中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
26,100view

中学受験について実は読んで欲しい記事5選!

中学受験について実は読んで欲しい記事5選!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


僕がこのブログ(受験ラッシュ!)を始めてから、200記事以上の記事を書いていますが、その中から中学受験について、実は読んで欲しい記事をご紹介したいと思います。

というのも、実は読んで欲しい記事に限ってアクセス数が少なかったりするので、この場を借りて、僕が実は読んで欲しいと思っている記事をご紹介します!


中学受験について実は読んで欲しい記事5選!


以下、中学受験について実は読んで欲しい記事です。

と言いますか、実は僕がこのブログ(受験ラッシュ!)で伝えたいことです。

※とりあえず主要な5つの記事をピックアップします。(他にも読んで欲しい記事はありますが...)


1.中学受験を成功させるには親のサポートが必要!


僕がご紹介したい一つ目の記事は下記の記事です。

[記事]
中学受験を成功させるには親のサポートが必要!

この記事は、中学受験に対して自分から何もしない、何も一人で出来ない息子を、家内がきめ細かに息子に指示を出しながら、コントロールしていたという記事です。

この記事で僕が伝えたいことは、記事のタイトルの通りで、中学受験を成功させるには、受験生である親がほとんどを占めているということです。

そのため、受験生である子供や塾に任せきりにしていても、合格を手にすることは出来ないということを伝えたいです。

ご参考までに、「中学受験は親が9割は本当だと思います。」の記事も併せてご覧ください。


2.中学受験において勉強量や予定をこなすことが目的になっていませんか?


僕がご紹介したい二つ目の記事は下記の記事です。

[記事]
中学受験において勉強量や予定をこなすことが目的になっていませんか?

この記事は、理解しないままに受験勉強を進めて、無理な受験勉強の予定をこなすこと自体が受験勉強の目的になっていないか?という内容の記事です。

この記事で僕が伝えたいことは、理解しないで次々に新しい問題をやったり、量だけこなす受験勉強は、無意味であり、時間の無駄であるということです。

そのため、ただこなすだけの受験勉強をしている場合は、受験生である子供のペースに合ったスケジュールで、何よりも理解して身につけていくことが重要であるということを伝えたいです。


3.中学受験における弱点の見つけ方!(自己分析の方法!)


僕がご紹介したい三つ目の記事は下記の記事です。

[記事]
中学受験における弱点の見つけ方!(自己分析の方法!)

この記事は、模擬試験などの結果で、自己分析を行い、自分のウイークポイントを見つけ出し、克服することの重要性について述べた記事です。

この記事で僕が伝えたいことは、模擬試験の結果が悪いからといって、落ち込んだり、志望校を見直しするのではなく、模擬試験の結果が戻ってきた後に、受験生である子供と一緒に、きちんと自己分析や振り返りの時間を確保し、冷静に自己分析を行い、本番受験までに対策すれば、合格が手に入るということを伝えたいです。


4.中学受験で試験問題を解くのに時間が足りない!


僕がご紹介したい四つ目の記事は下記の記事です。

[記事]
中学受験で試験問題を解くのに時間が足りない!

この記事は、僕の息子がいつも問題を解くのに時間が足りないと嘆いていたという内容の記事です。

この記事で僕が伝えたいことは、試験問題は、そもそも受験生全員が解けるようには作られていないということと、必ず解く問題と捨てる問題を見極めて、必ず解く問題(解ける問題)を確実に解くということが中学受験では重要であるということを伝えたいです。


5.中学受験におけるバイオリズムを見抜こう!


僕がご紹介したい五つ目の記事は下記の記事です。

[記事]
中学受験におけるバイオリズムを見抜こう!

この記事は、僕の息子の成績の浮き沈みが激しく、いつまでたっても安定しない時に、息子の浮き沈みの周期を僕が感じ取って、本番受験の時は上り調子であることを見抜き、見事に的中し、受験校全てに合格したという内容の記事です。

この記事で僕が伝えたいことは、本番受験前の模擬試験で、例え合格圏内であったとしても、本番受験の時は何が起こるかが分からないということです。

その逆で、本番受験前の模擬試験で、例え合格圏外だったとしても、うちのように合格することもあるということです。

そのため、受験勉強や模擬試験の成績だけではなく、違う観点からも受験生である子供を見るということも時には大切だということを伝えたいです。


最後に


今回、中学受験について、実は読んで欲しい記事を5つご紹介しましたが、共通して言えることは、

「中学受験において、遊び盛りのまだ小学生の子供を「合格」に導くのは親の役目である!」

ということです。

また、余談で恐縮ですが、本当に読んで欲しい記事や、時間をかけて書いた記事に限ってアクセス数が少なかったり、逆に、軽い感じでサクッと書いた記事に限ってアクセス数が多かったりと、ブログ記事って本当に先の動きが読めないです。

まるで僕の人生のようです...

同じように、中学受験も先が読めなく不安だらけですが...

記事を5つ紹介するだけで、長々と書いてしまいましたが、以上が、僕が実は読んで欲しい記事でした。

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-