中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
29,496view

中学受験における「渋幕ショック」とは?

中学受験における「渋幕ショック」とは?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月19日(月)です。

2月1日の本番受験まで、あと288日です!


はじめに


千葉の御三家である

渋谷教育学園幕張中学校

通称、渋幕(しぶまく)の2020年度一次入試において、これまでにない入試結果となる衝撃的な出来事がありました。

そして、その出来事のことを、

僕が勝手に

渋幕ショック

と呼んでいます。

そこで、今回は、中学受験における「渋幕ショック」とは何なのか?について、具体的に説明します。


中学受験における「渋幕ショック」とは?


以下、中学受験における「渋幕ショック」についてです。


その前に!


以前、公開した

中学受験における「渋幕(一次入試)」の最近の入試状況!

という記事の内容と、一部、内容が重複してしまいますが、

この記事では、あくまでも、「渋幕ショック」についてのみ具体的に説明します。


「渋幕ショック」とは?


渋幕ショック」とは、簡単に言うと、

渋幕の2020年度一次入試において、受験者数が多い(過去最高)にもかかわらず、

これまでよりも、

100名以上の合格者数が突然減った!

という出来事のことをいいます。

※具体的には、前年比(2019年度比)で121人の合格者が減っています。

また、これまでよりも、受験者数に対する合格者数が減ったことにより、

結果的に、

実質倍率も跳ね上がった!

という出来事でもあります。

ということで、

次から具体的な受験者数、合格者数、実質倍率などの数値を用いて、「渋幕ショック」を詳しく説明します。


受験者数に比例して合格者数も増えていく!


中学受験だけの話ではありませんが、

学校や入試回数により、違いはあるにせよ、

通常、ある程度は、

受験者数に比例して合格者数も増えていく!

というのが一般的な考え方であり、入試結果も大体はそのようになっています。

例えば、募集人員が300名の入試において、

・1,000名の受験者に対して500名の合格者(実質倍率2.0倍)
・1,500名の受験者に対して750名の合格者(実質倍率2.0倍)
・2,000名の受験者に対して1,000名の合格者(実質倍率2.0倍)

という感じに、実質倍率は大幅には変わらずに、受験者が多ければ、その分、合格者も多くなるというのが常です。

もちろん、上記は、あくまでも単純な例であり、学校側としては、受験者数に対する合格者数の比率や合格最低点などの色んな条件で合格者数を決めています。


募集人員よりも多くの合格者を出す理由!


これも中学受験に限った話ではありませんが、

受験においては、受験者数が募集人数よりもかなり多い場合、学校側としては、募集人数よりも多くの合格者(上積み分の合格者)を出すのが一般的です。

これは、難関校になればなるほど、募集人数よりも多い上積み分の合格者数は少なくなる傾向はありますが、

中学受験でいうと、例え御三家であっても、募集人数よりも多くの合格者を出しています。

[ご参考]
中学受験における御三家の実質倍率を比較してみました!

ここで、素朴に疑問に思うのは、

なぜ募集人数よりも多くの合格者を出すの?

という疑問だと思います。

その理由は、単純に、学校側としては、自分の学校を受験した受験生が、自分の学校を第一志望校として受験しているのか?併願校として受験しているのか?がわからない、

つまり、

学校側としては、

実際に入学するかどうかがわからない!

という理由で、募集人数よりも多くの合格者を出しています。


「渋幕ショック」の具体的な説明!


前振りが長くなってしまいましたが、

以下、「渋幕ショック」を渋幕(一次入試)の受験者数、合格者数、実質倍率を用いて具体的に説明します。


渋幕(一次入試)

[募集人員]
・約215名(男女)

[入試結果]
年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2020
2,058人
630人
3.3倍
2019
2,012人
751人
2.7倍
2018
2,004人
711人
2.8倍
2017
1,963人
724人
2.7倍
2016
1,852人
759人
2.4倍
2015
1,762人
743人
2.4倍


受験者数
まずは、2020年度の渋幕(一次入試)の受験者数についてです。

このブログでも何度か述べているように、渋幕の人気は年々上がっています。

[ご参考]
渋幕が超難関校になった理由を解説します!

実際、上記表の数値からもわかるように、受験者数は年々増えています。

特に、2018年度以降は2,000人超えの受験者数となっており、超難関校では珍しく、受験者数が多いのが特徴です。

また、「渋幕ショック」が起きた2020年度入試の受験者数は、過去最高となっています。

※もちろん、受験者数と同様に志願者数も過去最高となっています。


合格者数
次に、2020年度の渋幕(一次入試)の合格者数についてです。

僕が、「渋幕ショック」と言っているのが、この合格者数の激減です。

上記表の数値からもわかるように、2019年度入試までは、先で説明しているとおり、受験者数にある程度は比例して合格者数は700人台となっています。

もちろん年によっては、合格最低点などの条件により、多少の増減はあります。

しかし、

2020年度入試では、受験者数が過去最高だったにもかかわらず、

合格者数が一気に630人に減っています!

前年比(2019年度比)では、

121人の合格者が減っています!

簡単に121人の合格者が減っていると言っていますが、大体、3クラス分の合格者数が減っていると考えると、かなりの人数です。

そして、

まさにこのことを、僕は、

渋幕ショック!

と呼んでいます。

※同じように呼んでいる方もいると思いますが...

僕もそうですが、多分、塾や教育メディアなどの中学受験関係者の方々も、まさかここまで合格者数が減るとは誰も予想してはいなかったと思います。


実質倍率
次に、2020年度の渋幕(一次入試)の実質倍率についてです。

先で、受験者数、合格者数の説明を既にしているため、手短に述べますが、

2019年度入試までの過去5年間の実質倍率を見てみると、

大体、

2.4倍から高くても2.8倍!

でしたが、

2020年度入試については、「渋幕ショック」により、

一気に3.3倍まで上昇!

しています。


「渋幕ショック」が起きた理由!


ここが本題で、

どうして「渋幕ショック」が起きたの?

という理由についてです。

もちろん、

「渋幕ショック」が起きた理由は、渋幕のみが知るということになりますが、「渋幕ショック」が起きた理由の一つに、

渋幕を第一志望校にする受験生が年々増えてきている!

つまり、

渋幕に合格した場合、渋幕に入学する受験生が増えてきている!

ということは誰も否定できないと思います。

そのため、2020年度入試で一気に合格者数が減っていますが、今後も減っていく可能性は大いにあります。

現に、例えば、

御三家では、募集人数に対して大体1.2倍から1.3倍くらいの合格者数を出していますが、渋幕は「渋幕ショック」でも、募集人数に対して約2.9倍の合格者を出しています。

[ご参考]
中学受験において募集人員に対する合格者数はどれくらいか?

そういう意味では、

2020年度入試の「渋幕ショック」は、まだ、第一弾なのかもしれません。


最後に


今回、中学受験における「渋幕ショック」とは何なのか?について、色々と説明しましたが、中学受験においては突然、何が起きるかはわかりませんね!

いずれにせよ、

2021年度以降の渋幕(一次入試)がどのようになっていくかは、今後も注視していきたいと思います。

最後に、よろしければ、渋幕に関する関連記事もご覧ください!

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-

>関連記事!
中学受験,千葉,御三家
中学受験における千葉の御三家とは?
以前の記事にて、東京、神奈川の御三家をご紹介しましたが、千葉にも同じように私立中学校の御三家があります。ちなみに、千葉の御三家は共学校が多いため、男子、女子それぞれの御三家ではなく、あくまでも千葉の御三家となります。といことで、今回は、千葉の私立中学校(中高一貫校)の御三家をご紹介したいと思います。
中学受験62,536view
中学受験,千葉,御三家,志願倍率
中学受験における千葉御三家の志願倍率を比較してみました!
2021年度の中学受験における、千葉御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)の志願者数、志願倍率が確定しました。そこで、今回は、千葉御三家の近年(直近7年間)の志願倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。
中学受験11,061view
中学受験,千葉,御三家,実質倍率
中学受験における千葉御三家の実質倍率を比較してみました!
2021年度の中学受験において、千葉の御三家(渋幕、市川、東邦大東邦)の入試が終了し、受験者数、合格者数、実質倍率が確定しました。そこで、今回は、千葉の御三家の近年(直近7年間)の実質倍率について、各学校毎に色々と述べたいと思います。
中学受験11,890view
中学受験,渋幕,併願校
中学受験における「渋幕」の併願校を徹底解析!
そろそろ第一志望校はもちろんですが、併願校も真面目に検討する時期になってきました。そのような中で、渋谷教育学園幕張中学校(渋幕)が第一志望校という方も多いと思います。そこで、今回は、中学受験における「渋幕」の併願校について、色々と述べたいと思います。※「渋幕」の併願校を受験日別、男女別にご紹介します!
中学受験18,941view
中学受験,渋幕,入試,状況
中学受験における「渋幕(一次入試)」の最近の入試状況!
首都圏の中学受験において、1月受験として千葉の御三家である「渋谷教育学園幕張中学校」を受験する受験生も多いと思います。※うちの息子も受験し合格しています。そして、このブログでも何度か述べていますが、「渋幕の人気は年々高まっています!」そこで、今回は、渋幕(一次入試)の最近の入試状況について、色々と述べたいと思います。
中学受験40,862view
中学受験,渋幕,超難関校,理由
渋幕が超難関校になった理由を解説します!
「渋幕の東大合格者数の推移について!」という記事でも述べていますが、ここ数年で、名実ともに超難関校になった渋幕の凄さは、誰にも否定できません。また、渋幕の実績はもちろんですが、人気も右肩上がりで、どこまでいってしまうのか?という感じです。といことで、今回は、渋幕が超難関校になった理由について、僕の意見を述べたいと思います。
中学受験35,898view
渋幕,東大,合格者数,推移
渋幕の東大合格者数の推移について!
ここ数年で、「東大合格者数、名実ともにトップクラス!」の中高一貫校に登りつめたのは、新興勢力である「渋谷教育学園幕張中学校・高等学校」いわゆる「渋幕」です。渋幕は、毎年、人気が高まっており、今では難関校ではなく、超難関校の一つになっています。そこで、今回は、渋幕の東大合格者数と人気について、色々と述べたいと思います。
中学受験31,498view
中学受験,渋谷教育学園幕張中学校,倍率,受験率
【中学受験】渋谷教育学園幕張の倍率、受験率をまとめてみました!
中学受験を控えている方の中には、千葉の御三家である「渋谷教育学園幕張中学校」を目指している方も多いと思います。そのような中で、渋谷教育学園幕張中学校の「倍率、受験率!」は、やはり気になりますよね!そこで、今回は、中学受験における「渋谷教育学園幕張中学校」の倍率、受験率について、まとめましたのでご紹介します!