中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
16,540view

中学受験における入試科目の配点について!

中学受験における入試科目の配点について!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月25日(日)です。

2月1日の本番受験まで、あと191日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


中学受験においては、

国語、算数、理科、社会の4科目入試が基本ですが、最近では2科目入試、1科目入試などもあります。

そのような中で、

入試科目の配点(満点)は同じ?

と思っている方もいると思いますが、

入試科目の配点は、

学校によって違います!

そこで!

今回は、中学受験における入試科目の配点について、色々と述べたいと思います。




中学受験における入試の種類!


中学受験における入試科目の配点について述べる前に、入試の種類について説明します。

中学受験においては、

大きくは、

・4科目入試
・2科目入試
・1科目入試

といった入試の種類があります。

最初でも述べているように、

国語、算数、理科、社会の4科目入試が基本であり、学校や午後受験などによっては、2科目入試を実施する学校も増えています。

また、最近では、算数1科目入試を実施する学校も増えてきており、大人気かつ高倍率となっています。

[ご参考]

そのような中で、入試科目の配点(満点)は、

・国語:100点(満点)
・算数:100点(満点)
・理科:100点(満点)
・社会:100点(満点)

と思っている方もいると思いますが、学校によって配点は千差万別です。


中学受験における入試科目の配点!


以下、中学受験における入試科目の配点についてです。

今回は、全学校の入試科目の配点を調査することは無理なので、


の入試科目である国語、算数、理科、社会の配点(満点)に的を絞って、色々と述べたいと思います。

※学校によっては、面接がある学校もありますが、あくまでも国語、算数、理科、社会の配点についてのみ述べます。


御三家の配点!


以下、御三家の学校毎の入試科目と配点(満点)となります。

[御三家]
学校名
国語
算数
理科
社会
合計
開成
85
85
70
70
310
麻布
60
60
40
40
200
武蔵
100
100
60
60
320
桜蔭
100
100
60
60
320
女子学院
100
100
100
100
400
雙葉
100
100
50
50
300


●開成中学校


開成は、国語、算数の配点は同じ85点、理科、社会の配点は70点となっており、国語、算数に比べて15点少なくなっています。


●麻布中学校


麻布は、国語、算数の配点は同じ60点、理科、社会の配点は40点となっており、国語、算数に比べて20点少なくなっています。

また、麻布は、今回、ご紹介する学校の中で、配点としては一番少ない配点となっており、4科目の合計でも200点満点となっています。

[ご参考]


●武蔵中学校


武蔵は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は60点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。


●桜蔭中学校


桜蔭は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は60点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。(武蔵と同じです)


●女子学院中学校


女子学院は、御三家の中では唯一、国語、算数、理科、社会の各科目100点満点となっています。


●雙葉中学校


雙葉は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は50点となっており、国語、算数に比べて50点少なくなっています。

というか、理科、社会の配点は、国語、算数の実に半分です。


神奈川御三家の配点!


以下、神奈川御三家の学校および入試毎の入試科目と配点(満点)となります。

[神奈川御三家]
学校名
国語
算数
理科
社会
合計
聖光①
150
150
100
100
500
聖光②
150
150
100
100
500
栄光
70
70
50
50
240
浅野
120
120
80
80
400
フェリス
100
100
60
60
320
横浜雙葉
100
100
80
80
360
横浜共立A
100
100
100
100
400
横浜共立B
100
100
200


●聖光学院中学校


聖光は、第1回入試(①)、第2回入試(②)ともに、国語、算数の配点は同じ150点、理科、社会の配点は100点となっており、国語、算数に比べて50点少なくなっています。


●栄光学園中学校


栄光は、国語、算数の配点は同じ70点、理科、社会の配点は50点となっており、国語、算数に比べて20点少なくなっています。


●浅野中学校


浅野は、国語、算数の配点は同じ120点、理科、社会の配点は80点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。


●フェリス女学院中学校


フェリスは、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は60点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。


●横浜雙葉中学校


横浜雙葉は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は80点となっており、国語、算数に比べて20点少なくなっています。


●横浜共立学園中学校


横浜共立は、

A方式入試(A)は、神奈川の御三家の中では唯一、国語、算数、理科、社会の各科目100点満点となっています。

B方式入試(B)は、国語、算数の2科目入試となっており、A方式と同じ100点の配点となっています。


千葉御三家の配点!


以下、千葉御三家の学校および入試毎の入試科目と配点(満点)となります。

[千葉御三家]
学校名
国語
算数
理科
社会
合計
渋幕①
100
100
75
75
350
渋幕②
100
100
75
75
350
市川①
100
100
100
100
400
市川②
100
100
100
100
400
東邦大東邦①
100
100
100
100
400
東邦大東邦②
100
100
50
50
300


●渋谷教育学園幕張中学校


渋幕は、一次入試(①)、二次入試(②)ともに、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は75点となっており、国語、算数に比べて25点少なくなっています。


●市川中学校


市川は、第1回入試(①)、第2回入試(②)ともに、国語、算数、理科、社会の各科目100点満点となっています。

なお、市川の第1回入試では、理科、社会の代わりに英語(英語Ⅰ、英語Ⅱ)を選択できますが、配点は同じ100点となっています。


●東邦大学付属東邦中学校


東邦大東邦は、

前期入試(①)は、国語、算数、理科、社会の各科目100点満点となっています。

後期入試(②)は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は50点となっており、国語、算数に比べて50点少なくなっています。

そういう意味では、

今回、ご紹介している複数回受験校の中で唯一、東邦大東邦は1回目(前期入試)と2回目(後期入試)の配点が違います。


新御三家の配点!


以下、新御三家の学校および入試毎の入試科目と配点(満点)となります。

[新御三家]
学校名
国語
算数
理科
社会
合計
駒東
120
120
80
80
400
海城①
120
120
80
80
400
海城②
120
120
80
80
400
巣鴨①
100
100
50
50
300
巣鴨②
100
100
50
50
300
巣鴨③
100
100
50
50
300
巣鴨 算選
100
100
豊島岡①
100
100
50
50
300
豊島岡②
100
100
50
50
300
豊島岡③
100
100
50
50
300
鴎友①
100
100
100
100
400
鴎友②
100
100
100
100
400
吉祥女子①
100
100
70
70
340
吉祥女子②
100
100
70
70
340
吉祥女子③
100
100
70
70
340


●駒場東邦中学校


駒東は、国語、算数の配点は同じ120点、理科、社会の配点は80点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。


●海城中学校


海城は、一般入試①、一般入試②ともに、国語、算数の配点は同じ120点、理科、社会の配点は80点となっており、国語、算数に比べて40点少なくなっています。(駒東と同じです)


●巣鴨中学校


巣鴨の第Ⅰ期入試(①)、第Ⅱ期入試(②)、第Ⅲ期入試(③)は、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は50点となっており、国語、算数に比べて50点少なくなっています。

そういう意味では、理科、社会の配点は、国語、算数の実に半分です。

算数選抜入試(算選)は、算数の1科目入試となっており、他の入試と同じ100点の配点となっています。


●豊島岡女子学園中学校


豊島岡は、第1回入試(①)、第2回入試(②)、第3回入試(③)ともに、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は50点となっており、国語、算数に比べて50点少なくなっています。

そういう意味では、理科、社会の配点は、国語、算数の実に半分です。


●鴎友学園女子中学校


鴎友は、第1回入試(①)、第2回入試(②)ともに、国語、算数、理科、社会の各科目100点満点となっています。


●吉祥女子中学校


吉祥女子は、第1回入試(①)、第2回入試(②)、第3回入試(③)ともに、国語、算数の配点は同じ100点、理科、社会の配点は70点となっており、国語、算数に比べて30点少なくなっています。

なお、吉祥女子第3回入試(③)は、2021年度入試から廃止されています。

[ご参考]


入試科目の配点に応じた勉強の割合!


先でご紹介している各学校の配点からもわかるように、学校によって若干の差はあるものの、

中学受験においては、

・国語、算数の配点が高い!
・理科、社会の配点が低い!

という学校が多いです。

そのため、

うちもそうでしたが、

・国語と算数は重要!
・理科と社会は後回し!

と考えている方も多いと思います。

[ご参考]


国語と算数は重要!


今回、色んな学校の中学受験における入試科目の配点をご紹介していますが、

やはり、

国語と算数は重要!

であるということを改めて認識した方も多いと思います。

また、実際の受験勉強においては、入試科目の配点を考えると、どうしても国語と算数を優先してしまうのは当たり前のことです。

[ご参考]

いずれにせよ、

中学受験において、配点が高い学校が多い国語と算数は重要です。


理科と社会は後回し!


実際、うちもそうでしたが、

国語と算数より配点が低いということもあり、

理科と社会は後回し!

になっていました。

[ご参考]

やはり、実際の受験勉強においては、入試科目の配点を考えると、どうしても理科と社会が後回しになってしまうのは当たり前のことです。

ちなみに、

後回しにしている科目は、後回しにしているからこそ基礎が大事です。

そのような場合、塾と併用して学習ツールを利用することは大いに有効だと思います。

[ご参考]


余談!


余談ですが、国語、算数、理科、社会という順番は、学校によっては、国語、算数、社会、理科という順番の場合もあり、どちらが正しい順番なのか?僕はいつも悩んでしまいます...

今回は、一番最初にご紹介している開成が国語、算数、理科、社会の順番を採用しているため、それに合わせていますが...


最後に


今回、中学受験における入試科目の配点(満点)について、色々と述べたように、

受験する学校によっても、

配点に応じて対策、強化する科目!

は変わってきますが、

国語、算数、理科、社会の4科目が基本であり、その中でも国語、算数が合格、不合格のカギを握る重要な科目であることは否定できません。

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-

>関連記事!
中学受験,入試科目,4科目,2科目,1科目
中学受験における入試科目(4科目、2科目、1科目)について!
中学受験には、大きくは、・4科目受験(4教科受験)・2科目受験(2教科受験)の2つの受験方法があります。また、最近では、・1科目受験(1教科受験)もあります。そのような中で、「それぞれの入試科目って何?」と思う方もいると思います。そこで!今回は、中学受験における入試科目(4科目、2科目、1科目)について説明します。
中学受験66,328view
中学受験,入試科目,種類
中学受験における入試科目の種類やパターンについて!
中学受験の入試科目は、国語、算数、社会、理科の4科目が基本であり、この4科目で入試を実施している学校も多いです。しかし、最近の中学受験においては、入試科目の種類やパターンも多種多様であり、受験生にとっては入試科目の選択の幅が広がっています。そこで、今回は、中学受験における入試科目の種類やパターンについて述べます。
中学受験14,914view
中学受験,算数1科目入試
中学受験における算数1科目入試についてまとめてみました!
近年、中学受験において、これまでの4科目入試や2科目入試ではなく、算数1科目入試(算数1教科入試)を実施する学校が年々増えており、人気も高まっています。ということで、今回は、中学受験における算数1科目入試の人気の理由、実施している学校について、色々と述べたいと思います。
中学受験30,373view