中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
14,211view

中学受験において募集人数に対する合格者数の比率はどれくらいか?

中学受験において募集人数に対する合格者数の比率はどれくらいか?
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、10月26日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと98日です!


はじめに


中学受験において、受験する学校の志願倍率や実質倍率は気になりますが、

募集人数に対する合格者数の比率!

つまり、

募集に対してどれくらい合格者がいるのか?

ということに関しては、気にしていないと思います。

※気にすることではないですが...

そこで!

今回は、中学受験において募集人数に対する合格者数の比率について説明します。




募集人数に対する合格者数について!


一応、補足しておきますが、

受験で皆さん気にする数値は、志願倍率、実質倍率であり、

・志願倍率 = 志願者数 ÷ 募集人数
・実質倍率 = 受験者数 ÷ 合格者数

で算出できます。

今回、僕がご紹介したいのは、募集人数に対する合格者数の比率、

・合格者率 = 合格者数 ÷ 募集人数

です。

※募集人数に対する合格者数の率を「合格者率」としています。

例えば、

募集人数が100名に対して150名の合格者を出した場合は、

150名(合格者数) ÷ 100名(募集人数) = 1.5倍

となり、100名の募集人数に対して1.5倍の合格者を出したことになります。


中学受験における募集人数に対する合格者数!


以下、中学受験において募集人数に対する合格者数の比率はどれくらいか?についてです。

今回、全学校の調査は無理なので、御三家、受験者数が日本一の学校、1月受験で最難関校である

[調査対象校]

の募集人数に対する合格者数を見ていきたいと思います。


御三家の合格者率!


まずは、男女御三家の合格者率についてです。


開成中学校


以下、「開成中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
300名
398名
1.33倍
2020
300名
397名
1.32倍
2019
300名
396名
1.32倍
2018
300名
388名
1.29倍
2017
300名
395名
1.32倍
平均
300名
395名
1.32倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

開成は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.32倍前後

の合格者を出しています。


麻布中学校


以下、「麻布中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
300名
377名
1.26倍
2020
300名
383名
1.28倍
2019
300名
376名
1.25倍
2018
300名
378名
1.26倍
2017
300名
382名
1.27倍
平均
300名
379名
1.26倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

麻布は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.26倍前後

の合格者を出しています。


武蔵中学校


以下、「武蔵中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
160名
183名
1.14倍
2020
160名
188名
1.18倍
2019
160名
186名
1.16倍
2018
160名
185名
1.16倍
2017
160名
187名
1.17倍
平均
160名
186名
1.16倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

武蔵は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.16倍前後

の合格者を出しています。


桜蔭中学校


以下、「桜蔭中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
235名
283名
1.20倍
2020
235名
283名
1.20倍
2019
235名
281名
1.20倍
2018
235名
280名
1.19倍
2017
235名
269名
1.14倍
平均
235名
279名
1.19倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

桜蔭は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.19倍前後

の合格者を出しています。

ちなみに、2020年度と2021年度の合格者数が同じとなっていますが、決して誤りではありません。


女子学院中学校


以下、「女子学院中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
240名
274名
1.14倍
2020
240名
274名
1.14倍
2019
240名
281名
1.17倍
2018
240名
275名
1.15倍
2017
240名
278名
1.16倍
平均
240名
276名
1.15倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

女子学院は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.15倍前後

の合格者を出しています。

ちなみに、2020年度と2021年度の合格者数が同じとなっていますが、決して誤りではありません。


雙葉中学校


以下、「雙葉中学校」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
100名
115名
1.15倍
2020
100名
118名
1.18倍
2019
100名
127名
1.27倍
2018
100名
120名
1.20倍
2017
100名
119名
1.19倍
平均
100名
120名
1.20倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

雙葉は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

1.20倍前後

の合格者を出しています。

ここまでは、あまり面白味がないですが、次に御三家以外(1月校)について見てみましょう!


御三家以外の合格者率!


次に、御三家以外の合格者率についてです。


栄東中学校(第1回(A日程))


以下、「栄東中学校(第1回(A日程))」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
140名
3,833名
27.38倍
2020
140名
3,913名
27.95倍
2019
140名
4,080名
29.14倍
2018
140名
3,994名
28.53倍
2017
140名
4,341名
31.01倍
平均
140名
4,032名
28.80倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

栄東(第1回(A日程))は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で、何と!

28.80倍前後

の合格者を出しています。

というか、そもそも140名の募集人数に対して、最近では毎年6,000名以上の受験生が受験し、約4,000名の合格者を出すってどういうこと?って感じですが...

ちなみに、

栄東(第1回(A日程))は、毎年、140名の募集人数に対して、約4,000名の合格者を出していますが、合格者全員が入学すると言った場合、どうなってしまうのか?と考えてしまうのは僕だけでしょうか?


渋谷教育学園幕張中学校(一次入試)


以下、「渋谷教育学園幕張中学校(一次入試)」の直近5年間の募集人数に対する合格者数の比率(合格者率)です。

年度
募集人数
合格者数
合格者率
2021
215名
682名
3.17倍
2020
215名
630名
2.93倍
2019
215名
751名
3.49倍
2018
215名
711名
3.31倍
2017
215名
724名
3.37倍
平均
215名
700名
3.25倍
※合格者率は小数第三位を四捨五入しています。

渋幕(一次入試)は、上記の数値からもわかるように、毎年、募集人数に対して、

平均で

3.25倍前後

の合格者を出しています。

渋幕(一次入試)については、2019年度入試までは、募集人数に対して約3.4倍程度の合格者を出していましたが、2020年度入試においては、「渋幕ショック」で、3.0倍を下回る合格者数までに一気に減っています。

[ご参考]

ただし、2021年度入試では、約3.2倍となり元に戻った感じとなっています。


合格者率のまとめ!


先で説明している合格者率をまとめると、


御三家の合格者率!


御三家の合格者率については、大体、

募集人数に対して1.2~1.3倍の合格者!

を出しており、受験者数の大幅な増減がない限りにおいては、毎年、

合格者数はある程度決まっている!

という点が特徴的です。


御三家以外の合格者率!


御三家以外の合格者率については、

併願校として受験する受験生が多い学校については、

募集人数に対する合格者数の比率である

合格者率は高くなる傾向!

にあり、逆に、第一志望校として人気が高い学校は低くなる傾向があります。

※当たり前ですが...

そういう意味では、

・一回受験校の合格者率は低くなる傾向!
・複数回受験校の合格者率は高くなる傾向!

にあるといった方が正しいです。

[ご参考]

また、募集人数よりも多くの合格者を出しているにもかかわらず、繰り上げ合格がある場合も多々あります。

[ご参考]


最後に


今回、中学受験において募集人数に対する合格者数の比率はどれくらいか?について色々と述べましたが、

合格者率が高いからどう、低いからこうということはないです。

へーそーなんだー

というレベルで、何かの参考になれば幸いです。

記事カテゴリー中学受験


読解力向上、時事問題対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

読売KODOMO新聞

は、週刊での発刊ということもあり、小学生でも無理なく読むことができ、

日々の生活における

読解力の向上!(国語、理科、社会)
時事問題対策!(社会)

に最適です。

image

また、

中学受験シーズン」には、受験業界大手の

四谷大塚」が監修で、毎週特集ページで教科ごとのポイントを重点的に解説しており、

実際の入試問題」を使ってわかりやすく解説するページなどもあります!

そして、何と!

月額550円(税込)!

とっ

コンビニ弁当1つくらいの良心的な価格です!

興味がある方はぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

うちも息子が受験のとき購読していました!

[ご参考]

また、

間もなく!

主要な塾から

2022年度中学入試に向けた時事問題テキスト!

が発刊されます!(ただいま予約受付中!)


ちなみに、上の2つ(SAPIX、栄光)はうちも使っていました!

こちらも、よろしければぜひ!

>関連記事!
中学受験,出願,受験しない
中学受験において出願して受験しない人はどれくらいいるのか?
中学受験に限った話ではありませんが、「出願したけど受験しなかった!」「出願したけど受験できなかった!」という人は毎年います。もちろん、色んな事情や理由はありますが、受験においては、「出願者数≠受験者数」です。そこで!今回は、中学受験において出願して受験しない人はどれくらいいるのか?について色々と述べたいと思います。
中学受験13,852view