中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
22,026view

中学受験における模擬試験中の待機時間の過ごし方!

中学受験における模擬試験中の待機時間の過ごし方!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


中学受験における秋のこの時期、模擬試験が頻繁に開催されて、受験生の親である保護者も一緒に付き添いで行く機会が多いと思います。

最近、模擬試験が多いということもあり、模擬試験に関する記事ばかりで恐縮ですが、今回は、ちょっと視点を変えて、親である保護者の模擬試験中の待機時間の過ごし方について色々と述べたいと思います。(「の」が多くてすみません。)


模擬試験の待機時間の過ごし方!


僕も何度か受験生である子供の付き添いで、模擬試験会場に行ったことがあります。

以前、「中学受験における模擬試験会場の選び方!」という記事でも述べていますが、うちの場合は、基本的に模擬試験の会場は、模擬試験を開催している塾の教室ではなく、実際の中学校を選ぶようにしていました。

ちなみに、模擬試験会場として僕が行ったことがある中学校は、「本郷中学校」、「巣鴨中学校」、「芝中学校」、「広尾学園」などです。

※受験生であった息子と家内は、他の中学校にも行っていますが...

ということで、前振りが長くなりましたが、以下、模擬試験の待機時間の過ごし方です。


塾主催の保護者会に参加する!


模擬試験を主催している塾で、受験生である子供が模擬試験を受けている間に、保護者会と称して、保護者向けに、中学受験に関して色んな話をしてくれます。

そのため、模擬試験中の待機時間に、塾主催の保護者会に参加するという方も多いと思います。

ただし、「中学受験では塾などの情報に左右されないことも重要!」という記事でも述べていますが、塾主催の保護者会に参加することによって、色んな塾から色んな情報を得ることができ有益な場合もありますが、逆に、惑わされないようにすることも重要です。

また、パターンとしてよくあるのは、保護者会の後に、模擬試験会場となっている中学校の学校説明会がある場合もあります。

そのため、実際に受験を考えている中学校が模擬試験会場の場合は、とても有意義だと思います。

※実際、僕が模擬試験に付き添いで行った時も、いつのまにか学校説明会になっていたことが多々あります...


模擬試験会場でひたすら待つ!


僕が知る限りでは、数名の方は、塾の保護者会や学校説明会にも参加しないで、ひたすら模擬試験が終わるのを待つ人もいます。

僕が行ったことがある広尾学園が模擬試験会場の時に、模擬試験の待機中に、広尾学園のカフェテリアみたいなオシャレな食堂で、ずっとPCで仕事しているような方もいました...

いずれにせよ、模擬試験でひたすら待つ場合は、本や雑誌、スマホとスマホのバッテリーは必需品です。

ちなみに、同じ場所でずっと待つことは、僕には出来ません...


会場の近くに散歩に出かける!


模擬試験によっては、塾が主催する保護者会が終わってから模擬試験終了まで、かなり時間がある場合も多々あります。

また、保護者会に参加しない場合は、かなり時間がある場合もあります。

そこで、僕がおすすめするのは、模擬試験の待機中に散歩に出かけることです。

僕の中で、散歩をするには一番良かった中学校の模擬試験会場は、巣鴨にある「本郷中学校」です。

駅近ということもありますが、近くにファミレスやカフェも多くあり、お茶をするには全く困りません。

また、ちょっと足を運ぶと「とげぬき地蔵尊」もあり、まさに、待機中の散歩にはうってつけです。

二番目に良かったのは、「芝中学校」です。

ご存知の通りに、芝中は直ぐ近くに「東京タワー」があるため、待機中に東京タワーの中で時間を潰すことができます。

※余談ですが、東京出身の方は、幼稚園や小学校の時に、遠足で東京タワーに行ったことがある方も多いと思いますが、意外にもそれ以外で東京タワーに行く機会はないと思います。(僕もかなり久しぶりに行きました。)

そのため、こういう模擬試験の機会に、久しぶりに行ってみると、かなり新鮮だと思います...

ということで、親である保護者の方も、日頃の受験疲れを癒すために、こういう機会に是非、外でゆっくりとお茶でもすることも大いにアリです。

ちなみに、家内と僕の二人で模擬試験の付き添いに行った時は、交代で外にお茶をしに行ってました...

また、ご参考ですが、「巣鴨中学校」は周りに何もないので、散歩したり、お茶をするには、ちょっと遠いですが、池袋近辺まで歩いて行くしかないです。


最後に


この時期は、本当に模擬試験が多いため、付き添いで行く機会も多いと思いますが、多分、これだけの数の模擬試験に子供の付き添いで行くのは、人生の中で中学受験の時が最初で最後です。

受験生はもちろんですが、付き添いの親も朝早くから子供を連れて行ったり、模擬試験が終わるまで待機していたりと、色々と大変だと思いますが、12月には模擬試験も一通り終わり、あとは本番受験を残すのみとなります。

また、「中学受験における本番受験中の待機時間の過ごし方!」という記事でも述べていますが、本番受験の時も模擬試験の時と同じような待機時間の過ごし方になると思います。

いずれにせよ、これからが勝負の時期!そして、本番受験までもう少しですので、頑張ってください!

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-