中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
20,595view

中学受験における模擬試験会場の選び方!

中学受験における模擬試験会場の選び方!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


中学受験において、自分の塾の模擬試験や外部の塾の公開模擬試験を受ける機会が多くあると思います。

その模擬試験ですが、受験者が多い模擬試験の場合などは、色んな実際の中学校を会場としてを選べる場合が多々あります。

ということで、今回は、中学受験における模擬試験会場の選び方について、色々と述べたいと思います。


中学受験における模擬試験会場の選び方!


模擬試験の会場というと、どうしても、通い慣れた自分の塾や、自宅近くの会場を選ぶ方が多いと思います。

しかし、せっかく色んな会場があるのに、僕から言わせればもったいないというのが本音です。

ということで、僕が考える模擬試験会場の選び方を以下に示します。


受験校を選ぶ!


最初でも述べているように、模擬試験によっては、実際の中学校が試験会場になる場合が多々あります。

例えば、「学校別サピックスオープン(SAPIX)」、「合不合判定テスト(四谷大塚)」など、他にも多数の模擬試験がありますが、模擬試験会場として実際の中学校を選べることが多々あります。

逆に言うと、模擬試験の会場に、自分が受験する会場があること自体が、非常にラッキーなことです。

理由は言うまでもなく、本番受験前に、本番受験する中学校で実際に試験を受けることが出来て、本番受験と同じような雰囲気を味わうことが出来るからです。

大人も子供も同じですが、やはり、一度でも行ったことがある学校や教室で本番受験するのと、初めて行った学校や教室で本番受験するのとでは、緊張感が全然違います。

そのため、もし、受験する中学校が模擬試験の会場の場合は、迷わずにその学校の会場を選ぶことをおすすめします!


受験する可能性がある会場を選ぶ!


模擬試験の会場に受験校がない場合は、少しでも受験する可能性がある中学校、つまり、併願校などを考えている中学校を選ぶこともおすすめします!

理由は先に述べた通り、本番受験と同じような雰囲気で試験を受けることが出来るためです。

うちの場合は、第一志望校が麻布でしたが、麻布で模擬試験を実施することはないため、この、併願校などで受験する可能性がある中学校で模擬試験を受けさせる機会が一番多くありました。

※実際、うちの場合は、四谷大塚か日能研のどちらの模擬試験かは忘れましたが、本郷中学校で模擬試験を受けて、併願校として本郷中学校を実際に受験し合格しています。

その他にも、当時、併願校として受験を考えていた、芝中や巣鴨中、広尾学園などでも模擬試験を受けています。


気になる会場を選ぶ!


皆さんの中にも受験校でも併願校でもないけど、何となく気になる中学校は少しはあるはずです。

一言で言うと、併願校の候補に入りそうな中学校です。

かつ、その気になる中学校の文化祭や学校説明会にも行っていない場合などで、模擬試験の会場になっている場合は、会場として選んで、様子見に行ってみるということも大いにアリだと思います。

とにかく、僕としては、模擬試験に実際の中学校がある場合は、実際の中学校を選ぶようにすることをおすすめします!


自宅から近い会場を選ぶ!


皆さんよくやりがちですが、模擬試験会場として自宅から近い会場を選ぶのは、最初ではなく、最後です。

※普通は、「会場が近くにあって良かった!」となるのでしょうけど、逆です...

もちろん、会場への移動時間を考えると、自宅近くの会場は非常に便利です。

また、通いなれた塾を会場として選ぶことも、模擬試験に集中出来るという利点もあります。

ただ、うちの場合は、自宅近くの会場を選ぶのは、本当に他の会場が一杯だった場合のみで、基本的には色んな中学校で試験を受けさせていました。

もちろん、しつこいようですが、慣れ親しんだ会場ではなく、環境を変えて試験を受けさせるというのが目的です。

※一言で言うと、本番受験に向けて環境変化に強くなるためです。

このように、数多く受ける模擬試験を通して、色んな会場、環境に受験生である子供を慣れさせておくという目的が一番の理由です。


余談!


余談ですが、本番受験の年になると、これまでとは違い、本当に模擬試験を受ける機会が増えます。

特に、春もありますが、夏休みが終わり秋から冬にかけては、場合によっては毎週や隔週で模擬試験が開催されます。

そんな模擬試験ですが、やはり、「中学受験における弱点の見つけ方!(自己分析の方法!)」という記事でも述べているように、可能な限りは受けて、結果を冷静に自己分析することも重要だと思います。


最後に


今回、中学受験における模擬試験会場の選び方について色々と述べましたが、うちの場合は、外部の公開模擬試験は、自宅近くで受けたことが一度もないです。

※自分の塾の模擬試験では、自宅近くの会場というか自分の塾で受けることはありましたが...

理由は先に述べた通りで、試験会場として、実際の中学校がある場合は、必ずどこかの中学校で試験を受けさせていました。

やはり、塾の教室で模擬試験を受けるのと、実際の中学校で受けるのとでは、全く違いますし、環境を変えて、実際の中学校で試験を受けるという経験を積むことが出来るということに模擬試験の会場選びは、意外にも真剣に選んでいました。

皆さんも是非、模擬試験という機会を有効に活用しましょう!

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-