を第一志望校は高めて併願校を低めにしたり、第一志望校の優先順位を高くしていく!」

といことが必要になってきます。

そのためにも、第一志望校や併願校のターゲットを絞ることが必要になり、かつ、重要になってきます。

ということで、前振りが長くなりましたが、以下、中学受験における第一志望校と併願校の勉強法の注意点についてです。


第一志望校の勉強法!


まずは、第一志望校の勉強法についてです。

僕が考える第一志望校の受験勉強法は、過去問が中心になると思います。

というか、受験する学校の勉強をする方法は、過去問しかないです。

このブログでも何度か述べていますが、志望校の入試問題に対する情報は、「過去問」しかなく、

「過去問=志望校のテキスト」

という存在になっていきます。

また、「中学受験における過去問の解き方!」という記事や「中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?」という記事でも述べていますが、第一志望校の過去問は10年間分、解くことをおすすめします。

もちろんですが、第一志望校の過去問は、隅から隅まで解いて、答えの導き方をきちんと理解することが必要不可欠です。

そして、先に述べているように、第一志望校については、勉強する時間は併願校よりも多く確保して、優先順位も高くする必要があります。

うちの場合は、併願校選びはかなり悩みましたが、あくまでも「麻布」が第一志望校だったため、本番受験前は「麻布」の受験勉強を何よりも最優先していました。


併願校の勉強法!


次に、併願校の勉強法についてです。

僕の考えでは第一志望校と同じように、併願校の受験勉強も過去問が中心になると思います。

先ほどの過去問の解き方の記事でも述べていますが、併願校の場合は、最低でも5年間分の過去問を解くことをおすすめします。

うちの場合は、過去問を本格的に解き始めた時期が遅かった(12月頃)ということと、併願校が決まっていなかったということもあり、実際に受験した学校よりも多くの学校の過去問を解いていました。(誰にでもあることだとは思いますが...)

逆に言うと、結果的に受験しなかった学校の過去問も色々と解いていましたが、決して無駄とは全く思っていません。

ただし、あくまでも受験勉強で優先順位が高いのは第一志望校の勉強です。

後ほど述べますが、中途半端に第一志望校の勉強をしながら、併願校の勉強もするということは避けた方が良いです。


第一志望校と併願校の共倒れに注意!


先に第一志望校と併願校の勉強法について述べましたが、ここで一つだけ注意点があります。(この記事で僕が一番言いたいことです。)

それは、中途半端に第一志望校、併願校の受験勉強をして、

「第一志望校と併願校の共倒れ!」

にならないようにすることです。

先でも触れていますが、うちの場合は、あくまでも第一志望校である「麻布」にターゲットを絞って受験勉強していました。

もちろん、併願校の勉強もしていましたが、息子の受験勉強に対する姿勢を見ていると、やることが多すぎて第一志望校と併願校の区別があまり無い状態で、中途半端な意識で勉強していたため、いっそのこと、第一志望校にターゲットを絞った方が良いのでは?と考え、併願校の勉強の比率を思いきって下げました。

結果論かもしれませんが、第一志望校にターゲットを絞り、第一志望校の受験勉強の比率を上げることは、受験生である子供への

「第一志望校に合格するという意識付け!」

も兼ねることができると考えています。

まだ小学生の子供に「この学校の過去問解いてみて!」、「次はこの学校の過去問解いてみて!」などのように、次々と指示しても、受験生である子供としては目標を見失ってしまい混乱してしまいますよね!

やはり、あくまでも目標は「第一志望校」に置くことが重要です!


最後に


最近、過去問に関する記事を多く書いていますが、本番受験が近づけば近づくほど多くなってしまいます。

それは、志望校の受験勉強をするには、受験する側から見れば過去問しか情報が無いためです。

そのため、志望校の受験勉強においては、過去問を有効に活用して勉強するしかないと僕は考えています。

本番受験まであと少しです!

気を引き締めてがんばって下さい!

>最新記事!
中学受験,出願,受験しない
中学受験において出願して受験しない人はどれくらいいるのか?
中学受験に限った話ではありませんが、受験しようと出願したにもかかわらず、実際は受験しなかったという人がいます。もちろん、色んな事情や理由はありますが、受験において「出願者数=受験者数」にならないのは周知の事実です。そこで、今回は、中学受験において出願して受験しない人はどれくらいいるのか?について色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW2,557view
鉄緑会,東大,合格実績
「鉄緑会」の東大合格実績について!
東大のための塾というと、やはり、「鉄緑会」です。(特に医学部は...)じゃ、実際、「鉄緑会」ってどのくらいの人が東大に合格してるの?と気になる方もいると思います。特に、「鉄緑会」に通わせている親としても気になるところです。(うちもですが...)ということで、今回は、「鉄緑会」の東大合格者数について、色々と述べたいと思います。 中高生活鉄緑会 19,386view
中学受験,午後入試,必要性
中学受験における午後入試の必要性について!
中学受験において、最近、午後入試を受ける受験生が増えてきています。これは、逆に、午後入試を実施する学校が増えてきているとも言えます。また、色んな中学受験に関する記事を見てみても、午後受験は当たり前になってきている旨の記事をよく見かけます。そこで、今回は、中学受験における午後入試の必要性について色々と述べたいと思います。 中学受験 4,759view
中学受験,電子辞書
中学受験では電子辞書を有効に活用しよう!
中学受験において、受験勉強の際に単語や熟語などを調べるために、電子辞書を利用している受験生も多いと思います。うちも、息子が受験の時は、電子辞書をよく利用していました。(今も利用していますが..)そこで、今回は、中学受験において電子辞書を利用するメリットなどについて色々と述べたいと思います。 中学受験 19,366view
中学受験,難関校,中堅校
中学受験において「難関校」、「中堅校」の定義が曖昧なのはなぜか?
中学受験に限った話ではありませんが、中学受験に関する色んな記事を見ていると「難関校」、「中堅校」などと表現している記事をよく見ます。実際、僕も使っていますが、具体的な定義はなく曖昧です。そこで、今回は、中学受験において「難関校」、「中堅校」の定義が曖昧なのはなぜか?について、僕の考えを踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 5,556view
>カテゴリー/タグ
中学受験受験記中高生活

鉄緑会その他


下記よりサイト内検索ができます!
>中学受験対策にスタディサプリ!
>おすすめコンテンツ!
>中学受験に関するイベント情報!
>受験勉強のモチベーションアップに!
>Z会の難関中学対策!
>私立中学校一覧!
>特集!
>関連コンテンツ!
>ご意見・ご感想について

 @juken_rush   RSS
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact