中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
26,323view

中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?

中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?
こんばんは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

真夜中にご覧いただきありがとうございます!(この記事を読んだらもう寝ましょう!)

今日は、3月9日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと329日です!


はじめに


中学受験の出願において、最近ではインターネットによる出願も増えていますが、受験する学校の窓口に願書を持参する場合もあります。

その際に、出願日初日に朝早くから並んで出願するべきか?で悩んでいる方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は、中学受験において出願に並ぶべきか?について色々と述べたいと思います。


中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?


以下、僕が考える中学受験において出願(持参)に並ぶべきか?についてです。


その前に!


最初に言っておきますが、受験する中学校に、早く出願したからといって、合格する確率が上がるということはないです。(多分...)

気持ちは非常によく分かりますが...

ちなみに、2019年度入試から、麻布中学校はインターネット出願になっていますが、うちの息子が受験した時は、家内が朝早くから並んで出願(持参)しました。

その理由は後述します。

また、年々、インターネット出願が主流になりつつありますが、女子御三家である、桜蔭中学校、女子学院中学校、雙葉中学校、男子校では、芝中学校、攻玉社中学校などをはじめ、2020年度入試においても窓口持参による出願の学校もまだまだあります。


本番受験終了後の退出順!


まずは、中学受験における一般的な前提ですが、本番受験終了後に、受験生が試験教室から出てくるのは、基本的に、

受験番号順に試験教室から出てきます!

そのため、結果的に、

受験番号が若い=出願が早い!

という順に受験生が試験教室から出てくるということになります。

ちなみに、うちの息子が受験した、栄東、渋幕、麻布、本郷、浅野の全ては、受験番号が若い順に試験教室から退出してきました。

また、ご参考までにですが、栄東A日程の受験の時は、受験生が多いということもありますが、受験生である息子が試験教室から出てくるまでに、1時間くらいかかっています。

同じように、渋幕の受験の時も、受験生である息子が出てくるまでに、1時間くらいかかっています。

というか、「渋谷幕張中学校の受験体験記!」という記事でも述べていますが、渋幕を受験した時は、受験を急に決めて、出願期限ギリギリに出願したということもあり、受験番号はほぼ最後の方でしたが...


出願に並ぶ目的!


前振りが長くなりましたが、ここから本題です。

先に述べたように、早く出願することにより、若い受験番号をゲットすることができ、結果的に本番受験終了後に試験教室から受験生が早く出てくるということになります。

そこで、中学受験の出願(持参)に並ぶ目的、つまり、若い受験番号をゲットする目的、理由は、以下のいずれかになると思います。


1.午後受験のため!
一つ目は午後受験のためという理由があります。

午前の本番受験後に、午後受験を受験する予定がある場合は、どうしても午後受験の試験会場に早く移動する必要があります。

そのため、出願に並んででも若い受験番号をゲットして、試験教室から少しでも早く退出して、少しでも早く午後受験の会場に向かうという目的があります。

うちの家内が麻布への出願の際に、朝から並んだ理由は、まさにこの理由で、2月1日の麻布の本番受験終了後に、東京都市大学付属中学校の午後受験を考えていたという理由です。(実際は午後受験は全くしていませんが...)

いずれにせよ、午後受験をする場合は、午前受験の試験会場から早く出てくるに越したことはないです。


2.とにかく早く出願して安心するため!
二つ目は、とにかく早く出願して、早めに安心しておきたいという理由があります。

うちの家内が、まさにそうなのですが、何事も早く終わらせて安心したいというタイプです。(出願はともかく、僕は最後まで取っておくタイプですが...)

いずれにせよ、受験を決めている学校に早目に出願しておくに越したことはないです。


3.とにかく早く帰宅するため!
三つ目は、本番受験終了後に、少しでも早く帰宅したいためという理由があります。

特に、自宅から試験会場が遠い場合や、少しでも早く帰宅して、これから受験する学校の対策をしたい場合など、早く帰宅したい理由は様々あると思います。

いずれにせよ、本番受験が終わった受験生である子供はもちろんですが、本番受験が終了するまでに待機している親も、可能な限り早く帰宅したいですよね!


ご参考!


先にも述べていますが、これまで出願が持参だった麻布中学校は、2019年度入試から、ついに!インターネット出願になっています。

うちの家内が朝早くから並んで麻布へ出願した初日は、何故か出願にもかかわらず、報道陣がいて、出願の風景をTV撮影しており、うちの家内が並んでいる後ろ姿が、当時のテレビニュース(NHK)に映っていました!

ちなみに、麻布への出願時に家内が朝早くから並んだ時は、寒い冬ということもありますが、出願受付開始までに、暖かい講堂の中で順番に座って、並んで待つことが出来ていました。

いずれにせよ、麻布では、もうこのような光景は無くなってしまいますが...


最後に


余談で恐縮ですが、自宅でインターネットで出願するのと、実際に受験する学校に行って、朝から並んで願書を持参して出願するのとでは、全く、出願したという達成感が違うと家内が言っていました。

僕もそう思います。

いずれにせよ、中学受験において出願(持参)に並ぶか?は、本番受験終了後の目的によると思います!

記事カテゴリー中学受験


志望校対策を強化したい方へ!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

志望校がある程度決まっている方の中には、

普段の塾や受験勉強に加えて、

志望校の対策を強化したい!

と考えている方も多いと思います。

例えば、麻布中であれば

・国語:超長文対策、難関記述対策
・算数:平面図形難問対策
・理科:論理的思考問題対策
・社会:文章記述対策

といった対策です。

難関国私立の中学受験に特化!

した通信講座である、

Z会(中学受験コース)ad

には、例えば、

筑駒、開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、渋幕、聖光、栄光、灘、甲陽学院、神戸女学院などの

全国の対象校が120校!

あり

対象校に応じた志望校対策!

ができる通信講座となっています。

全国の対象校」が気になる方!

中学受験コース」に興味がある方!

まずは、資料請求(無料)してみてください!

-資料請求(無料)はこちら-
ad
>関連記事!
中学受験,出願,種類,パターン
中学受験における出願の種類・パターンについて!
中学受験においては、1月10日の栄東などの埼玉受験を皮切りに、年が明けてから直ぐに、首都圏では本番受験がスタートします。そして、子供の受験勉強とは別に、本番受験に向けて親がやらなければならないことがあります。そう、それは「出願」です。ということで、今回は、主に出願の種類・パターンについて色々と述べたいと思います。 中学受験 21,514view
中学受験,出願,スケジュール表,管理
中学受験における出願スケジュールを管理しよう!
中学受験においては、第一志望校や併願校がまだ決めていない方もいると思いますが、実際に出願するかは別にして、受験を少しでも考えている学校の「出願方法や出願時期!」は、事前に把握し、「自分で出願スケジュールを管理!」しておく必要があります。そこで、今回は、中学受験における出願スケジュールの管理について色々と述べたいと思います。 中学受験 35,060view
中学受験,ダブル出願
中学受験におけるダブル出願について!
中学受験において、最終的な第一志望校や併願校が決まらずに「ダブル出願」する方も多くいます。うちも、併願校が決まらずに「ダブル出願」を考えた時期がありましたが、実際にはダブル出願はしていません。ということで、今回は、中学受験における「ダブル出願」について色々と述べたいと思います。 中学受験 24,897view
中学受験,miraicompass,インターネット,出願
「miraicompass」によるインターネット出願!
中学受験の出願や学校説明会の予約などにおいて、皆さんも少なくとも1度は、「miraicompass」というインターネットサービスを利用する機会があると思います。ということで、今回は、出願前の事前情報として「miraicompass」の概要について説明したいと思います。 中学受験 49,185view
中学受験,出願,早い方がいい
中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について!
中学受験においては、出願の時期になると、「出願は早い方がいい!」とよく言われており、そのようなことを耳にする機会も多くあります。そのような中で、「どうして早い方がいいの?」と思っている方もいると思います。そこで、今回は、中学受験において出願は早い方がいいと言われる理由について、うちの経験を踏まえて色々と説明します。 中学受験 10,655view