MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは「麻布」、「渋幕」など受験校全てに合格した中学受験に関するブログです!中学受験が終わった今、これから中学受験を控えている方々に役立つ情報を提供します!
16,909view

中学受験における人気校を予想!(2018年)

中学受験における人気校を予想!(2018年)|受験ラッシュ!

はじめに


中学受験において、そろそろ2018年の本番受験が近づいてきたということもあり、人気校を勝手に予想したいと思います。

最初に言いますが、僕の予想では2018年も人気校に大きな変化はないと考えています。

また、偏差値や実質倍率にも大きな変化はなく、2017年並みではないかと考えています。

※あくまでも僕の個人的な見解となります...


中学受験における人気校を予想!(2018年)


以下、僕が考える中学受験における人気校となります。


人気校とは?
その前に、そもそも、人気校の定義や人気校の傾向は色々あるとは思いますが、近年の人気校は、単純に、人気がある、つまり、優秀な生徒が集まるということになり、必然的に偏差値が高い学校が人気校になると言っても過言ではないかと思います。

更に言うと、最終的には、東大をはじめとする超難関大学への合格者数が多い学校、合格率が高い学校が人気があるということになります。


2018年の人気校!
僕が考える2018年の人気校は、以下の通りです。

[国公立]
・筑波大学附属駒場中学校(東京)
・筑波大学附属中学校(東京)

[私立(男子)]
・開成中学校(東京)
・麻布中学校(東京)
・駒場東邦中学校(東京)
・海城中学校(東京)
・栄光学園中学校(神奈川)
・聖光学院中学校(神奈川)

[私立(女子)]
・桜蔭中学校(東京)
・女子学院中学校(東京)
・雙葉中学校(東京)
・豊島岡中学校(東京)

[私立(共学)]
・渋谷教育学園幕張中学校(千葉)


東京の御三家、新御三家、神奈川の御三家、千葉の御三家をはじめとする各中学校の人気は、今年も相変わらず高いと思われます。

人気が高い分、偏差値も高いですが...

※各御三家については下記のご参考記事をご覧ください。

[ご参考記事]
中学受験における男子中学校の御三家とは?
中学受験における女子中学校の御三家とは?
中学受験における新御三家とは?
中学受験における神奈川の御三家とは?
中学受験における千葉の御三家とは?


他の記事にも書いていますが、人気校については、毎年、色んな情報が流れますが、実質倍率は、大体、平年並みに落ち着くというのが常です。

特に、上位校を敬遠して、その下、その下とだんだん人気が高くなるような傾向があります。

その中でも特に女子御三家については、偏差値は「桜蔭 > 女子学院 > 雙葉」ですが、ここ数年間の人気(実質倍率)は、「雙葉 > 女子学院 > 桜蔭」の順となっています。

渋幕については、「新興勢力の渋幕が凄すぎる!」という記事でも述べていますが、1月受験ということと、共学校ということもあり、東京の中学校を第一志望校とする男女の受験生の併願校として、人気は更に上がると思われます。

また、豊島岡の人気も継続すると思われます。(毎年、2回目、3回目の倍率はハンパないです...)


上記の中学校って?
上記の中学校を見て、ピンときた方は非常に鋭いです。

なぜなら、上記の中学校は全て、東大受験の専門塾として有名な「鉄緑会」の指定校となっています。

つまり、親としては、中学受験のその先の大学受験を見据えて、それなりの中学校に入学させたいと考えるのは当然のことで、それらの要因が上記の中学校の人気を後押ししています。

逆に言うと、「鉄緑会」に入塾することを前提に中学校を選ぶ方もいるといっても過言ではないかもしれません。

もちろんですが、「鉄緑会」の指定校になっていない東京の御三家である「武蔵中学校」、神奈川の御三家である「浅野中学校」をはじめ、「早稲田」、「慶應」などの大学系中学校の人気も、これまで通りに相変わらず高くなると思います。


最後に


「中学受験における人気校を予想!(2018年)」と題してこの記事を書きましたが、近年、人気急上昇の渋幕を除いては、昔から人気が高い学校です。

渋幕については、毎年、人気が上がってきているため、この人気は当分続くと思われます。

最後に、特にこれといった特長?特徴?も無く、ベタな内容の記事ですみませんでした...
■最新記事
中学受験,モチベーション,やる気
中学受験において子供のモチベーション(やる気)を上げるには?
これから中学受験なのに受験生である子供のやる気がない、自分から受験勉強しないなど、つまり、中学受験に対してモチベーションが上がらない、やる気がないと悩んでいる方も多くいらっしゃるかと思います。ということで、今回は、中学受験における子供のモチベーション(やる気)について述べたいと思います。 中学受験 NEW970view
中学受験,私立中学校,年収
中学受験して私立中学校に行くための年収は?
中学受験を考えている方で、子供を私立中学校に入れたいけど、いくらくらい必要なの?、どのくらいの年収の家庭が私立中学校に通っているの?と思っている方も多いと思います。そこで、今回は、中学受験と年収について、私立中学校に通わせるには年収がいくらくらい必要なのか?などについて、色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW1,250view
受験ラッシュ,ブログ,近況
このブログ「受験ラッシュ!」の近況報告!
このブログ「受験ラッシュ!」ですが、4月23日に、早いもので、何とか1周年を迎えることが出来ました!そして、これまでこのブログを見ていただいた方々に心から感謝します!本当にありがとうございます!今回は、久しぶりに中学受験とは関係のない記事ですが、このブログ「受験ラッシュ!」の近況について色々と述べたいと思います。 その他 1,970view
中学受験,東京私立中学合同相談会
中学受験では「東京私立中学合同相談会」に行こう!
今年も毎年恒例の「東京私立中学合同相談会」が開催される予定で、中学受験を控えた小学校6年生や小学校5年生の親子の方で参加される方も多いと思います。ちなみに、うちも、息子が中学受験の時に、2回ほど参加しています。ということで、今回は、過去に2回行ったことがある「東京私立中学合同相談会」について述べたいと思います。 中学受験 2,227view
中学受験,学校説明会
中学受験の学校説明会には積極的に参加しよう!
受験を考えている学校の説明会も、学校の教育方針やその学校の雰囲気を掴む上では、とても貴重な機会となります。うちの場合は、滑り止めというか、併願校も考えて、受験する可能性がある学校説明会には一通り行きました。と言っても、学校説明会は平日に実施されることも多く、うちの場合は、ほとんどの説明会は家内が行っています。 中学受験 3,073view
中学受験,親,かかわり方
中学受験における親のかかわり方について!
中学受験において、本番受験が近づいて受験勉強も本格化してくると、受験生である子供も親もピリピリとした空気や雰囲気になってきます。特に、子供よりも親の方が神経質になりがちで、受験生である子供の逃げ場がない状態に陥ることもあります。そこで、今回は受験生である子供への親のかかわり方について述べたいと思います。 中学受験 2,194view
中学受験,文化祭
中学受験を考えている学校の文化祭には積極的に行こう!
中学受験を考えている学校に実際に入れるチャンスは、基本的には学校説明会と文化祭の時しかありません。学校説明会は生徒が少ない土曜日の午後からや、日曜日などに実施するところが多く、実際の生徒の雰囲気を見ることができるのは、唯一、文化祭です。また、文化祭は自分の子供と一緒に、学校の雰囲気を見ることができる貴重な機会となります。 中学受験 3,646view
御三家,東大,合格者数
御三家などの東大合格者数を比較してみました!
2018年の大学入試も終わり、皆さんにもお馴染みのインターエデュや週刊誌(サンデー毎日)でも、日本最高峰の大学である東大の合格者数に関する記事が色々と載っています。そこで、今回は、単純に東大合格者数が多い学校ではなく、男女御三家に的を絞って、東大合格者数に関して色々と述べたいと思います。 中学受験中学生活 2,928view
中学受験,集中力をつけるには
中学受験において集中力を身につけるには?
新学期が始まり、中学受験を控えた新6年生は、本格的な受験勉強がスタートしています。しかし、受験の年になっても、集中力がなく、受験勉強がはかどらないと悩んでいる親御さんも多いかと思います。そこで、今回は、「中学受験において集中力を身につけるには?」と題して、集中力を身につけるための、ちょっとした工夫について述べます。 中学受験 4,445view
ssh,スーパーサイエンスハイスクール
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)とは?
皆さんの中にも、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)という言葉を聞いたことがある方も多くいるかと思いますが、どのようなことを目指している学校なのかをご存知でしょうか?(僕は息子が中学受験するまで知りませんでした...)ということで、今回は、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)について述べたいと思います。 中学受験中学生活 2,613view
■カテゴリー/タグ
■おすすめコンテンツ
■私立中学校一覧
■特集
■受験記
blogram
■ご意見・ご感想について
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
TermsPrivacyContact