中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
21,353view

中学受験において学校説明会には何校くらい参加するべきか?

中学受験において学校説明会には何校くらい参加するべきか?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


中学受験においては、

誰もが、目指している学校や気になる学校の学校説明会に参加します。

そのような中で?

志望校が決まるまで、

学校説明会には何校くらい参加するのか?

と気になる方も多いと思います。

そこで!

今回は、中学受験において学校説明会には何校くらい参加するべきか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。




学校説明会には何校くらい参加するの?


以下、中学受験において学校説明会には何校くらい参加するべきか?についてです。


学校説明会に何校くらい参加したか?


最初に、結論というか、うちが参加した学校説明会の数としては、

大体、

15校くらいの学校説明会に参加!

しています。

もう少し具体的にいうと、

うちは、息子が小学4年生のときから学校説明会に参加しており、本番受験の年である小学6年生の秋までに、15校くらい参加しています。

[ご参考]

そういう意味では、2年半くらいの間に15校くらい参加しているということになります。

参加した学校説明会の数としては、多いのか少ないのかはわかりませんが、

僕の個人的な感覚としては、首都圏の中学受験においては、少なくとも10校くらいは皆さん参加していると思います。

ということで、

次から、うちが参加した具体的な学校説明会についてご紹介します。


うちが参加した学校説明会!


ご参考までに、

うちが参加した学校説明会は以下のとおりです。


上記以外の学校説明会にも行っていますが、もう覚えてないです。(すみません)

うちは、学校説明会には基本的には家内が行っています。

というのも、学校説明会は平日に開催されることも意外にあり、平日の場合は家内しか行けないという理由です。

もちろん、

土日に開催される学校説明会には、学校によっては僕と息子も参加しています。

また、

うちの第一志望校であった麻布については、小学5年、小学6年のときに2回参加しています。

そういう意味では、同じ学校の説明会に数回参加するという方も多いかもしれません。


実際に受験した学校!


ここで、

学校説明会に参加した学校の中で、

実際に受験したのは何校なのか?

ということが気になる方もいると思います。

そして、

うちが実際に受験した学校としては、

区分
学校名
学校説明会
結果
1月校
栄東
不参加
合格
1月校
渋幕
不参加
合格
2月校
麻布
参加
合格
2月校
本郷
参加
合格
2月校
浅野
参加
合格

となっており、

15校くらいの学校説明会に参加して、実際に受験したのは3校ということになります。

上記の表からもわかるように、1月校(埼玉、千葉)の学校説明会には一度も参加していないことがわかります。

また、当たり前といえば当たり前のことですが、学校説明会への参加は、合格に関係ないことがわかります。

というか、わかりました。


学校説明会への参加方法と内容!


ご参考までに、学校説明会への参加方法と内容について説明しておきます。


学校説明会に参加するには?


学校説明会に参加するには、

もちろん、

その学校の学校説明会の開催案内!

に従う必要があります。

大体は、予約なしでも参加できる学校が多いですが、学校によっては、予約が必要な場合もあります。

ちなみに、最近ではインターネットから学校説明会の参加予約を行う学校も増えてきています。

[ご参考]

また、最近は、コロナ(COVID-19)の影響により、人数制限があったり、動画による説明会を実施する学校もありますが、

いずれにせよ、

学校説明会に参加する際は、その学校の開催案内を確認しましょう!


学校説明会の内容は?


オープンスクールは、どちらかというと、受験生である子供向けに開催されていますが、学校説明会は、受験生の保護者向けに開催されます。

[ご参考]

学校説明会は、基本的には、

その学校の

・校長先生のお話し(挨拶、教育方針など)
・各教科の先生から授業内容の説明など
・事務的な方から学校設備などの説明
・etc

を受けるのが一般的な流れです。

また、

学校説明会のあとに、校内の見学会として、学校内を案内してくれる学校も多くあり、学校の環境設備や雰囲気を見ることができます。

一般的には、学校説明会は、学校案内やパンフレットの内容を少し詳しく説明してくれるといった感じですが、学校説明会でしか得られない入試の情報を説明してくれる学校もあります。


学校説明会でしか得られない入試情報!


僕も息子が受験の年に、いくつかの学校説明会に参加しましたが、学校案内やパンフレットには記載されていない、

学校説明会でしか得られない入試の情報!

などを説明してくれる学校もありました。

どこの学校とは言いませんが、

以下のような入試に関する情報を説明してくれる学校もあります。


●入試問題の傾向!


学校によっては、入試問題の傾向を説明してくれる学校もあります。

例えば、

・学校として重視している分野(試験に出やすい分野)は◯◯である。
・etc

といった説明です。


●入試問題の配点!


学校によっては、入試問題の配点を説明してくれる学校もあります。

例えば、

・国語は長文読解の配点が高い。
・etc

といった説明です。


●解答の仕方!


学校によっては、解答の仕方を説明してくれる学校もあります。

例えば、

・算数は答えだけではなく、途中の計算式も配点対象となるため途中の計算式もきちんと書いた方がよい。
・etc

といった説明です。


●解答で重視している点!


学校によっては、解答で重視している点を説明してくれる学校もあります。

例えば、

・受験で同じ点数の場合は、字が綺麗な受験生が有利になる。
・etc

といった説明です。


このように、学校によっては、学校説明会に参加した人にしか教えてくれない入試に関する情報を説明してくれる学校もいくつかあり、説明会に参加してよかった思ったことが何度かありました。


シラバスの説明!


学校説明会というと、学校案内(パンフレット)の内容を淡々と説明する学校も多々ありますが、

最近の学校説明会では、中高一貫(6年間)の「シラバス」を説明する学校も増えてきている模様です。

[ご参考]


最後に


今回、中学受験において学校説明会には何校くらい参加するべきか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べましたが、

やはり、

学校説明会に参加することにより、何かしら得るものが多々あります。

特に入試に関する情報は学校説明会でしか得られない情報のため、少しでも受験を考えている学校の場合は、学校説明会には積極的に参加することをおすすめします。

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-

>関連記事!
中学受験,学校説明会,いつから,何年生から
中学受験において学校説明会はいつから(何年生から)行くべきか?
中学受験において、各学校では、本番受験に向けて、「学校説明会!」が開催されます。そのような中で、志望校の学校説明会には、「いつから(何年生から)行くの?」と悩む方も多いと思います。そこで!今回は、中学受験において学校説明会はいつから(何年生から)行くべきか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験29,332view
中学受験,学校説明会,ポイント
中学受験において学校説明会でチェックすべきポイントについて!
中学受験において、志望校や気になる学校の学校説明会に参加すると思いますが、単に説明を聞くだけではなく、「学校説明会ではチェックすべきポイント!」があります。もちろん、人によってチェックするポイントは違うと思いますが...そこで!今回は、中学受験において学校説明会でチェックすべきポイントについて、色々と述べたいと思います。
中学受験13,838view