中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
33,096view

麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合について!

麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合について!
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

夜遅くにご覧いただきありがとうございます!

今日は、10月20日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと104日です!


はじめに


中学受験において、

麻布中学校を目指している!

という方も多いと思います。

麻布に合格するためには、

入試で1点でも多く得点すること!

は、もちろん必要ですが、

配点に対して得点すべき目安を目指す!

ということも必要です。

そこで、今回は、麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合について、色々と述べたいと思います。

※この記事、麻布の入試に的を絞って述べていますが、

他の学校にも当てはまる部分が多い!

と思いますので、麻布を目指していない方も是非、ご覧くださいませ!


麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合について!


以下、麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合についてです。


その前に!


麻布に限った話ではありませんが、

中学受験の入試においては、

どんな科目でも満点を取ることは不可能!

です。

当たり前ですが...

そもそも、入試問題は、満点が取れないようにつくられています。

※学校の立場からしてみれば、受験生皆んな満点が取ったら合不合の判定が出来なくなるので...

そのため、このブログでも何度も述べているように、

本番入試では、解ける問題を確実に解く!

ことが、合格への何よりの近道であり、

本番入試で満点を目指す!

という自らプレッシャー与える考えではなく、

本番入試で合格圏内の点数を目指す!

という考えを念頭に置いておくことも時には必要です。

ということで、麻布の入試を例に、これから説明します。


近年の麻布中入試での最高点・最低点!


それでは、麻布中学校の入試に的を絞って述べます。

まずは、直近5年間の麻布中入試での、最高点、最低点を見てみましょう!

麻布中学校の入試での配点は、

[配点]
国語:60点
算数:60点
社会:40点
理科:40点

合計200点満点となっており、

直近5年間の麻布中入試における最高点、最低点は以下のとおりになっています。

年度
最高点
最低点
平均点
2020年
151点
110点
131点
2019年
145点
100点
123点
2018年
144点
106点
125点
2017年
146点
106点
126点
2016年
139点
103点
121点
平 均
145点
105点
125点
※平均点は小数第一位を四捨五入しています。

上記の最高点、最低点から直近5年間の平均を求めてみると、

最高点の平均は145点
最低点の平均は105点

となり、

平均点は125点

となります。

つまり、4科目合計の

200点満点中、125点を取れれば合格圏内で麻布に合格することができる!

割合でいうと、

62.5%を取れれば合格圏内で麻布に合格することができる!

という計算になります。

そういう意味では、少しハードルを下げて、

120点、60%でも合格圏内!

です。

もちろんですが、未来の試験結果(最高点、最低点)がどうなるかはわかりません。

ただし、

2020年度は最高点、最低点とも若干、他の年と比較すると高めですが、上記の表からもわかるように、

直近5年間の入試結果に大きな点差はない!

です。

ということで、麻布の近年の入試結果から、

合格圏内の約120点(60%)を取ること!

を前提に、国語、算数、社会、理科の科目別に、取るべき点数の割合について述べます。


国語


麻布中学校の国語の入試は、

60点満点(試験時間:60分)

で実施されます。

国語は、算数と同様に配点が高いということもあり、麻布の入試においては重要な科目です。(麻布に限った話ではないですが...)

また、国語は、算数と同様に点差がつきやすい科目でもあります。

そのため、6割以上取ることが理想です。

具体的には、40点前後、割合では66%前後取りたいところで、65%以上取れれば御の字というか十分に合格圏内です。


算数


麻布中学校の算数の入試は、

60点満点(試験時間:60分)

で実施されます。

算数も国語と同様に、配点が高いということもあり、麻布の入試においては重要な科目であり、算数も6割以上取ることが理想です。

具体的には、40点前後、割合では66%前後取りたいところで、65%以上取れれば御の字というか十分に合格圏内です。

また、算数も国語と同様に点差がつきやすい科目であり、麻布の入試では一番、難しく点差がつきやすい科目です。

余談ですが、

コロナで休校中に、現役の麻布生であるうちの息子が、僕の部屋にあった麻布の過去問をたまたま見つけ、解こうとしたらしいのですが、

先日、

麻布の算数の入試問題、マジで解けないんだけど!

と言っておりました...


社会


麻布中学校の社会の入試は、

40点満点(試験時間:50分)

で実施されます。

社会は、国語や算数とは違い、配点が20点少ないということもありますが、5割取ることが理想です。

ぶっちゃっけ、40点満点の半分である20点前後、割合では50%前後取れれば御の字というか十分に合格圏内です。

うちの息子が麻布を受験した時も、麻布の社会と後述する理科は、半分取れればラッキー!だと、うちの家内も息子に常々言っていました。


理科


麻布中学校の理科の入試は、

40点満点(試験時間:50分)

で実施されます。

理科も社会と同様に、5割取ることが理想です。

麻布の理科はご存知のように、思考力を問う問題が中心となっており、40点満点の半分である20点前後、割合では50%前後取れれば十分で、半分取れればラッキー!です。

また、麻布の理科では奇問も度々出題されています。

[ご参考]
麻布中の理科に出題された「ドラえもん」の問題について!


まとめ


麻布中学校の入試において、合格圏内の取るべき点数(約120点)と割合(約60%)をまとめると、以下のようになります。

国語・・・約40点前後(約66%前後)
算数・・・約40点前後(約66%前後)
社会・・・約20点前後(約50%前後)
理科・・・約20点前後(約50%前後)
全体・・・約120点(約60%)

もちろん、科目によっては、受験生の得意、不得意はあると思いますし、入試問題にもよるため一概には言えませんが、直近5年間の麻布の合格圏内の目安としては、上記のようになります。

そういう意味では、

国語、算数を合わせて80点!(66%)
社会、理科を合わせて40点!(50%)

を取ることができれば、麻布の合格圏内です。

しつこいようですが、未来の試験結果がどうなるかはわかりませんが...


最後に


今回、麻布の入試において配点に対して取るべき点数の割合について、色々と述べましたが、入試科目全体の得点という意味では、直近5年間の入試結果では、6割取れれば合格圏内であるというのは、ちょっと意外だと思う方もいらっしゃるかもしれません。

僕も息子が受験するまでは、御三家、麻布というと、7割から8割以上の得点を取らないと合格できないと思っていました。

でも、直近5年間の入試結果からは、

何とか6割取れれば麻布に合格できる!

というと、何か合格できそうな気がしてきて少し気持ちにもゆとりができてきますね!

一方では、麻布の長文、記述、難問、奇問?という入試問題で、この6割を取るということが難しいという話もありますが...

いずれにせよ、

受験校の合格圏内の点数や割合を把握しておくこと!

に、損はないと考えています。

また、

最高点でも最低点でも合格に変わりはない!

ですし、

最高点で合格した子も、最低点で合格した子も、

入学時は同じスタートラインに立ちます!

本番受験まで、残り少ない時期になってきましたが、頑張ってください!

記事カテゴリー中学受験


読解力向上、時事問題対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

読売KODOMO新聞

は、週刊での発刊ということもあり、小学生でも無理なく読むことができ、

日々の生活における

読解力の向上!(国語、理科、社会)
時事問題対策!(社会)

に最適です。

image

また、

中学受験シーズン」には、受験業界大手の

四谷大塚」が監修で、毎週特集ページで教科ごとのポイントを重点的に解説しており、

実際の入試問題」を使ってわかりやすく解説するページなどもあります!

そして、何と!

月額550円(税込)!

とっ

コンビニ弁当1つくらいの良心的な価格です!

興味がある方はぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

うちも息子が受験のとき購読していました!

[ご参考]

また、

間もなく!

主要な塾から

2022年度中学入試に向けた時事問題テキスト!

が発刊されます!(ただいま予約受付中!)


ちなみに、上の2つ(SAPIX、栄光)はうちも使っていました!

こちらも、よろしければぜひ!

>関連記事!
中学受験,麻布中,ドラえもん
麻布中の理科に出題された「ドラえもん」の問題について!
2013年度(平成25年度)の中学受験において、麻布中学校の入試問題(理科)に出題された「ドラえもんの問題!」は、とても有名な話となっており、ご存知の方も多いと思います。そこで!今回、あえて、麻布中の理科に出題された「ドラえもん」の問題について、僕なりの意見を色々と述べたいと思います。
中学受験29,678view
中学受験,麻布,質問,回答
麻布に関するご質問と回答です!
珍しく、麻布を目指しているというこのブログの読者の方より、ご質問をいただきました。ということで、今回は、その麻布を目指しているという読者の方のご質問に、この記事を通してお答えしたいと思います。麻布を目指している方へも共有させていただきます。
中学受験23,810view
中学受験,麻布中学校,併願校
中学受験における「麻布」の併願校を徹底解析!
そろそろ第一志望校はもとより、併願校を真面目に検討する時期になってきましたね!そこで!今回は、珍しくシリーズで、東京の御三家(男子)の併願校について解析します!男子御三家の第二回は、「麻布中学校」の併願校、併願パターンを受験日順にご紹介します!
中学受験32,071view
麻布,実態
噂とは違う意外な「麻布」の実態!
中学受験前から「麻布中学校」の噂(自由!、校則が無い!、金髪や髪を染めた子が多い!、勉強しない!など)は色々と聞いていましたが、実際に息子が麻布に入学してみると、事前の噂とはちょっと違うな?と感じることが多々あります。ということで、今回は、これから麻布を目指す方に、僕が感じた麻布の実態について色々と述べたいと思います。
中高生活37,977view
中学受験,麻布,渋幕
麻布と渋幕に合格した場合、どちらに入学するか?
麻布中学校を受験する方で、渋谷教育学園幕張中学校も受験する方も多くいると思います。そして、麻布と渋幕の両方に合格した場合、どちらの学校に入学するか?という悩みが出てくる方も多くいます。実際、うちは、非常に悩みました。ということで、今回は、麻布と渋幕に合格した場合、どちらに入学するかについて、色々と述べたいと思います。
中学受験35,676view
中学受験,麻布,併願校,悩み
中学受験において麻布の併願校って本当に悩みます!
併願校を選ぶ基準として偏差値、その学校の教育方針、校風など、色んな基準がありますが、併願校を選ぶのって本当に悩みますよね!うちも、出願期限ギリギリまでかなり悩みました。特に、麻布を第一志望校にした場合の併願校を悩む方も多いと思います。そこで、今回は、麻布の併願校について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験28,909view