中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
49,185view

「miraicompass」によるインターネット出願!

「miraicompass」によるインターネット出願!
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

真夜中にご覧いただきありがとうございます!(この記事を読んだらもう寝ましょう!)

今日は、3月9日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと329日です!


はじめに


中学受験の出願や学校説明会の予約などにおいて、皆さんも少なくとも1度は、「miraicompass」というインターネットサービスを利用する機会があると思います。

もちろん、初めて中学受験を向かえる方は、「miraicompass」という言葉は初めて耳にするかもしれません。

ということで、今回は、出願前の事前情報として「miraicompass」の概要について説明したいと思います。


「miraicompass」によるインターネット出願!


以下、「miraicompass」についての概要です。

※ちなみに、「miraicompass」の読み方は、「未来コンパス」なのか「ミライコンパス」なのかは、どこにも情報が無いため不明ですが、「ミライコンパス」と表現しているところが多いです...


「miraicompass」とは?


「miraicompass」とは、三菱総研DCS株式会社が提供している、受験(中学、高校)におけるインターネットでの出願サービスで、何と言っても、出願期限までであれば、インターネット環境(PC、スマホ、タブレット端末)があれば、いつでもどこでも出願の申し込みが出来るという、とても便利なサービスです。

[URL]
https://www.mirai-compass.jp.net/

もちろんですが、受験料は、クレジットカードなどによるオンライン決済となります。

最近では、「miraicompass」は出願だけではなく、その学校のイベントの予約(例えば、学校説明会の予約など)でもよく利用されています。

また、「miraicompass」でのインターネット出願を採用する学校も年々増えてきており、この先も増える一方かと思います。


「miraicompass」の利点!


「miraicompass」の利点は、一度、ID(メールアドレス)を登録することで、「miraicompass」を採用している学校については、同じID(メールアドレス)でイベントの予約や出願が簡単に出来るようになります。

例えば、ある学校の学校説明会に「miraicompass」から予約し、その後、実際にその学校に出願する場合は、学校説明会時の申込情報が出願する際に引き継がれるという感じです。

まっ、早い話が、1つのIDで中学受験に関する色んなことが出来るということです。


「miraicompass」での出願対象の学校は?


先にも述べたように、「miraicompass」で出願する学校は年々増えてきています。

当たり前ですが、数千人規模の受験者がいる学校にとっては、人が出願の受け付けから受験票の発行まで処理することは、かなりの人手も必要ですし、大変な作業ですが、インターネット出願では、それらを処理してくれるため、特に、受験者数が多い学校に導入されています。

なお、「miraicompass」で出願する対象の学校は、下記のURLから確認できます。

[対象校]
https://www.mirai-compass.jp.net/usr/

※上記を見ても分かるように、首都圏をはじめとする全国の中学受験、高校受験に導入されています。


「miraicompass」を使った感想!


うちの場合は、「栄東中学校」、「浅野中学校」の出願で、「miraicompass」を利用しています。

栄東中学校はA日程と特待も受験しているので、合計で3回利用しています。

結果的に6つ受験した内の半分は「miraicompass」でインターネット出願したことになります。

実際に僕は「miraicompass」での出願はしていませんが、ITリテラシーの低い家内が、何も文句を言わずに出願できているので、使い勝手は良いと思います。

※ちなみに、ITリテラシーとは、情報技術(Information Technology)と識字 (Literacy) を合わせた言葉で、簡単にいうと、「自己の目的に適合するようにITを使用できる能力」のことを言います。

またまた、ちなみにで恐縮ですが、僕はITリテラシーが低い家内とは全く逆で、日本でも10本の指に入るくらいのIT技術の持ち主(自称)であるため、ITを使うよりも開発する側の人間です...どうでもよいですが...

[ご参考]
うちの息子が受験した学校の中で、2017年度までは先に述べた「栄東中学校」、「浅野中学校」がインターネット出願でしたが、その他に受験した、「渋谷教育学園幕張中学校」、「本郷中学校」は2018年度から、そして、先に述べた「麻布中学校」は2019年度からインターネット出願になり、結局、全てインターネット出願になってしまいました...


最後に


インターネットで中学受験の出願が出来るとは、本当に便利な世の中になりました。

昔では考えられないですね!

ちなみに、インターネット出願が出来ない学校の場合は、願書を入手して、手書きして、受験する学校に持参したり郵送したりと、意外に大変で計画的に出願する必要があります。

インターネット出願を使ってみると、インターネット出願の有り難さが分かります。

といことで、インターネット出願は学校側にも、出願する側にもメリットがあるかと思います。

記事カテゴリー中学受験


志望校対策を強化したい方へ!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

志望校がある程度決まっている方の中には、

普段の塾や受験勉強に加えて、

志望校の対策を強化したい!

と考えている方も多いと思います。

例えば、麻布中であれば

・国語:超長文対策、難関記述対策
・算数:平面図形難問対策
・理科:論理的思考問題対策
・社会:文章記述対策

といった対策です。

難関国私立の中学受験に特化!

した通信講座である、

Z会(中学受験コース)ad

には、例えば、

筑駒、開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、渋幕、聖光、栄光、灘、甲陽学院、神戸女学院などの

全国の対象校が120校!

あり

対象校に応じた志望校対策!

ができる通信講座となっています。

全国の対象校」が気になる方!

中学受験コース」に興味がある方!

まずは、資料請求(無料)してみてください!

-資料請求(無料)はこちら-
ad
>関連記事!
中学受験,出願,種類,パターン
中学受験における出願の種類・パターンについて!
中学受験においては、1月10日の栄東などの埼玉受験を皮切りに、年が明けてから直ぐに、首都圏では本番受験がスタートします。そして、子供の受験勉強とは別に、本番受験に向けて親がやらなければならないことがあります。そう、それは「出願」です。ということで、今回は、主に出願の種類・パターンについて色々と述べたいと思います。 中学受験 21,514view
中学受験,出願,スケジュール表,管理
中学受験における出願スケジュールを管理しよう!
中学受験においては、第一志望校や併願校がまだ決めていない方もいると思いますが、実際に出願するかは別にして、受験を少しでも考えている学校の「出願方法や出願時期!」は、事前に把握し、「自分で出願スケジュールを管理!」しておく必要があります。そこで、今回は、中学受験における出願スケジュールの管理について色々と述べたいと思います。 中学受験 35,060view
中学受験,ダブル出願
中学受験におけるダブル出願について!
中学受験において、最終的な第一志望校や併願校が決まらずに「ダブル出願」する方も多くいます。うちも、併願校が決まらずに「ダブル出願」を考えた時期がありましたが、実際にはダブル出願はしていません。ということで、今回は、中学受験における「ダブル出願」について色々と述べたいと思います。 中学受験 24,897view
中学受験,出願,並ぶ
中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?
中学受験の出願において、最近ではインターネットによる出願も増えていますが、受験する学校に願書を窓口に持参する場合もあります。その際に、出願日初日に朝早くから並んで出願するべきか?で悩んでいる方もいらっしゃると思います。そこで、今回は、中学受験において出願に並ぶべきか?について色々と述べたいと思います。 中学受験 26,324view
中学受験,出願,早い方がいい
中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!
中学受験においては、出願の時期になると、「出願は早い方がいい!」とよく言われており、そのようなことを耳にする機会も多くあります。そのような中で、「どうして早い方がいいの?」と思っている方もいると思います。そこで、今回は、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について、うちの経験を踏まえて色々と説明します。 中学受験 10,656view