MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!
15,654view

中学受験における御三家などの志願倍率を比較してみました!

中学受験における御三家などの志願倍率を比較してみました!|受験ラッシュ!

はじめに


2019年度の中学受験における、東京の男女御三家の出願が締め切られ、志願者数、志願倍率が確定しました。

そして、いよいよ本格的な「受験ラッシュ!」に突入します!

そこで、今回は、東京の男女御三家の2019年度入試の出願状況について、僕なりの見解を色々と述べたいと思います。

※いつものように、昨年の記事を今年(2019年度)用にリライトしています!


中学受験における御三家などの志願倍率を比較してみました!


まずは、東京の男女御三家の2019年度の出願状況は、ざっとこんな感じです。


[男子御三家]
学校名
募集人員
志願者数
志願倍率
開成
300
1,231
4.10
麻布
300
1,037
3.46
武蔵
160
579
3.62

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

[女子御三家]
学校名
募集人員
志願者数
志願倍率
桜蔭
235
529
2.25
女子学院
240
794
3.31
雙葉
100
375
3.75

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

あくまでも志願倍率であり、実質倍率ではないため何とも言えませんが、現時点では、志願者全員が受験し、合格者数も募集人員と同じという前提で考えておきましょう!

それでは、各学校の出願状況については、次から詳しく見てみましょう!


男子御三家(東京)の志願倍率を比較してみました!


まず初めに、男子御三家(東京)の志願倍率を比較してみます。


開成中学校


以下、「開成中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
300
1,231
4.10
2018
300
1,234
4.11
2017
300
1,195
3.98

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の開成の志願者数は、昨年より3人減っています。

志願者数は減っていますが、3人なので大きな変動ではなく、昨年と同様に4倍超えの志願倍率となっています。

また、もともと開成は人気があるということもあり、男女御三家の中では志願倍率が一番高くなっており、依然として開成人気は健在です。(さすが開成!といったところです。)


麻布中学校


以下、「麻布中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
300
1,037
3.46
2018
300
933
3.11
2017
300
967
3.22

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の麻布の志願者数は、昨年より104人増えており、ついに!1,000人超えの志願者数となっています。

麻布の志願者数は、2014年度までは800人台、2015年度から900人台になっており、僕の息子が受験した2017年度が最近では一番、志願者数が多い年でしたが、2019年度は、それをはるかに超えて1,000人超えの志願者数となっています。(多分、過去最高だと思います。)

2019年度は昨年と比較すると志願者数は増えていますが、志願倍率としては3倍台なので、大体こんな感じだと思います。

いずれにせよ、麻布人気も健在といったところです。


武蔵中学校


以下、「武蔵中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
160
579
3.62
2018
160
548
3.43
2017
160
592
3.70

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の武蔵の志願者数は、昨年より31人増えています。

武蔵は、もともと募集人員が、他の御三家より少ないということもあり、敬遠されがちということもありますが、2019年度は志願者増となっています。

ただ、志願者増となっていますが、大きな変動ではなく、例年並みの志願者数、志願倍率といったところです。


その他(男子校)


御三家以外の出願状況として、僕が気になったのは、算数1科目入試への出願がすごいことになっているという点です。

算数1科目入試を導入する学校は、年々増えており、2019年度受験から導入する学校もそれなりにあります。

特に、2019年度から導入する巣鴨中学校の算数選抜入試(2月1日午後入試)は、定員20名に対して、軽く350人を超える出願となっています。(世田谷区学園の算数特選も同じような事象になっています。)

あとは、一般入試というか、4科目入試では、神奈川の御三家である栄光学園が大幅に志願者数を伸ばしています。(やはり今年は安全校志向ではないのかな?)


女子御三家(東京)の志願倍率に比較してみました!


次に、女子御三家(東京)の志願倍率を比較してみます。


桜蔭中学校


以下、「桜蔭中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
235
529
2.25
2018
235
533
2.27
2017
235
516
2.20

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の桜蔭の志願者数は、昨年より4人減っています。

まっ、4人なので大きな変動ではないです。

というか、ここ数年の桜蔭の志願者数、志願倍率は、見事なまでにとても安定しているので、大体こんな感じだと思います。


女子学院中学校


以下、「女子学院中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
240
794
3.31
2018
240
760
3.17
2017
240
676
2.82

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の女子学院の志願者数は、昨年より34人増えています。

昨年は、84人増と、大体2クラス分の志願者が増え、男女御三家の中でもダントツに志願者数が増えた女子学院でしたが、今年も更に志願者数が増えており、女子学院人気も健在です。


雙葉中学校


以下、「雙葉中学校」の直近3年間の志願倍率です。

年度
募集人員
志願者数
志願倍率
2019
100
375
3.75
2018
100
307
3.07
2017
100
366
3.66

※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2019年度の雙葉の志願者数は、昨年より68人増えています。

雙葉も武蔵と同様に、もともと募集人員が、他の女子御三家より少なく、敬遠されがちということもあり、昨年は59人減と、それなりの志願者数減でしたが、今年は、直近3年間の中では一番多い志願者数となっています。

また、女子御三家の志願倍率では、今年は雙葉が一番高い倍率(一番人気!)となっています。

※ちなみに、ご参考までに言っておきますが、サンデーショックの2015年度の雙葉は、志願者数、受験者数ともに500人越えの大人気でした。


その他(女子校)


御三家以外の出願状況として、僕が気になったのは、女子校では、神奈川の女子御三家です。

フェリス女学院、横浜共立学園(B方式)、横浜雙葉ともに昨年より志願者数が増えています。

特に、横浜共立学園(B方式)は大幅に志願者数を増やしており、志願倍率20倍超えとなっています。

あとは、現時点では、まだ出願を締め切ってはいませんが、吉祥女子、豊島岡の人気も今年も依然として健在であると予想しています。

どうでもいい話ですが、うちの息子が受験の時に参加した合同学校説明会で、何故か手渡されて受け取ってしまった豊島岡の学校パンフレットを今でも大事にとってある僕です。

ということで、僕は豊島岡が大好きです!


出願に関する総評


以前、「中学受験において東京の出願開始期日が早まることについて!」という記事でも述べていますが、東京の出願開始期日が早まったことによるダブル出願で志願者数増になっているということも少なからずはあると思いますが、2019年度の男女御三家への出願については、開成、桜蔭の微減を除いては、全体的には出願者増となっています。

男女御三家以外の中学校では、まだ、出願を締め切っていない学校もありますが、2019年度の中学受験における出願状況を全体的に見てみると、昨年(2018年度)は、僕の感覚では「安全校志向」が強いように感じられましたが、今年(2019年度)は、難関校、中堅校というよりは、超難関校、難関校への出願が多くなっているように感じます。(あくまでも個人の感想です...)

まっ、あくまでも出願なので、実際の受験者数、実質倍率がどうなるかは2月1日から、また様子を見ていきたいと思います。


最後に


しつこいようですが、まだ、出願を締め切っていない学校もありますが、いよいよ本格的な「受験ラッシュ!」に突入します!

体調に気をつけて、最後の追い込み頑張ってください!
■最新記事
御三家,東大,合格者数
御三家などの東大合格者数を比較してみました!
2019年度の大学入試も終わり、皆さんにもお馴染みのインターエデュや週刊誌(サンデー毎日)でも、日本最高峰の大学である東大の合格者数に関する記事が色々と載っています。そこで、今回は、単純に東大合格者数が多い学校ではなく、主に男女御三家に的を絞って、東大合格者数に関して色々と述べたいと思います。 中学受験中学生活 NEW12,938view
中学受験,オープンスクール,オープンキャンパス
中学受験に向けてオープンスクールに行こう!
中学受験において、受験生向けのオープンスクール(オープンキャンパス)が色んな中学校で開催されます。また、オープンスクールは、受験生である子供はもちろんのこと、受験生の親も、その学校を知ることができる唯一のチャンスでもあるため、受験を考えている学校でオープンスクールが開催される場合は、行くことをオススメします。 中学受験 NEW8,606view
中学受験,入試科目,種類
中学受験における入試科目の種類やパターンについて!
中学受験の入試科目は、国語、算数、社会、理科の4科目が基本であり、この4科目で入試を実施している学校も多いです。しかし、最近の中学受験においては、入試科目の種類やパターンも多種多様であり、受験生にとっては入試科目の選択の幅が広がっています。そこで、今回は、中学受験における入試科目の種類やパターンについて、色々と述べたいと思います。 中学受験 2,018view
中学受験,東大,狙える,学校
御三家だけじゃない!東大を狙うならこの学校がおすすめ!
そもそも、中学受験において、自分の子供を御三家に入れたいと思うのは、ぶっちゃけた話、最終的には自分の子供を東大に入れたいと思っている方が殆どだと思います。正直、うちは少なからずそう思っています。確かに、御三家から東大に入る子は多いですが、御三家以外にも東大を狙える、いやっ、東大に入れる学校はあります。 中学受験 2,908view
中学受験,年間,スケジュール
中学受験における1年間の基本的なスケジュール!
間もなく新学期がスタートし、中学受験を控えた新6年生は本格的な受験勉強に入リます。そして、本番受験に向けたこの約1年間は、受験生である子供も親も、何かと色んなイベントがあり、忙しい1年になります。ということで、今回は、これから中学受験を向かえる方に、中学受験の年の基本的なスケジュールについて、色々と述べたいと思います。 中学受験 14,243view
小学校,プログラミング,必修化
2020年から小学校で必修化されるプログラミングについて!
以前、「これからは子供にもプログラミング能力は必要!」という記事でも述べていますが、いよいよ、2020年から小学校でプログラミングが必修化されます。ということで、今回は、2020年から小学校で必修化されるプログラミングについて、色々と述べたいと思います。 その他 2,136view
中学受験,塾,個別,集団
中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?
中学受験において、これから入塾を考えている方や、既に塾に通わせている方で、塾は個別指導塾と集団指導塾のどちらが良いか?で悩むことがあると思います。ということで、今回は、中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?について、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて、僕の意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 2,603view
中学受験,速読,効果
中学受験に役立った習い事「速読」!その効果は?
今更ですが、今まで、うちの息子がやった数え切れないほどの、いやっ、星の数ほどの習い事の中で、中学受験に唯一役立った習い事がありました。その習い事とは、タイトルにもあるように、それは「速読」です!ということで、今回は、うちが中学受験に役立った習い事である「速読」とその効果について色々と述べたいと思います。 中学受験 2,627view
中学受験,共学化,2020年度
2020年度から共学化する首都圏の私立中学校!
数多い首都圏の私立中学校の中で、近年では毎年と言ってもよいほど共学化する学校があります。ということで、昨年もこのブログで、共学化する首都圏の私立中学校をご紹介しましたが、2020年度から共学化する学校もあるため、今回もご紹介させていただきます。 中学受験 3,261view
中学受験,習い事
中学受験において受験生は習い事を辞めるべきか?
小学校に入ってから、色んな習い事をしているお子さんも多くいらっしゃると思います。そのような中で、中学受験に向けて、受験生である子供の習い事は辞めるべきか?で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。といことで、今回は、中学受験のために習い事は辞めるべきか?について、僕なりの意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 8,813view
■カテゴリー/タグ
■おすすめコンテンツ
■中学受験に関するイベント情報
■私立中学校一覧
■特集
■受験記

■ご意見・ご感想について
RSS
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact