中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
14,439view

中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!

中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験においては、まもなく、本番受験に向けて、

模擬試験

が頻繁に行われる時期になります。

また、

このブログでも何度か述べていますが、模擬試験は、

中学受験において最高のツール!

だと考えています。

そこで!

今回は、

中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!

について、色々と述べたいと思います。


中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!


以下、「中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイント!」についてです。


その前に!


先日、

中学受験における主要な公開模擬試験の日程をまとめてみました!

という記事でも述べていますが、

中学受験において、秋から冬にかけて、色んな塾で多くの模擬試験が実施され、本番受験を控えた受験生は、中学受験生活において、一番多くの模擬試験を受ける時期になります。

そして、模擬試験というと、

模擬試験を受ける
    ↓
結果が返ってくる
    ↓
結果を見て嘆く、ショックを受ける
    ↓
次の模擬試験に期待を寄せる

の繰り返しになりがちですが、

結果をきちんと受験生の親が見てあげて、自己分析し、弱点を見つけ出し、対策を講じること!

が何よりも重要になってきます。


中学受験において模擬試験は最高のツール!


最初にも述べているように、中学受験において、模擬試験は最高のツールだと僕は考えています。

その理由は単純で、模擬試験の結果は、他の受験生の結果を踏まえて、

・あなたはこの問題が間違っていますよ!
・あなたは他の受験生と比べてここが弱いですよ!

と明確に教えてくれます。

やはり、模擬試験は、

他の受験生の結果を踏まえて自分の結果が見れる!

という点においては、最高のツールだと僕は考えています。


模擬試験結果の見方!


以前、

中学受験における弱点の見つけ方!(自己分析の方法!)

という記事でも述べているように、

模擬試験の結果は、受験生である子供だけではなく、

受験生の親が主体で見てあげる!

必要があります。

もちろん、受験生である子供と一緒に見る必要があります。

そして、

模擬試験の結果を見る観点としては、他の受験生の正解率と自分の子供の正解率を比較して、大きくは以下の4つの観点があります。

1.他の受験生の正解率が高く自分も正解
2.他の受験生の正解率が高く自分は不正確
3.他の受験生の正解率が低く自分も不正確
4.他の受験生の正解率が低く自分は正解

以下に、それぞれの観点について説明します。


1.他の受験生の正解率が高く自分も正解


模擬試験で正解率が高い問題は、基本問題、おまけ問題などがこれに該当しますが、

確実に解ける問題を確実に解いているか?
確実に解ける問題を、ケアレスミスなどで落としていないか?

という観点で見直すことが重要です。

他の受験生と同じように、

自分の子供も正解しているから見直さなくてもいいや!

と見逃しがちですが、

確実に解ける問題を1問でも落としている場合は、大問題!

と捉えた方が良いです。

本番受験では、この1問、1点の差に学校によっては、何百人という受験生がいます。


2.他の受験生の正解率が高く自分は不正確


先と同様に、模擬試験で正解率が高い問題は、基本問題、おまけ問題などがこれに該当しますが、他の受験生が解いている問題を、自分の子供が正解出来ていないことは、基本、基礎が出来ていないか、または、本来は解ける問題をケアレスミスなどで落としているかのいずれかです。

そのため、

正解率が高く、自分の子供は不正確の問題!

は、

真剣に分析して、対策をする!

必要があります。

このブログでも何度か述べていますが、

確実に解ける問題を確実に解くことが、受験の鉄則であり、合格への第一歩!

です。


3.他の受験生の正解率が低く自分も不正確


先の正解率が高く、自分の子供も正解とは全く逆で、全体的に正解率が低い問題は、応用問題や全く知識がない問題などが該当します。

このような問題は、自分の子供も、

他の受験生も不正解ならいいや!

と思うかもしれませんが、全く歯が立たないような問題はとりあえず置いておいて、

実は、

もう少しで解けたかもしれないような問題!

には着目すべきであり、きちんと、

解き方の解説を理解し、次につなげること!

が重要です。

また、

本番受験では、このような問題で、

他の受験生に差をつける!

ことで、優位に立つことが出来ます。


4.他の受験生の正解率が低く自分は正解


先と同様に、全体的に正解率が低い問題は、応用問題や全く知識がない問題などが該当します。

そのような正解率が低い問題で、自分の子供が正解していることは、非常に良いことです。

ただし、言葉は悪いかもしれませんが、

例え正解していたとしても疑って見ること!

も重要です。

何を言っているかというと、

たまたま正解しただけで、実は理解していない!

ということが多々あります。

そのため、本当に理解して正解しているのか否かを見る必要があり、本当に理解しているのであれば、問題ないです。


以上、模擬試験結果の見方を述べましたが、

結局のところ、

模擬試験の結果は全部見る必要があるじゃん!

と思われた方がほとんどだと思います。

そうなんです。

模擬試験の結果は全部見る、見てあげる必要がある!

というのが、僕の考えでもあり、うちも模擬試験の結果が返ってくる度にやっていたことです。(僕ではなく家内ですが...)

もっというと、

すみずみまで見てあげる!

ということが必要です。


模擬試験の解き直しのポイント!


先で、模擬試験結果の見方について説明しましたが、次に、模擬試験結果を踏まえた解き直しについて述べます。

正直、模擬試験の解き直しは、

「絶対にやった方が良い!」

です。(当たり前ですが...)

もちろん、全科目、全問、解き直しをすることは理想ですが、時間的な制約もあるため、最低でも的を絞った解き直しは必要です。

その際のポイントは、やはり、先で述べている4つの観点の中から、受験生の親として模擬試験結果を分析した中から、

・自分の子供が不得意とする分野や問題
・必ず正解して欲しいけど不正解だった問題
・もう少しで解けたかもしれない問題

は、最低でも解き直しをすることが重要です。


合格を勝ち取る親は模擬試験の結果を最大限に利用する!


御三家をはじめとする超難関校、難関校の合格を勝ち取っている親は、模擬試験の結果に嘆くことなく、最大限に利用しています。

※実際は、少しは嘆くとは思いますが...

また、「中学受験は親が9割」の著書で、塾ソムリエでもある西村則康氏も、全く同じようなことを言っています。

そのため、模擬試験の結果で、自分の子供の立ち位置を確認するだけではなく、結果を受けて、次にどうすべきかを考えることが、中学受験における親の役割です。


最後に


今回、中学受験における模擬試験結果の見方、解き直しのポイントについて色々と述べましたが、本当に模擬試験の結果は、真摯に受け止め、自己分析し、対策を講じることが何よりも重要です。(しつこいようですが...)

また、

これは、模擬試験だけではなく、

2月受験に向けて、1月受験で出来なかった問題を見直すなど、本番受験期間中にも言えること!

です。

いずれにせよ、

模擬試験のPDCAを繰り返すこと!

で、

合格」を勝ち取っていただければと思います。

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-