中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
61,033view

中学受験における4科目受験、2科目受験について!

中学受験における4科目受験、2科目受験について!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験には、大きくは、

・4科目受験(4教科受験)
・2科目受験(2教科受験)

の2つの受験方法があります。また、最近では、

・1科目受験(1教科受験)

もあります。

そして、

「それぞれの受験科目って何?」

と思う方もいると思います。

そこで、今回は、中学受験における4科目受験、2科目受験、1科目受験について、色々と説明したいと思います。


中学受験における4科目受験、2科目受験について!


中学受験での受験科目は、大きくは4科目受験と2科目受験の大きくは2つがあります。(あくまでも大きくはです。)

もちろんですが、入試科目は学校や入試日、入試の種類によって違いがあります。

ということで、まずは、4科目受験、2科目受験について説明します!


4科目受験(4教科受験)とは?


中学受験における4科目受験(4教科受験)とは、

・国語
・算数
・理科
・社会

の4科目で受験することを言います。

中学受験では、この4科目受験が基本になります。

4科目受験における配点については、「中学受験における入試科目の配点について!」という記事でも述べているように、

・国語:100点(満点)
・算数:100点(満点)
・理科:100点(満点)
・社会:100点(満点)

の400点満点とする学校もあれば、

・国語:100点(満点)
・算数:100点(満点)
・理科:50点(満点)
・社会:50点(満点)

の300点満点のように、理科や社会の配点が少ない学校もあったり、受験する学校によって様々な配点があります。

ちなみに、僕の息子が受験した、

麻布の配点は、

・国語:60点(満点)
・算数:60点(満点)
・理科:40点(満点)
・社会:40点(満点)

の200点満点だったり、

渋幕の配点は、

・国語:100点(満点)
・算数:100点(満点)
・理科:75点(満点)
・社会:75点(満点)

の350点満点だったりと、やはり、受験する学校によって違っていました。


2科目受験(2教科受験)とは?


中学受験における2科目受験(2教科受験)とは、基本的に

・国語
・算数

の2科目で受験することを言いますが、

学校によっては、

・国語
・算数
・理科
・社会

の4科目から2科目を選択するという学校もあります。

また、「中学受験における「英語入試」について!」という記事でも述べていますが、最近では、

・国語
・算数
・英語

から2科目を選択するという学校も増えてきています。

特に、午後入試などで、2科目受験を実施している学校もそれなりにあります。

※うちも、2月1日の麻布の受験後に、午後入試として東京都市大付属中学校の受験を考えていた時期がありましたが、まさに、午後入試は2科目受験でした。(最終的には東京都市大学付属は受験していませんが...)

また、2科目受験の配点についても学校により様々です。

ご参考までに、2科目受験を実施している私立中学校のほんの一部を記載します。(2020年度の情報です)

[男子校]
足立学園中学校
京華中学校
東京都市大学付属中学校
・etc

[女子校]
愛国中学校
佼成学園女子中学校
川村中学校
・etc

[共学校]
国士舘中学校
玉川学園中学部
東京立正中学校
・etc

しつこいようですが、上記以外にも2科目受験を実施している学校は多数あります。

※2科目受験は、4科目受験と2科目受験から選択できたり、午後入試などの特定の入試で実施されている場合など、学校により様々ですので、詳細は各学校のホームページなどでご確認ください!


2科目受験を有効活用!


先程も軽く触れましたが、やはり、2科目受験は、通常の4科目受験と併用して、午後入試などを受験する際に有効活用する方が多いと思います。

もちろん、最初から2科目受験をメインに考えて受験する方もいると思いますが...

いずれにせよ、2科目受験しかしない方はかなり少ないと思われるため、中学受験においては、4科目受験である「国語」、「算数」、「理科」、「社会」を基本に考えて受験勉強した方が良いと思います。


最近人気の1科目受験(1教科受験)とは?


中学受験における入試科目の種類やパターンについて!」という記事でも述べていますが、中学受験においては、最近では1科目受験(1教科受験)を実施する学校も年々増えてきています。

1科目受験(1教科受験)の代表的な科目は、やはり、

・算数

です。

中学受験における御三家などの志願倍率を比較してみました!」という記事でも述べていますが、1科目受験の人気はかなり高く、例えば、2019年度から導入した巣鴨中学校の算数選抜入試(2月1日午後入試)は、定員20名に対して、500人を超える出願となっています。

また、世田谷区学園の算数特選(2月1日午後入試)も同じように、定員30名に対して、400名を超える出願となっており、かなり人気が高くなっています。

ご参考までに、1科目受験を実施している私立中学校のほんの一部を記載します。(2020年度の情報です)

[男子校]
攻玉社中学校
巣鴨中学校
世田谷学園中学校
高輪中学校
・etc

[女子校]
大妻中野中学校
佼成学園女子中学校
品川女子学院中等部
十文字中学校
・etc

[共学校]
東京都市大学等々力中学校
三田国際学園中学校
上野学園中学校
文化学園大学杉並中学校
・etc

※算数1科目入試については、「中学受験における算数1科目入試についてまとめてみました!」という記事にまとめてありますので、是非ご覧ください!


最後に


中学受験における4科目受験、2科目受験について、色々と説明しましたが、「中学受験では応用科目(算数、国語)は超重要!」という記事でも述べているように、4科目受験、2科目受験のどちらにせよ、やはり、中学受験において

「国語と算数は重要!」

であることには間違いないです。

そのため、「国語」と「算数」は早い段階から基本を身に付けておくことをおすすめします。

特に、「算数」は1科目受験することもできるため、必須です。

また、先程も述べたように、中学受験においては、4科目受験を基本に考えて、その中で2科目受験をうまく使うというように考えていた方がベターです。

と言いいますか、しつこいですが、2科目受験だけを考えている方は少ないとは思いますが...

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-

>関連記事!
中学受験,英語入試
中学受験における「英語入試」について!
中学受験において、最近、「英語入試」という言葉をよく見かけたり、聞いたりすると思います。また、「中学受験なのにどうして英語なの?」と思っている方も多いと思います。そこで、今回は、中学受験における「英語入試」の現状について、色々と述べたいと思います。
中学受験31,858view
中学受験,入試科目,種類
中学受験における入試科目の種類やパターンについて!
中学受験の入試科目は、国語、算数、社会、理科の4科目が基本であり、この4科目で入試を実施している学校も多いです。しかし、最近の中学受験においては、入試科目の種類やパターンも多種多様であり、受験生にとっては入試科目の選択の幅が広がっています。そこで、今回は、中学受験における入試科目の種類やパターンについて述べます。
中学受験13,492view