中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
19,460view

中学受験における千葉御三家の志願者数、志願倍率を比較してみました!

中学受験における千葉御三家の志願者数、志願倍率を比較してみました!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月3日(日)です。

2月1日の本番受験まで、あと213日です!

はじめに


2022年度の中学受験における、

千葉御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)の

志願者数、志願倍率!

が確定しました。

そこで!

今回は、千葉御三家の過去8年間の志願者数、志願倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。



志願倍率、実質倍率とは?


中学受験だけの話ではありませんが、

受験における倍率には、

・志願倍率
・実質倍率

の2つがあります

千葉御三家の志願倍率を比較する前に、

念のため、志願倍率と実質倍率の説明をしておきます。

※「そのくらい知っとるわい!」という方は、読み飛ばしてください。


志願倍率


志願倍率は、募集人数に対して、どれくらいの人が志願しているかの倍率となり、志願者数を募集人数で割った倍率となります。

[例]
300人の募集人数に対して、志願者数が900人の場合は、

900÷300=3.0 となり

志願倍率は3.0倍です。

※この記事は、この志願倍率に関する記事です。


実質倍率


実質倍率は、実際に受験した人数を合格者数で割った倍率、つまり、本当の倍率となります。

[例]
800人の受験者数に対して、合格者数が320人の場合は、

800÷320=2.5 となり

実質倍率は2.5倍です。

※千葉御三家の実質倍率については、下記の記事をご覧ください。

[ご参考]


千葉御三家の志願者数、志願倍率を比較!


前振りが長くなってしまいましたが、

千葉御三家の志願倍率をご紹介します。

まずは、

2022年度中学受験における千葉御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)の志願倍率は以下のとおりです。

[2022年度]
学校名
募集人数
志願者数
志願倍率
 渋幕(一次)
215
1,921
8.93
 渋幕(二次)
45
470
10.44
 市川①(男子)
180
1,557
8.65
 市川①(女子)
100
900
9.00
 市川②
40
444
11.10
 東邦大東邦(前期)
240
2,233
9.30
 東邦大東邦(後期)
20
445
22.25
※志願倍率は小数第三位を四捨五入しています。

2022年度の千葉御三家の出願状況(志願者数、志願倍率)としては、

昨年度(2021年度)は、新型コロナウイルスの影響により、各学校とも、1回目入試、2回目入試とも、前年(2020年度)より志願者数が減っていましたが、

2022年度は、昨年度と比較すると、

市川(第1回 男子)、東邦大東邦(前期)は若干減っていますが、渋幕(一次、二次)、市川(第2回 女子)、東邦大東邦(後期)は、昨年度より増えています。

※受験する立場としては、志願者数は少ないに越したことはないですが...

ということで、

次から、各学校の志願倍率について詳しく見てみましょう!


千葉御三家の志願者数、志願倍率!


以下、千葉御三家の各学校の志願倍率を比較してみます。


渋谷教育学園幕張中学校


以下、渋谷教育学園幕張中学校の志願倍率です。

[一次入試]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
215名
1,921名
8.9倍
2021
215名
1,758名
8.2倍
2020
215名
2,142名
10.0倍
2019
215名
2,119名
9.9倍
2018
215名
2,098名
9.8倍
2017
215名
2,014名
9.4倍
2016
215名
1,899名
8.8倍
2015
215名
1,808名
8.4倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

[二次入試]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
45名
470名
10.4倍
2021
45名
463名
10.3倍
2020
45名
599名
13.3倍
2019
45名
479名
10.6倍
2018
45名
529名
11.8倍
2017
45名
557名
12.4倍
2016
45名
458名
10.2倍
2015
45名
487名
10.8倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

渋幕(一次入試)の志願者数については、

上記の数値からもわかるように、

2020年度までは年々増えており、

2020年度は、過去最高の志願者数2,142名、志願倍率10.0倍となっていましたが、

例年になく突然100名以上の合格者数が減るという「渋幕ショック」が起きています。

2021年度については、新型コロナウイルスの影響により、過去8年間の中では、一番少ない志願者数、志願倍率となっています。

そして、

2022年度の渋幕(一次入試)の志願者数については、

先でも述べているとおり、前年度よりは増えていますが、2,000名には達していない状況になっています。

2022年度の渋幕(一次入試)の志願者数については、

前年度より7名増えていますが、前年度とほぼ同じという状況です。

[ご参考]


市川中学校


以下、市川中学校の志願倍率です。

[第1回(男子)]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
180名
1,557名
8.7倍
2021
180名
1,568名
8.7倍
2020
180名
1,759名
9.8倍
2019
180名
1,629名
9.1倍
2018
180名
1,779名
9.9倍
2017
180名
1,664名
9.2倍
2016
180名
1,685名
9.4倍
2015
180名
1,729名
9.6倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

[第1回(女子)]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
100名
900名
9.0倍
2021
100名
895名
9.0倍
2020
100名
977名
9.8倍
2019
100名
982名
9.8倍
2018
100名
960名
9.6倍
2017
100名
949名
9.5倍
2016
100名
1,013名
10.1倍
2015
100名
1,010名
10.1倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

[第2回(男女)]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
40名
444名
11.1倍
2021
40名
421名
10.5倍
2020
40名
495名
12.4倍
2019
40名
545名
13.6倍
2018
40名
560名
14.0倍
2017
40名
466名
11.7倍
2016
40名
452名
11.3倍
2015
40名
505名
12.6倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

市川(第1回)の志願倍率については、

上記の数値からもわかるように、

2020年度までの志願倍率は、男子が9.1倍から9.9倍、女子は9.5倍から10.1倍と、高めの志願倍率となっていましたが、

2021年度については、新型コロナウイルスの影響により、過去8年間の中では、一番低い志願倍率となっています。

そして、

2022年度については、昨年度より男子の志願者数は若干減っていますが、女子は志願者数は増えています。

2022年度の市川(第2回)の志願者数については、昨年度より増えており、志願倍率も、昨年度より高くなっています。

[ご参考]


東邦大学付属東邦中学校


以下、東邦大学付属東邦中学校の志願倍率です。

[前期入試]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
240名
2,233名
9.3倍
2021
240名
2,258名
9.4倍
2020
250名
2,500名
10.0倍
2019
250名
2,507名
10.0倍
2018
250名
2,378名
9.5倍
2017
250名
2,413名
9.7倍
2016
250名
2,311名
9.2倍
2015
250名
2,390名
9.6倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

[後期入試]
年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
20名
445名
22.3倍
2021
20名
426名
21.3倍
2020
20名
553名
27.7倍
2019
20名
460名
23.0倍
2018
20名
485名
24.3倍
2017
20名
467名
23.4倍
2016
20名
437名
21.9倍
2015
20名
434名
21.7倍
※志願倍率は小数第ニ位を四捨五入しています。

東邦大東邦(前期)については、

2021年度入試から推薦入試の募集人数が10名増えたことに伴い、前期入試の募集人数が10名減ったということもありますが、

上記の数値からもわかるように、

2019年度から志願者数が2,500名越えとなっており、2020年度も2,500名、志願倍率10.0倍となっており、上昇傾向にありました。

そして、

2022年度については、昨年度よりも志願者数が減り、過去8年間の中では、一番低い志願者数となっています。

2022年度の東邦大東邦(後期)の志願者数は、昨年度よりも増えており、志願倍率も昨年度より高くなっています。

[ご参考]


総評!


2022年度の千葉御三家の志願倍率としては、

1回目入試(1月入試)という観点では、

渋幕が注目されている中で、渋幕を敬遠してなのかはわかりませんが、

市川、東邦大東邦は2,000名超えの志願者数となっている中で、

渋幕については、予想外に2,000名に達していない志願者数となっています。

2回目入試(2月入試)については、

各学校とも、昨年度より志願者数は増えており、志願倍率も昨年度より高くなっていますが、大きな増加ではないため、志願倍率としては、例年並みとなっています。


最後に


今回、中学受験における千葉御三家の志願倍率について、色々と述べましたが、

1回目入試(1月入試)は、各学校とも1月校ということもあり、埼玉受験と同じように、東京、神奈川の志願者もいるため、全体的に志願者数が多いという特徴もあり、

首都圏の中学受験においては人気があります。

※実際、うちの息子も渋幕を受験しています。

いずれにせよ、

今後も、千葉御三家の志願倍率は今後も注視していきたいと思います。

記事カテゴリー中学受験御三家


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

image

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-



>関連記事!
中学受験,千葉,御三家
中学受験における千葉の御三家とは?
中学受験においては、御三家と呼ばれる中学校があり、以前、中学受験における東京、神奈川の御三家をご紹介しましたが、千葉にも同じように、「千葉の御三家!」があります。そこで!今回は、中学受験における千葉の御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)をご紹介したいと思います。
中学受験,千葉,御三家,実質倍率
中学受験における千葉御三家の実質倍率を比較してみました!
2022年度の中学受験において、千葉御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)の入試が全て終了し、「受験者数、合格者数、実質倍率!」が確定しました。そこで!今回は、千葉御三家の過去8年間の受験者数、合格者数、実質倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。
中学受験,渋幕ショック
中学受験における「渋幕ショック」とは?
千葉の御三家である「渋谷教育学園幕張中学校」通称、渋幕(しぶまく)の2020年度一次入試において、これまでにない入試結果となる衝撃的な出来事がありました。そして、その出来事のことを、僕が勝手に「渋幕ショック」と呼んでいます。そこで!今回は、中学受験における「渋幕ショック」とは何なのか?について、具体的に説明します。
中学受験44,037view
中学受験,渋幕,併願校
中学受験における「渋幕」の併願校を徹底解析します!
中学受験において、千葉の御三家である「渋谷教育学園幕張中学校」を第一志望校としている方も多いと思います。そのような中で、誰もが悩むのは、やはり、「併願校!」です。そこで!今回は、僕が考える中学受験における渋谷教育学園幕張中学校を第一志望校とする場合の代表的な併願校を受験日順にご紹介します。
中学受験31,560view
中学受験,渋幕,入試,状況,結果
中学受験における渋幕(一次入試)の入試状況・結果を徹底解説します!
首都圏の中学受験において、1月受験として千葉の御三家である「渋谷教育学園幕張中学校」を受験する受験生も多いと思います。※うちの息子も受験し合格しています。そして、このブログでも何度か述べていますが、「渋幕の人気は年々高まっています!」そこで!今回は、渋幕(一次入試)の最近の入試状況と結果について、色々と述べたいと思います。
中学受験53,347view
中学受験,渋幕,超難関校,理由
渋幕が超難関校になった5つの理由を解説します!
首都圏の学校において、ここ数年で、名実ともに「超難関校になった渋幕の凄さ!」は、誰にも否定できません。また、渋幕の進学実績はもちろんですが、人気も右肩上がりで、どこまでいってしまうのか?という感じです。そこで!今回は、渋幕が超難関校になった理由について、僕の意見を述べたいと思います。
中学受験49,987view
渋幕,東大,合格者数,推移,渋幕の奇跡
渋幕の東大合格者数の推移について!(渋幕の奇跡と言われる理由)
ここ数年で、「東大合格者数、名実ともにトップクラス!」の中高一貫校に登りつめたのは、新興勢力である「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校」いわゆる「渋幕」です。渋幕は、超難関校の一つになっており、最近では、「渋幕の奇跡!」とも言われています。そこで!今回は、渋幕の東大合格者数の推移と人気について、色々と述べたいと思います。
中学受験41,924view