中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
14,257view

中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!

中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、10月19日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと105日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


中学受験においては、

出願の時期になると、

出願は早い方がいい!

とよく言われており、そのようなことを耳にする機会も多くあります。

そのような中で、

どうして早い方がいいの?

と思っている方もいると思います。

そこで!

今回は、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について、うちの経験を踏まえて色々と説明します。




出願は早い方がいい理由について!


以下、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由で、

大きくは、


という、2つの理由があります。


受験番号が早くなる!(早く退室できる!)


中学受験において出願は早い方がいいと言われる1つ目の理由は、

出願が早いと受験番号が早くなる!

つまり、

基本的には、出願順に受験番号が割り振られていくため、

出願が早いと、早い(若い)受験番号!

になります。

これは、よく言われていることで、ほとんどの学校ではそうです。

実際、うちが出願し受験した下記の学校は、

明らかに出願順に受験番号!

が割り振られていました。

入試日
学校
受験番号
1/10
栄東中学校(A日程)
出願順
1/12
栄東中学校(東大特待クラス)
出願順
1/22
渋谷教育学園幕張中学校(一次入試)
出願順
2/1
麻布中学校
出願順
2/2
本郷中学校(第2回)
出願順
2/3
浅野中学校
出願順

もう少し補足すると、

第一志望校であった麻布は、今はインターネット出願ですが、当時は家内が朝一で出願に並んで比較的早い受験番号をゲットしています。

[ご参考]

また、渋幕については、急遽受験を決めたということもあり、出願期限ギリギリに出願したため、ほぼ最後の受験番号でした。

※他の学校の受験番号は、今となっては覚えていませんが、多分、真ん中くらいだったような気がします...

ここで、疑問に思うのは、

早い受験番号だと何かいいことがあるの?

という疑問だと思います。

その答えは、ズバリ、

基本的に、

入試が終わった後、受験生は、

受験番号順に試験教室から退室してくる!

つまり、

受験番号が早いと、

試験教室から早く出てくることができる!

ということになります。

実際、うちの息子が受験した、栄東、渋幕では、入試が終了し試験教室から出てくるまで、1時間くらいかかっており、早い受験生は、入試が終了してから10分後くらいには出てきていました。

※栄東は受験者数が多い(日本一)ということもありますが...

次に、疑問に思うのは、

何で試験教室から早く退室した方がいいの?

という疑問だと思います。

もちろん、入試が終わってから直ぐに帰宅したいという方も多いと思いますが、

これは、特に最近、

午後受験!

をする方が増えてきているため、午前受験の学校から、

午後受験の学校への移動!

を考えると、

やはり、入試が終わってから早く試験教室から出てきた方が、

時間的な余裕!

が生まれてきます。

そういう意味では、午後受験する場合は、

午前受験の学校への出願は早い方がよい!

と思います。

以上が、一般的によく言われている中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由です。


本番受験への意識が高まる!


これが、この記事の本題です。

中学受験において出願は早い方がいいと言われる2つ目の理由は、

本番受験への意識が高まる!

です。

僕としては、これが一番の理由です。

もう、これに尽きます。

やはり、実際に出願すると、

あとはやるしかない!

という気持ちになり、

本当の意味での本番モード!

になります。

うちは、出願ギリギリまで、併願校選びに悩んでいましたが、実際に出願すると、

あとは受験するだけ!

と、気持ちも固まり、

うまく言えませんが、

もう併願校の悩みがなくなり!

気持ちが少し楽になった!

という感じでした。(僕ではなく家内は...)

もちろん、実際に出願すると緊張感は増します。

また、

うちは、ダブル出願していないので、出願した学校は全て受験したということもあり、

出願は本番受験前の最後のイベント!

でした。

[ご参考]

そういう意味では、

早めに出願して気持ちを固めて、受験する学校のみを目指して対策する!

ということは、本番受験まで残り少ない時間を有効活用するという点においては、大いにアリだと僕は考えています。


出願が早いと受かりやすい?有利?


これは、ネットで見かけた情報ですが、

・出願が早いと受かりやすい!
・出願が早いと有利!

といった情報や、

・受験番号は奇数の方が受かりやすい!
・受験番号は偶数の方が受かりやすい!

といった情報もありますが、

そんなことはない!

そんなことあるわけがない!

と、僕は思います。

統計学的にはわかりませんが...

実際、うちは、先でも述べているように、渋幕へは、出願期限ギリギリに出願しており、受験番号はほぼ後ろ、というか、後ろには数人しかいないという番号でした。

もちろん、入試後の退室も一番最後で、退室してくるまで1時間くらいかかっていましたが、受験番号が後ろ、

つまり、

出願が遅くても合格しています!

ということで、

出願が早いと受かりやすい、とか、有利ということはないです。

[ご参考]


最後に


今回、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について、色々と説明したように、

やはり、実際に出願すると、

本当の意味で本番モード!

になります。

特に、第一志望校への出願は、

気持ちも固まりあとはやるしかない!

という気持ちにもなります。

そういう意味では、併願校はともかく、第一志望校は、初日に出願する方も多いのではと考えています。

いずれにせよ、出願すると、

本番受験に向けた緊張感!

が増していきます!

そして、

この緊張感を糧に、本番受験までラストスパートです!

記事カテゴリー中学受験


「四谷大塚」の名物先生の授業を自宅で!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

東進オンライン学校 小学部

では、中学受験塾大手の「四谷大塚」の選りすぐられた精鋭の名物先生の授業が

自宅で受けられるオンライン学校!

です。

ad

もちろん、オンラインなので、自宅近くに四谷大塚がないという全国の方も、

四谷大塚

・わかりやすい授業!
・楽しい授業!

が、何と!

塾よりもかなり安い

月額約2,000円~3,000円程度!

で受けることができます。

また、

14日間お試しもできます!

興味がある方はぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、大学受験ではお馴染みの東進と四谷大塚は、同じナガセグループで、タッグを組んだからこそ実現できるサービスです。

>関連記事!
中学受験,出願,方法
中学受験における出願方法の種類と流れについて解説します!
首都圏の中学受験においては、年が明けて直ぐに、1月10日の埼玉受験を皮切りに本番受験が始まるということもあり、12月から出願が始まります。そのような中で、出願方法は受験する学校によって違いますが、「出願方法の種類と流れ!」に大きな違いはありません。そこで!今回は、中学受験における出願方法の種類と流れについて説明します。
中学受験24,992view
中学受験,出願,スケジュール
中学受験における出願スケジュールの管理方法について!
中学受験において、受験校(特に併願校)をまだ決めていない方もいるとは思いますが、実際に出願するかは別にして、少しでも受験を考えている学校の「出願方法や出願期間!」を把握し、出願忘れがないように、「出願スケジュールを管理!」する必要があります。そこで!今回は、中学受験における出願スケジュールの管理方法について説明します。
中学受験39,665view
中学受験,ダブル出願
中学受験におけるダブル出願の目的やメリット/デメリットについて!
中学受験においては、最終的な第一志望校や併願校が決まらずに「ダブル出願!」をする方も多くいます。うちも、併願校が決まらずにダブル出願を考えた時期がありましたが、実際にはダブル出願はしていません。そのような中で、ダブル出願にはメリットもあればデメリットもあります。そこで!今回は、中学受験におけるダブル出願について説明します。
中学受験28,734view
中学受験,出願,並ぶ
中学受験において窓口出願(願書持参)に並ぶべきか?
中学受験の出願においては、最近ではインターネット出願がほとんどですが、受験する学校の窓口に願書を持参する窓口出願もあります。そのような中で、出願日初日に朝早くから「並んで出願するべきか?」で悩む方も多いと思います。そこで!今回は、中学受験において窓口出願(願書持参)に並ぶべきか?について色々と述べたいと思います。
中学受験29,537view
中学受験,miraicompass,インターネット,出願
「miraicompass」によるインターネット出願とは?
中学受験においては、出願や学校説明会の予約などで、誰もが少なくとも1度は、「miraicompass」というインターネットサービスを利用する機会があると思います。もちろん、初めて中学受験を向かえる方は、初めて耳にするかもしれません。そこで!今回は、「miraicompass」とは何なのか?について説明します。
中学受験53,979view