中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
17,831view

中学受験において過去問はいつから解くべきか?

中学受験において過去問はいつから解くべきか?
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


受験の年になると、本番受験に向けて受験勉強も本格化し、塾の授業や模擬試験など、色々と忙しい日々を過ごしていると思います。

そのような中で、

過去問はいつから解けばよいのか?

と悩む方も多いと思います。

そこで!

今回は、

中学受験において過去問はいつから解くべきか?

について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。


中学受験において過去問はいつから解くべきか?


以下、あくまでも僕の個人的な見解ですが、中学受験において過去問はいつから解くべきかについてです。


その前に!


過去問をいつから解くべきか?の前に、受験生や受験生の親御さんも、受験を考えている学校の過去問を、本格的に解くまでにはいかないまでも、少し解いてみたり、既にある程度見ているという方も多いと思います。

早い話が、志望校選びのために、色んな学校の過去問を見るというか、研究するということです。

もう少し言うと、この学校とこの学校は問題の傾向や質が違うため併願は厳しいとかを判断するためにです。

※うちは、志望校選びのために、少しでも受験を考えたことがある学校の過去問は全て購入しており、正直、何冊買ったか分からないくらいに家に過去問があります...

そう考えると、なかなか志望校や併願校が決まらないというのが現状であり、中学受験の大きな悩みの一つです。

ということで、以下、過去問を「本格的」に解くのはいつからか?についてです。

しつこいようですが、あくまでも「本格的に!」です。


過去問は秋から!


そもそもですが、過去問を本格的に解くということは、

志望校がある程度決まっている!

ということが前提になります。

※志望校がある程度決まらないうちに、闇雲に色んな学校の過去問も解いても混乱したり、全く解けなかったりするとモチベーションが下がってしまうので...

もちろん、既に志望校が決まっている方もいるとは思いますが、ほとんどの方は、春や夏には志望校がまだ決まっていないと思います。

そう考えると、過去問は必然的に、志望校がある程度決まる時期である、

早くとも秋から解き始める!

というのが一般的だと思います。

※僕個人としては、秋からでも早いと思いますが...

また、過去問は学校によって色んなクセがあるため、受験生に合う問題、合わない問題というのが出てきます。

そのため、秋ぐらいから受験を考えている色んな学校の過去問を解いて、自分に合うような問題を出題する学校を選ぶということも時には必要になるかもしれません。

他の記事でも述べていますが、うちは、最終的な志望校を決めたのがかなり遅く、

過去問を解き始めたのは冬の12月、本格的に解き始めたのは1月から!

でした。

その時、志望校を早めに決めて、

もっと早い時期(せめて秋から)から過去問を解かせればよかった!

と、つくづく思っていたことを今でも覚えていますが、逆に、本番直前の冬の短い期間に、

集中して過去問を解いたこと!
本番直前に過去問中心の受験勉強をしたこと!

が結果的によかったとも考えています。

また、

麻布中学校を目指していたということもあり、麻布対策の受験勉強を中心にしていましたが、早稲田中学校の受験も考えた時期もあり、一度、早稲田中学校の過去問を息子に解かせた時、息子曰く、問題の質が全く違うということで、ほとんど解けなかったという経験があります。(もちろん早稲田の受験は見送りました...)


志望校が決まっていても過去問は後で!


志望校が既に決まっており、塾の勧めや受験生、親の判断によっては、その志望校の過去問を早い段階から解くような場合もあると思いますが、あまりにも早い時期から過去問中心の勉強としてしまうと、何回か過去問を解いていくうちに、

受験生である子供は答えを覚えてしまう!

ため、

やはり、

過去問は基本、基礎が整いある程度の応用力がついてから!

解き始めた方がよいと僕は思います。


ご参考!


ご参考までに言っておきますが、塾によっては過去問に対する方針が全く違い、過去問を推奨していないというか、過去問を解くこと、過去問中心の受験勉強をすることに否定的な塾もあります。

もちろん、塾のクラスや先生、時期によっても違うとは思いますが...

いずれにせよ、過去問を全く解かないで受験する受験生は、ほとんどいないと思いますが、過去問は量も大事ですが、このブログでも何度か述べているように、

過去問は本番受験までの志望校の教科書、テキスト!

と捉えて解き方を理解することが何よりも重要だと僕は思います。


最後に


今回、中学受験において過去問をいつから解くべきか?について色々と述べましたが、先に述べた通りに、過去問というか入試問題は、学校によって本当にクセがあります。

それを見極めるためにも、やはり秋ぐらいから徐々に本格的に過去問を解き始めるのが理想的だと思います。

最後に言いますが、

皆さん、うちのように、志望校がなかなか決まらずに、突貫工事のように本番直前にあわてて受験校の過去問を解くようなことがないように注意しましょう!

また、過去問関連の記事も是非ご覧くださいませ!

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-

>関連記事!
中学受験,過去問,自己採点,不合格
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において、「本格的に過去問を解く時期!」に入っており、既に受験を考えている中学校の「過去問を解いて自己採点!」をしている方も多くいると思います。過去問を解いても「合格点に達しない!」という方も多いと思います。そこで!今回は、うちが中学受験でやった過去問の自己採点結果について色々と述べたいと思います。
中学受験29,918view
中学受験,第一志望校,過去問,何年分
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?
中学受験において、受験生であれば誰もが受験校の過去問を解きます。特に、第一志望校の過去問については、重点的に解いて理解することが合格への一歩です。そこで気になるのは、「第一志望校の過去問は何年分くらい解くべきか?」ということです。そこで!今回は、「第一志望校の過去問は何年分解くべきか?」について、色々と述べたいと思います。
中学受験28,884view
中学受験,過去問,解き方
中学受験における過去問の解き方!
受験生であれば誰もが本番受験までに、受験する学校の過去問を解くと思います。やはり、「受験する学校の過去問を解いて、その学校の問題のクセや解答を理解すること!」は、重要であり、中学受験においてとても有効であると考えています。そこで!今回は、「中学受験における過去問の解き方!」について色々と述べたいと思います。
中学受験26,583view
中学受験,過去問,解かない
中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?
中学受験において、「受験校の過去問を解かないで受験する!」という方は、基本的にはいないと思います。しかし、まれにそのような方もいます。そう、うちの息子が受験した「渋幕」がまさにそうでした。そこで!今回は、中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験16,997view
中学受験,過去問,どれくらい
中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?
中学受験において、これから(秋冬から)本番受験に向けて、「過去問」に本格的に取り組む時期となり、「実際、過去問ってどれくらい解けばいいの?」と、わからない方や悩む方も多いと思います。そこで!今回は、「中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?」について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験7,696view