中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
22,464view

中学受験における出願の種類・パターンについて!

中学受験における出願の種類・パターンについて!
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

夜遅くにご覧いただきありがとうございます!

今日は、5月11日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと266日です!

記事を読む前に!

中高一貫校ランキング!

からの応援よろしくお願いします!


はじめに


中学受験においては、1月10日の栄東などの埼玉受験を皮切りに、年が明けてから直ぐに、首都圏では本番受験がスタートします。

そして、子供の受験勉強とは別に、本番受験に向けて親がやらなければならないことがあります。

そう、それは「出願」です。

ということで、今回は、主に出願の種類・パターンについて色々と述べたいと思います。


その前に!


まだ出願にはちょっと早いのでは?という方も多いと思いますが、例えば、栄東は12月9日の10:00から出願(インターネット出願)が開始されます。

そういう意味では、もう少しで色んな学校の出願が開始されます。

そして、出願の前に、当たり前ですが

受験校を決める!

必要があります。

先日、「中学受験における併願校の選び方!」という記事でも述べていますが、中学受験において、本番受験前に一番悩むのが、この受験校を決めることです。

うちもそうでしたが、第一志望校はさておき、併願校がなかなか決まらずに、出願が開始される日ギリギリまで悩んでいました。

また、「中学受験において東京の出願開始期日が早まることについて!」という記事でも述べているように、2019年度入試から東京の出願開始期日が早まっています。

いずれにせよ、受験校が決まらなければ、何の手続きをする必要があるのかも決まらないため、可能な限り早い段階で受験校を決める必要があります。

※この受験校を決めることが一番悩ましいですが...


中学受験における出願の種類・パターンについて!


受験校が決まったら、いよいよ受験する中学校に願書を提出する必要があります。

いわゆる「出願」です。

最近の出願の種類・パターンは、大きくは以下の3つあります。


1.インターネットで出願!


中学受験における出願の種類・パターンの一つ目は、

インターネットで出願する!

という方法です。

最近は、インターネットで出願する中学校も年々増えてきています。

ちょっと前までは、受験者数が多い学校がインターネット出願を採用していましたが、最近では、受験者数にはあまり関係がなく、色んな学校でインターネット出願を採用しています。

※インターネット出願については「miraicompassによるインターネット出願!」の記事も併せてご覧ください。

インターネットでの出願は、自宅に居ながらにして、出願期間内であれば、いつでも出願出来るため、とても便利です。

もちろんですが、受験料はクレジットカード決済となります。

うちの息子が受験した時は、栄東中学校、浅野中学校の受験で、インターネット出願しており、非常に便利でしたが、実際に受験票が自宅に郵送されて来るまでは、本当に出願されているのか?が、ちょっと不安だと家内が言っていました。

その気持ち、非常によく分かります...


2.学校から願書を入手し持参して出願!


中学受験における出願の種類・パターンの二つ目は、

学校から願書を入手し持参して出願する!

という方法です。

インターネット出願とは違い、受験する中学校から願書を入手し(購入し)、必要事項を記載した後に、再度、学校に持参して出願するという方法で、このような出願方法をとっている中学校もまだまだあります。

※僕としては、基本的には、秋の学校説明会等で願書を入手できることが多いため、早めに願書を入手しておくことをおすすめします。(もう入手済の方も多いと思いますが...)

ちなみに、僕の息子が受験した時の麻布中学校、本郷中学校は、この出願方法でした。

※本郷中学校は2018年度入試からインターネット出願になっており、麻布中学校は2019年度入試からインターネット出願になっています。

そういう意味では、僕の息子が受験した学校は、今は全てインターネット出願になっています。

また、このように、紙の願書で出願する場合は、顔写真を貼る必要があるため、顔写真の準備なども必要になります。

※もちろんですが、インターネット出願でも顔写真が必要な学校は多くあります。

以前、「中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?」という記事でも述べていますが、本番受験日当日は、受験が終わった後、基本的には受験番号順、つまり、出願順に受験生が試験教室から退出してきます。

何を言っているかというと、午後受験を考えている場合は、午後受験の学校(試験会場)に移動する時間を確保するためには、若い受験番号の方が有利となるため、若い受験番号を取るために、出願日の初日は、朝から並ぶ人も多くいます。

そして、持参で出願してから後日、受験票が自宅に郵送されてくるというのが一般的な流れです。

※ちなみに、うちは、麻布中学校の出願の時は、いてもたってもいられない状況で、家内が初日に朝早くから並んで出願しました。


3.願書を郵送で出願!


中学受験における出願の種類・パターンの三つ目は、

願書を郵送で出願する!

という方法です。

先で述べた、持参での出願と似ていますが、受験する中学校から願書を入手し、必要事項を記載した後に、郵送で出願するという方法で、このような出願方法をとっている中学校もまだまだあります。

郵送での出願の場合は、やはり、出願締切期限が「必着なのか?消印有効なのか?」を注意する必要があります。

そして、郵送で出願してから後日、受験票が自宅に郵送されてくるというのが一般的な流れです。

※ちなみに、うちの息子が受験した時は、渋幕の受験で郵送出願しています。ただし、渋幕も今はインターネット出願になっています。

いずれにせよ、郵送で出願の場合は、出願締切期限ギリギリではなく、早めに出願しておくことをおすすめします。(うちは渋幕への出願がギリギリだったため...)


出願スケジュールを管理しましょう!


以前、「中学受験における出願スケジュールを管理しよう!」という記事でも述べていますが、受験する中学校が決まったら、その学校の募集要項を全て把握して、いつまでに、どのような手続きをする必要があるのかをスケジューリング、管理し、計画的に手続きを行う必要があります。

※受験校が完全に決まってない場合でも、ある程度は(受験する可能性がある学校の)募集要項を確認し、どのような出願手続きをする必要があるのかは確認しておくことをおすすめします!

意外と、受験校が多いと混乱してしまう可能性があるため、出願スケジュールはきちんと管理することをおすすめします!

※くれぐれも出願忘れがないように...


最後に


先にも述べましたが、出願方法や出願タイミングなどは、各学校により違うため、受験する中学校が決まったら、募集要項を把握した上で、きちんと計画を立てて、スケジューリング、管理して出願手続きを進めることが重要です。

また、出願は本番受験前に行う親の一大イベントになるため、時には家族で協力して行いましょう!

記事カテゴリー中学受験


読解力向上、時事問題対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

読売KODOMO新聞

は、週刊での発刊ということもあり、小学生でも無理なく読むことができ、

日々の生活における

読解力の向上!(国語、理科、社会)
時事問題対策!(社会)

に最適です。

また、

中学受験シーズン」には、受験業界大手の

四谷大塚」が監修で、毎週特集ページで教科ごとのポイントを重点的に解説しており、

実際の入試問題」を使ってわかりやすく解説するページなどもあります!

そして、何と!

月額550円(税込)!

とっ

コンビニ弁当1つくらいの良心的な価格です!

興味がある方は是非!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

うちも息子が受験のとき購読していました!

[ご参考]

>関連記事!
中学受験,出願,スケジュール表,管理
中学受験における出願スケジュールを管理しよう!
中学受験においては、第一志望校や併願校がまだ決めていない方もいると思いますが、実際に出願するかは別にして、受験を少しでも考えている学校の「出願方法や出願時期!」は、事前に把握し、「自分で出願スケジュールを管理!」しておく必要があります。そこで、今回は、中学受験における出願スケジュールの管理について色々と述べたいと思います。
中学受験36,278view
中学受験,ダブル出願
中学受験におけるダブル出願について!
中学受験において、最終的な第一志望校や併願校が決まらずに「ダブル出願」する方も多くいます。うちも、併願校が決まらずに「ダブル出願」を考えた時期がありましたが、実際にはダブル出願はしていません。ということで、今回は、中学受験における「ダブル出願」について色々と述べたいと思います。
中学受験26,121view
中学受験,出願,並ぶ
中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?
中学受験の出願において、最近ではインターネットによる出願も増えていますが、受験する学校に願書を窓口に持参する場合もあります。その際に、出願日初日に朝早くから並んで出願するべきか?で悩んでいる方もいらっしゃると思います。そこで、今回は、中学受験において出願に並ぶべきか?について色々と述べたいと思います。
中学受験27,219view
中学受験,miraicompass,インターネット,出願
「miraicompass」によるインターネット出願!
中学受験の出願や学校説明会の予約などにおいて、皆さんも少なくとも1度は、「miraicompass」というインターネットサービスを利用する機会があると思います。ということで、今回は、出願前の事前情報として「miraicompass」の概要について説明したいと思います。
中学受験50,591view
中学受験,出願,早い方がいい
中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!
中学受験においては、出願の時期になると、「出願は早い方がいい!」とよく言われており、そのようなことを耳にする機会も多くあります。そのような中で、「どうして早い方がいいの?」と思っている方もいると思います。そこで、今回は、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について、うちの経験を踏まえて色々と説明します。
中学受験11,656view