中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
21,695view

中学受験において子供のモチベーション(やる気)を上げるには?

中学受験において子供のモチベーション(やる気)を上げるには?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


受験の年になっても、受験生である子供のやる気がない、自分から受験勉強しないなど、つまり、中学受験に対してモチベーションが上がらない、やる気がないと悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。

うちもそうでしたが...

ということで、今回は、中学受験における子供のモチベーション(やる気)について色々と述べたいと思います。


中学受験において子供のモチベーション(やる気)を上げるには?


以下、僕が考える中学受験におけるモチベーション(やる気)を上げる方法というか対策です。

いやっ、心得です。


子供は自分から勉強しないのは当たり前!


以前、「中学受験なのに子供が勉強しない!勉強させる方法は?」という記事でも述べていますが、受験生であるにもかかわらず、子供は基本的には自分から勉強しません。(自分から勉強する子は別ですが...)

それもそのはず、だって、まだ遊びたい盛りの小学生ですよ!

逆に、自分から勉強する小学生って、どうやったら育つのでしょうか?(誰か教えてください...)

ということで、以下、例え受験生であっても、子供は基本的に自分から勉強しないということを前提に述べます。


中学受験の目的/目標を持たせる!


言葉で言うのは簡単ですが、中学受験の目的や目標を持たせることで、受験生である子供のモチベーションを上げることができます。

なぜ中学受験する必要があるのか?

何のために中学受験するのか?

という

「目的」や「目標」

を持たせることです。

その目的や目標は何でもいいと僕は思っています。

そもそもですが、中学受験して目指している学校があると思いますが、正直、その学校のことは、実際に入学してみないと誰にも分かりません。

早い話が、目指している学校には「きっとこんないいことがあるはず」、「きっと自分の子供に合っているはず」というような、想定でしかないです。

そのため、何のためにその学校を目指すのか?などは、なおさら小学生の子供には分かりません。

ということで、しつこいようですが、本当に中学受験する目的や目標は何でもいいと思っています。

例えば、いい中高一貫校に入学して、いい大学を卒業して、官僚になって天下りするとか、たわいもない目的や目標でもいいと思います。(小学生が言うことではないですが...)

そのため、子供には、中学受験するという何かしらのきっかけがあれば良いと僕は思います。

というか、そもそも、子供から中学受験したいと言った場合は別ですが、ほとんどの場合は、最初に中学受験すること(正確には中学受験させること)を決めたのは、親がトリガー(きっかけ)になっていることが多いと思います。

そのため、受験生である子供には、中学受験する目的や目標を持たせて上げることが、親としての最初の仕事と言っても過言ではありません。


何よりも受験生の親のモチベーション維持が重要!


先に述べたように、受験生である子供の中学受験に対するモチベーションを上げたり、維持するのは親の仕事です。

しかし、受験生である子供の中学受験に対するモチベーションを上げたり、維持するためには、何よりも受験生である親のモチベーションの維持が重要です。

これが意外にも大変かもしれませんが...いやっ、大変です。

以前、「中学受験は親が9割は本当だと思います。」という記事でも述べていますが、親は中学受験をコントロールする、コントロールタワーです。

そんな親のモチベーションが下がっていたら、受験生である子供のモチベーションも下がってしまいます。

そのため、親は何が何でも、受験に対するモチベーションを下げたり、モチベーションが下がった様子を、子供に見せてはいけません。

※もちろん、中学受験に対して色んな悩みや葛藤があると思いますが...


ご参考!(おすすめ!)


ご参考までに、おすすめしますが、僕が開発した、

志望校の「合格垂れ幕」作成ツール!

で、「○○○合格」のような合格垂れ幕を作り、勉強部屋やリビングなど、常に受験生である子供や親の目に入る場所に貼っておくこともモチベーションアップにはとても有効です。

先の記事でも述べていますが、うちはもちろん「麻布合格」の合格垂れ幕を貼ってモチベーションアップしていました。

よろしければ、皆さんも是非!ご利用ください!


最後に


僕の経験からは、小学校6年生になっても、受験生である子供の中学受験に対するモチベーションは最初は基本的には低いです。

いやっ、かなり低いです。

一言で言うと、小学校6年生になっても、はじめは小学校5年生からの延長のような感じです。(多分、夏まではこのような感じだと思います...)

※うちも、息子が小学校6年生になった時は、「本当に受験生?」と思うような時が多々ありました。

しかし、本番受験が近づいてくると、受験生である子供のモチベーションは自然と上がってきます。

うちの息子の場合は、ちょうど、模擬試験が多く実施される秋くらいから中学受験に対するモチベーションが上がってきたように感じます。

特に、「中学受験における最後の模試「合不合判定テスト」は過去最悪の結果!」という記事でも述べているように、受験生である子供が、本当にヤバい!悔しい!と思うことでもモチベーションはかなり上がります。

これが早いか遅いかは別にして、中学受験に対するモチベーションを上げたり、維持するためには、中学受験に対する目的意識や目標を持たせることが重要で、親にも同じことが言えます。

最後に、長文にもかかわらず、まとまりのない文章ですみませんでした...

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-

>関連記事!
中学受験,やる気スイッチ
中学受験において「やる気スイッチ」が入るタイミングは?
中学受験において、受験生である子供の「やる気スイッチ」が入らないと悩んでいる方も多いと思います。(実際、うちは悩んでいました...)しかし、どんな受験生であれ、いつかは「やる気スイッチ」が入るというのが僕の考えであり、それがいつのタイミングなのか?ということだけだと思います。
中学受験24,364view