中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
33,404view

中学受験において11月にやるべきこと!

中学受験において11月にやるべきこと!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験においては、

11月に入ると、

模擬試験も佳境!

を迎え、

志望校の過去問を本格的に始める!

という時期になります。

また、受験生も親も1週間があっという間に過ぎてしまい、これまで以上に色んな意味で忙しくなります。

そこで、今回は、中学受験において11月にやるべきこと!について、僕の意見を色々と述べたいと思います。

※どうでもよいですが、いつものように少しリライトしています!


中学受験において11月にやるべきこと!


以下、僕が考える中学受験において11月にやるべきことで、大きくは2つあります。

それは、ズバリ!

模擬試験」と「過去問

です。

当たり前といえば当たり前のことですが、僕なりの考えと理由があります。

ということで、それぞれについて説明します!


模擬試験!


中学受験において、11月にやるべきことの一つ目は、

模擬試験

です。

以前、

中学受験における秋からの勉強法!

という記事でも述べていますが、

11月は、可能な限り模擬試験を受ける!

そして、模擬試験の結果をもと自己分析をしっかり行い、

苦手科目や苦手分野を克服すること!

が重要です。

このブログでも何度か述べていますが、この時期は、まだ模擬試験の結果には、あまりとらわれずに、冷静に自己分析を行うことが重要です。

※自己分析や模擬試験結果については、下記の記事も参考にしてみてください!

[ご参考]
中学受験における弱点の見つけ方!(自己分析の方法!)
中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!

もちろん、ほとんどの方は、

偏差値が志望校の偏差値に届かない!

といった模擬試験の結果を非常に気にしますが、そこは冷静になる必要があります。(冷静になれないのは非常に良く分かりますが...)

これは考え方次第ですが、12月に入ると、実施される模擬試験はぐんと減ります。

多分、12月は模擬試験を受けたとしても1~2回、一番多く受けたとしても3回くらいです。

そのため、現時点で、どの科目の、どの分野の、どんな問題に弱いのかを判断して、

弱点を教えてくれるのは模擬試験!

であり、模擬試験が頻繁に実施される11月は、貴重な時期です。

逆に言うと、本番受験に向けて模擬試験が徐々に減っていくということは、

誰も弱点を教えてくれなくなる!

ということになります。

そして、11月のうちに、模擬試験の結果をもとに早めに弱点を確認、対策し、

仮に結果が悪い場合は、

早めにショックを受けておく!

というのが11月です。

うちは、

中学受験における最後の模試「合不合判定テスト」は過去最悪の結果!

という記事でも述べているように、これが12月だと、精神的にかなりキツイです。

そういう意味では、

僕から言わせれば、模擬試験の結果が悪くても

11月ならまだ大丈夫!

です。

※うちのように、成績の波(模擬試験の結果の波)が激しく、突貫工事のような受験勉強にならないようにしてくださいませ!


過去問!


中学受験において、11月にやるべきことの二つ目は、

過去問

です。

うちは、過去問を本格的に解き始めたのが遅く、12月からということもあり、もっと早くから始めておけばよかったという反省もあり、11月にやるべきことに挙げています。

過去問は、中学受験において受験勉強の集大成とも言えます。

※過去問については、下記の記事も参考にしてみてください!

[ご参考]
中学受験における過去問の解き方!
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?

ただし、

僕の考えでは、11月はどちらかと言うと過去問よりも模擬試験を優先した方がよいと考えています。

もちろん、過去問を解くことも必要ですが、あくまでも、

過去問と模擬試験の優先順位!

という意味での話です。

というか、11月に色んな模擬試験を受けて、自己分析を行い、克服すべき箇所の勉強をしていると、現実的には過去問を本格的に解く時間はあまりないのが現実だと思います。

実際、うちは、塾もある中で、模擬試験のふりかえり、弱点の受験勉強をしていると、過去問を解く時間がほとんどなかったというのが実態でした。

そのため、11月に模擬試験を頻繁に受けて、模擬試験を優先する場合は、過去問と模擬試験のウエイトは、

・過去問 < 模擬試験

という感じになり、余裕があれば過去問を解くという感じになります。

もし、11月に模擬試験をあまり受けないという場合は、先に述べた通りに模擬試験の結果で弱いところを克服したら、過去問と模擬試験のウエイトは、

・過去問 > 模擬試験

という感じになり、志望校の過去問中心の勉強でよいと思います。

また、この時期に、過去問を解いて、

合格点に届かない!

志望校を変えるしかない!

と悩むと思いますが、皆さんそうです。

この時期に、

過去問が解けないのは、当たり前!

のことです。

そういう意味では、本番受験でようやく合格点に達するという感じかと...

[ご参考]
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において偏差値が届かない場合、志望校は見直すべきか?


※ちなみに12月は、有無を言わさずに、ひたすら第一志望校はもちろんのこと、併願校も含めた過去問が中心の受験勉強になります。


まとめ


結局、僕が何を言いたいのかというと、

11月に

模擬試験も過去問も全力で両方取り組むのは無理!

です。

そのため、

どちらも中途半端にならないように!

どちらかにウエイトをおき、

優先順位をつけて対策しましょう!

ということです。

・模擬試験を受けるだけ受けておしまい!
・過去問を解くだけ解いておしまい!

とならないように、

解けない問題をきちんと理解すること!

が重要です。


最後に


今回、中学受験において、11月にやるべきことについて、僕の意見を色々と述べましたが、先にも述べたように、

11月は、模擬試験を可能な限り受けて、結果を元に自己分析を行い、苦手科目、苦手分野を克服すること!

です。

そして、

余裕があれば志望校の過去問を解く!

ということが、11月にやるべきことだと僕は考えています。(余裕がある受験生はいないと思いますが...)

また、このブログでも何度も述べていますが、模擬試験や結果の分析などは、受験生である親がみてあげる必要があり、受験生である子供の本番受験に向けた最終的な学習計画をコーディネートする必要があります。

逆に言うと、

受験生である子供が自分の力で模擬試験の結果をきめ細かく分析するのは不可能です。

というか、無理です。

中学受験においては、11月からは本番受験に向けてラストスパートです。

焦らせるつもりはありませんが、2月1日を本番受験日とした場合、11月は100日を切っています。

1月受験を考えると、もう2ヵ月とちょっとしかありませんが、

まだ時間は十分にあります!

これからのラストスパートの時期を大切にしてください!

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-

>関連記事!
中学受験,12月,やるべきこと
中学受験において12月にやるべきこと!
12月は、本番受験が近づいてきているということもあり、本番受験に向けた受験勉強は真っ只中だと思います。また、受験生はもちろんのこと、親にも「12月にやるべきこと!」は、多々あります。そこで、今回は、中学受験において12月にやるべきことについて、受験生と親の観点から、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験37,872view
中学受験,1月,過ごし方,やること
中学受験における1月の過ごし方とやること!
中学受験において1月は、中学受験生活の中では一番忙しい月であり、「どのように過ごすべきか?」と、悩む月でもあります。そして、受験生はもちろんのこと、親にも、「1月はやること!」も多くあります。そこで、今回は、中学受験における1月の過ごし方とやることについて、うちの経験を踏まえて、受験生と親の観点から色々と述べたいと思います。
中学受験17,715view