MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間18万PV達成!
15,283view

中学受験において試験会場に早く行くメリット!

中学受験において試験会場に早く行くメリット!|受験ラッシュ!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!


はじめに


中学受験において、本番受験日当日は試験会場にどのくらいの時間に行くべきか?で悩む方も多いと思います。

もちろん、かなり早めに行く方や、集合時間に合わせて行く方など、人それぞれだと思います。

ということで、今回は、中学受験において試験会場に早く行くメリットについて、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。


中学受験において試験会場に早く行くメリット!


あくまでも僕の考えというか、うちの息子が受験した時の経験から言いますが、

「試験会場には早く行くに越したことはない!」

です。

なおかつ、うちの場合は、

「かなり早く行っていました!」

もう少し具体的に言うと、試験開始というか、集合時間の約1時間30分から2時間前には、試験会場に到着するようにしていました。

そういう意味では、

「試験会場には大体7:00頃には到着していました!」

なぜ?早く行っていたのかという理由は、大きくは以下の3点です。


試験開始(集合時間)に遅れないため!


受験する学校の試験会場に早く行く目的は、何と言っても、試験開始(集合時間)に遅れないためです。(当たり前ですが...)

というよりも、何か起きた場合のことを考慮して、いわば、リスクヘッジのためです。

中学受験だけの話ではありませんが、本番受験は真冬に実施されるため、雪が降って交通機関が止まったり、乱れる可能性もありますし、電車の場合は、車両故障などの色んなハプニングが発生する可能性があります。

そのため、本番受験日当日は早く家を出て、このようなハプニングが発生しても、代替手段で試験会場に行くことができるというメリットがあるため、是非、早めに試験会場に行くことをおすすめします!


場の雰囲気に慣れるため!


他の記事でも述べていますが、本番受験日当日は、模擬試験会場に行くのとは全然違い、受験する学校である試験会場の場の雰囲気が全く違います。

これは、中学受験を経験した方でないと分からないと思いますが、塾の関係者、受験生、受験生の親など、人が多いということもありますが、受験する学校によっては、場に圧倒されてしまいます。

そのため、早めに試験会場に行って、その場の雰囲気に慣れるというか、受験生である子供に、その場の雰囲気に慣れさせるという目的もあります。

また、早く試験会場に行くことは、同時に試験会場だけではなく、実際に受験する試験教室にも早く入ることができるため、実際に受験する教室の雰囲気に慣れることができるというメリットもあります。

いずれにせよ、実際に受験する教室に1時間前に入るのと、ギリギリに入るのとでは、受験生である子供の慣れ方は大きく違いますし、早く試験教室に入り、ある程度慣れることで、緊張もほぐれると思います。


頭の回転を良くするため!


これは人によると思いますが、人間の脳は朝起きてからそれなりに回転するするまでに、数時間かかるとよく言われています。

そのため、朝早起きして試験会場に早く行くことによって、受験生である子供の頭の回転を良くしよう!という目的もあります。

実際、うちの息子のように寝起きが悪い子供の場合は、早めに試験会場に行って、目を覚まさせることができるというメリットもあります。


うちが実際に試験会場に行っていた時間!


例えば、都内在住で1月受験で、埼玉や千葉の学校を受験する方も多く、受験日前日から、受験校近くのホテルに泊まる方もいらっしゃると思います。

うちは、「中学受験における本番前日の過ごし方!」という記事でも述べているように、ホテルに泊まることは一切せずに、本番受験日当日に自宅から試験会場に移動しています。

理由は単純に、ホテルに泊まるまでの準備が面倒なことと、普段の生活環境や生活のリズムをあまり変えたくないという理由です。

そのため、うちの場合は、栄東(埼玉)、渋幕(千葉)がかなり遠い受験校でしたが、ほぼ、始発の電車に乗って、電車の中でおにぎりやお菓子などを食べさせて、試験会場に行っていました。

ご参考までに、うちが受験した学校に何時くらいに到着していたかを記載します。


栄東(A日程)


うちの息子が受験した時は、さとえ小学校が試験会場でしたが、2018年度入試から栄北高等学校に変更になりました。

いずれにせよ、うちの息子が受験した時は、東大宮駅から試験会場まで、シャトルバスが出ており、そのシャトルバスの始発に乗ったので、7:00前には、最寄駅である東大宮駅に着いていたという感じです。


栄東(特待)


栄東(特待)の試験会場は、栄東本校でしたが、一般入試と同じように、7:00前には最寄駅である東大宮駅に着いていました。


渋幕


中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?」という記事や他の記事でも何度か述べていますが、うちは、渋幕の受験を急に決めたため、学校説明会や文化祭など、一度も渋幕に行ったことがなく、本番受験日当日に初めて行きました。

そんな状況だったということもありますが、7:00前には最寄駅である海浜幕張駅に着いており、7:00頃には渋幕に到着していました。

※やはり、初めて行く学校や試験会場って、ちょっと不安ですよね!


麻布


麻布は、学校説明会、文化祭など、何度も足を運んでおり、自宅から比較的近いということもありましたが、他の学校と同様に、7:00には麻布に到着していました。

ちなみに、「中学受験において塾はいつまで行くべきか?」という記事でも述べていますが、麻布の受験日(2月1日)は、塾主催の激励会の後、麻布受験生と一緒に麻布に行くというイベントもありましたが、うちは激励会には参加せずに、単独で行っています。


本郷


本郷も何度か足を運んでいたということもありますが、他の学校と同様に、7:00前には最寄駅である巣鴨駅に到着しており、7:00には本郷に到着していました。


浅野


浅野は、うちの最後の本番受験ということもあり、いつものように7:00くらいに到着するようにしていましたが、連日の本番受験でかなり疲れていたということもあり、ちょっと遅く、7:15くらいに到着していました。


このように、先でも述べているように、

「試験会場には大体7:00頃には到着!」

していました。


ご参考!


先で、受験生である子供が試験会場に早く行くメリットについて述べていますが、子供だけではなく、親にもメリットがあります。

それは、「中学受験における本番受験中の待機時間の過ごし方!」という記事でも述べていますが、試験会場に早く行くことで、親(保護者)の待機場所である講堂などの席、それも、自由に動くことができる通路側の席を確保することができるというメリットもあります。

※気にしない方は気にしないとは思いますが...


最後に


今回、中学受験において試験会場に早く行くメリットなどについて色々と述べましたが、本番受験日当日は、朝から受験生である子供も、付き添いの親も本当に忙しい日となります。

そのため、前日は早めに休むようにしましょう!(緊張して眠れないかもしれませんが...)

■関連記事
中学受験,持ち物,一覧,チェックリスト
中学受験における受験日当日の持ち物一覧(チェックリスト)!
中学受験において、本番受験が近づいてくると、受験生である子供も親も気が張っており、受験日当日に何を持って行くべきなのか?で悩む方もいると思います。(特に最初の本番受験の時は...)ということで、今回は、受験日に、受験生、保護者の方それぞれが持って行くべき持ち物について、うちの経験も踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 26,053view
中学受験,当日,気をつけること
中学受験において受験日当日に気をつけること!
年が明けて、もうすぐ中学受験の本番受験日となりますが、受験日当日に気をつけることも多々あります。もちろん、受験日当日の持ち物(受験票、筆記用具など)は、遅くとも前日中に準備しておくことは必須です。そこで、今回は、中学受験において受験日当日に気をつけることについて、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 24,846view

■最新記事
中学受験,御三家,塾別,合格実績
中学受験における御三家の塾別の合格実績を比較してみました!
2020年度の中学受験も終わり、入学者数も確定したと思われるので、塾別の男女御三家(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の合格実績を比較してみました。今回、比較してみたのは、塾別の合格実績はもちろんですが、合格者向け説明会(合格者招集日)の前と、約1週間後の日との比較、つまり、繰り上げ合格と思われる数を比較してみました。 中学受験 NEW39,849view
中学受験,神奈川,御三家,実質倍率
中学受験における神奈川御三家の実質倍率を比較してみました!
2020年度の中学受験において、神奈川の男女御三家(聖光、栄光、浅野、フェリス、横浜雙葉、横浜共立)の入試が終了し、受験者数、合格者数、実質倍率が確定しました。そこで、今回は、神奈川の男女御三家の近年(直近6年間)の実質倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW2,398view
中学受験,紙飛行機
中学受験は紙飛行機のようなものです。
2020年度の中学受験も終わり、ほとんどの受験生は、残り少ない普段の小学校生活に戻っていると思います。そして、受験生をはじめ、受験生の家族それぞれに色んなドラマがあったと思います。嬉し涙を流した人もいれば、悔し涙を流した人もいます。ということで、今回は、中学受験について、僕の思いを色々と述べたいと思います。 中学受験 19,022view
中学受験,御三家,実質倍率
中学受験における御三家の実質倍率を比較してみました!
2020年度の中学受験において、東京の男女御三家(開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉)の入試が終了し、受験者数、合格者数、実質倍率が確定しました。そこで、今回は、東京の男女御三家の近年(直近6年間)の実質倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。 中学受験 23,849view
中学受験,繰り上げ合格,補欠合格
中学受験において御三家でも繰り上げ合格がある理由!
中学受験において、御三家などをはじめとする超難関中学校、名門中学校でも繰り上げ合格があることをご存知でしょうか?実は、開成、麻布などの超難関中学校でも繰り上げ合格(補欠合格)はあります。(ある場合があります。)ということで、今回は、御三家でも繰り上げ合格(補欠合格)がある理由について色々と述べたいと思います。 中学受験 37,092view
中学受験,渋幕ショック
中学受験における「渋幕ショック」とは?
「渋谷教育学園幕張中学校」、通称、渋幕(しぶまく)の2020年度一次入試において、これまでにない入試結果となる衝撃的な出来事がありました。そして、その出来事のことを、僕が勝手に「渋幕ショック」と呼んでいます。そこで、今回は、中学受験における「渋幕ショック」とは具体的に何なのか?について説明します。 中学受験 8,517view
中学受験,2月11日,合格者招集日
中学受験における2月11日(合格者招集日)について!
中学受験が終わった2月11日は、東京の私立中高一貫校に合格された方には、「入学する学校が確定する」という特別な日になります。また、一部の第一志望校に不合格だった方にも「繰り上げ合格」という特別な日になる可能性があります。(あくまでも可能性です)いずれにせよ、東京の中学受験においては、2月11日は動きがあります。 中学受験 33,523view
中学受験,合格発表後,やること
中学受験において合格発表後にやるべきこと!
中学受験において、第一志望校の受験、併願校の受験を問わず、受験後には必ず合格発表があります。(当たり前ですが...)そのような中で、受験生の親として合格発表後にやるべきことも多々あります。ということで、今回は、中学受験において合格発表後にやるべきことについて色々と述べたいと思います。 中学受験 29,312view
中学受験,麻布
「麻布」を受験する方へ!
いよいよ2月1日は麻布の本番受験です。ということで、この記事は、アクセス数とかSEOとかは無視して、素直に、今年(2020年度)、麻布に出願した「1,016名」の内、この記事を読んでくれていると思われる数名の方へ、僕からの本番受験前最後のメッセージと補足情報です。 中学受験 15,528view
中学受験,本番受験中,待機時間,過ごし方
中学受験における本番受験中の待機時間の過ごし方!
受験生である子供の本番受験が終了するまでに、保護者である親は、試験が終了するまで待機する必要があります。(当たり前ですが...)ということで、今回は、中学受験における本番受験中の待機時間の過ごし方について、うちが受験した時に何をしていたか?について、受験校別(栄東、渋幕、麻布、本郷、浅野)に述べたいと思います。 中学受験 27,446view
■カテゴリー/タグ
中学受験受験記中学生活

鉄緑会その他


下記よりサイト内検索ができます!
■おすすめコンテンツ!
■中学受験に関するイベント情報!
■受験勉強のモチベーションアップに!
■私立中学校一覧!
■特集!
■受験記!
■関連コンテンツ!
■ご意見・ご感想について

   RSS
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact