中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
16,289view

中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?

中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、3月4日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと334日です!


はじめに


中学受験において、

受験校の過去問を解かないで受験する!

という方は、基本的にはいないと思います。

しかし、まれにそのような方もいます。

そう、うちの息子が受験した

渋幕

がまさにそうでした。

そこで!

今回は、中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。

※この記事、うちと同じようなシチュエーションの方がほとんどいなく、あまり需要がないと思いますが、とりあえず書きます!


中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?


以下、中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?についてです。


その前に!


このブログでも何度か述べていますが、

受験する学校の過去問は解いた方がよい!

というのが、僕の基本的な考えです。

また、受験勉強の集大成として、

過去問 = 受験する学校のテキスト!

とも捉えています。

ただ、うちの息子が受験した学校の中で、唯一、過去問を解かないで受験した学校(渋幕)があるため、今回はその辺の話をしたいと思います。


過去問を解かないで受験?


最初でも述べているように、

受験校の

過去問を解かないで受験ってどういうこと?

と思われる方も多いと思います。

しかし、

うちの息子は、過去問を解いたことも見たこともない状態で、首都圏の1月受験では最難関校である

渋谷教育学園幕張中学校

を受験し、なぜか

合格!

しています。

そういう意味では、ちょっと珍しい経験をしたと思っています。


うちが渋幕の受験を決めた経緯!


まずは、うちが渋幕の受験を決めた経緯についてです。

このブログでも何度か述べていますが、うちは、もともと渋幕を受験することは全く考えていませんでした。

そのような中で、1月受験として、初戦である栄東(A日程)を受験した日(1月10日)の夜に息子が突然、

渋幕も受けてみたいんだけど?

と言い出しました。

そして、家内が息子に、

渋幕?

どうして急に?

と、理由を聞くと、

どうやら、最後に行った塾(通常の塾ではなく特別な対策ゼミ)の周りの子(麻布を受験する子)が、みんな渋幕も受けるみたいだから自分も受けてみたいという理由でした。

もちろん、

家内も僕も渋幕はノーマークというか、

そもそも眼中にない!

かつ、

ぶっちゃけ無理でしょ!

と思っていたのと同時に、出願も締め切っていると思っていました。

そこで、直ぐにネットで募集要項を見てみると、

出願締切の2日前で、まだ出願できる!

ということが判明しました。

そういう意味では、出願締切の2日前の夜に、突然、渋幕を受けたい!と息子が言い出したことになります。

※2021年度入試については、出願締切は1月10日ですが、うちの息子が受験したときは1月12日頃まで出願が可能でした...

もちろん、

めずらしく、息子自らが

受けたいというのであれば受けてみよう!

ということになり、願書を渋幕のホームページからダウンロード&記入し、翌日、急いで家内が郵便局に行って出願しました。

※渋幕は、今はインターネット出願ですが、うちの息子が受験した年まで、郵送での出願でした。

そのようなことがあり、

うちは、

一晩のうちに突然!渋幕受験を決めた!

ということになります。


渋幕の過去問すら入手していない!


先で述べているように、渋幕の受験を急に決めたということもありますが、渋幕に出願した翌日(1月12日)は栄東(特待)の受験もある中で、渋幕の受験まで10日もないということもあり、渋幕の過去問を買うのは止めました。

その理由は、

あくまでも第一志望校である麻布に主眼を置いていたこと!

2月受験の他の過去問も終わっていない状態で渋幕の過去問に時間を取られたくなかったこと!

そもそも「合格」することはないと思っていたこと!(息子には申し訳ないですが...)

などです。

また、息子も渋幕の過去問を解くつもりもあまりなく、ただ受けてみたいということだったので、渋幕は本当に受験しに行くだけということになりました。


本番受験日に初めて渋幕に行く!


そのような状況の中で、渋幕は本当にノーマークだったということもあり、もちろんですが、

うちは家族全員、

過去問を解いたことも見たこともない!

のに加えて、

学校説明会にも行ったことがない!
文化祭にも行ったことがない!

そういう意味では、

渋幕に一度も行ったことがない!

という状況で、本番受験日当日に初めて渋幕に行ったということになります。

[ご参考]
「渋谷教育学園幕張中学校」の受験体験記!


過去問をやらなくても合格する可能性は誰にでもある!


そんなドタバタの中で、うちの息子は、渋幕を受験し「合格」することができています。

そういう意味では、

過去問をやらなくても合格する可能性は誰にでもある!

ということが証明されています。

※たまたまだと思いますが...

これから中学受験する方で、うちの渋幕受験のように、過去問も解かずに急に受験するケースは基本的にはないと思いますが、

もし、同じようなケースがある場合は、

過去問を解かないで受験することもアリ!

です。

というか、やはり、

子供が受けたいという学校は、親としては受けさせてあげたいですよね!

ただし!

うちのこの渋幕受験の例は、あくまでも特殊で、

過去問をきちんと解いてから受験する!

というのが基本(普通)です。

ちなみに、

うちとしては、とりあえず受けてみるという気軽な感じで渋幕の受験を決めたのですが、受験生であった息子は受験した学校(栄東、渋幕、麻布、本郷、浅野)の中で、意外にも無装備で受験した渋幕の受験が一番緊張したそうです。


最後に


今回、中学受験において過去問を解かないで受験することはアリか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べましたが、僕個人としては、やはり過去問をやって受験に臨むのがごくごく一般的だと思います。

ただ、うちの渋幕受験のようなケースがある場合に、何かの参考になれば幸いです。

いずれにせよ、

この記事で僕が言いたいことは、

受験生である子供の悔いが残らないように、

受けたい学校は受けさせてあげる!

ことは、親としては必要です。

記事カテゴリー中学受験


志望校対策を強化したい方へ!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

志望校がある程度決まっている方の中には、

普段の塾や受験勉強に加えて、

志望校の対策を強化したい!

と考えている方も多いと思います。

例えば、麻布中であれば

・国語:超長文対策、難関記述対策
・算数:平面図形難問対策
・理科:論理的思考問題対策
・社会:文章記述対策

といった対策です。

難関国私立の中学受験に特化!

した通信講座である、

Z会(中学受験コース)ad

には、例えば、

筑駒、開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、渋幕、聖光、栄光、灘、甲陽学院、神戸女学院などの

全国の対象校が120校!

あり

対象校に応じた志望校対策!

ができる通信講座となっています。

全国の対象校」が気になる方!

中学受験コース」に興味がある方!

まずは、資料請求(無料)してみてください!

-資料請求(無料)はこちら-
ad
>関連記事!
中学受験,過去問,自己採点,不合格
中学受験でやった過去問の自己採点結果は全て不合格!
中学受験において、「本格的に過去問を解く時期!」に入っており、既に受験を考えている中学校の「過去問を解いて自己採点!」をしている方も多くいると思います。過去問を解いても「合格点に達しない!」という方も多いと思います。そこで!今回は、うちが中学受験でやった過去問の自己採点結果について色々と述べたいと思います。 中学受験 29,095view
中学受験,第一志望校,過去問,何年分
中学受験において第一志望校の過去問は何年分解くべきか?
中学受験において、受験生であれば誰もが受験校の過去問を解きます。特に、第一志望校の過去問については、重点的に解いて理解することが合格への一歩です。そこで気になるのは、「第一志望校の過去問は何年分くらい解くべきか?」ということです。そこで!今回は、「第一志望校の過去問は何年分解くべきか?」について、色々と述べたいと思います。 中学受験 28,081view
中学受験,過去問,解き方
中学受験における過去問の解き方!
受験生であれば誰もが本番受験までに、受験する学校の過去問を解くと思います。やはり、「受験する学校の過去問を解いて、その学校の問題のクセや解答を理解すること!」は、重要であり、中学受験においてとても有効であると考えています。そこで!今回は、「中学受験における過去問の解き方!」について色々と述べたいと思います。 中学受験 25,863view
中学受験,過去問,いつから
中学受験において過去問はいつから解くべきか?
受験の年になると、本番受験に向けて受験勉強も本格化し、塾の授業や模擬試験など、色々と忙しい日々を過ごしていると思います。そのような中で、「過去問はいつから解けばよいのか?」と悩む方も多いと思います。そこで!今回は、「中学受験において過去問はいつから解くべきか?」について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 17,168view
中学受験,過去問,どれくらい
中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?
中学受験において、これから(秋冬から)本番受験に向けて、「過去問」に本格的に取り組む時期となり、「実際、過去問ってどれくらい解けばいいの?」と、わからない方や悩む方も多いと思います。そこで!今回は、「中学受験において受験校の過去問はどれくらい解くべきか?」について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 7,039view