MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!
6,037view

中高一貫校のメリットとデメリットは何か?

中高一貫校のメリットとデメリットは何か?|受験ラッシュ!

はじめに


公立の中学校ではなく、中高一貫校に入れることには、それなりの理由もあり、私立、公立問わず、中高一貫校ならではのメリットやデメリットもあります。

そこで、今回は、僕が考える中高一貫校のメリットとデメリットについて述べたいと思います。


中高一貫校のメリットとデメリットは何か?


以下、僕が考える中高一貫校のメリットとデメリットです。


中高一貫校のメリット!
以前というかこのブログを開始した時に、「中学受験させた経緯と目的」という記事でも述べていますが、僕が考える中高一貫校のメリットは、大きくは以下の3つです。


1.より良い環境で教育を受けることができる!
中高一貫校は、ご存知の通りに中学、高校が一緒、生徒数も基本的には多いということもあり、学校施設が充実している学校が多くあります。

特に、私立の中高一貫校では、図書館の本の貯蔵数も多くあり、学校施設一つとっても、環境的には恵まれています。

また、中学受験を経験して、同じようなレベルの子供達が入学しているということもありますが、皆んな、色んな所から色んな人が集まってきています。

そのため、慣れ親しんだ小学校の友達ではなく、中高一貫校では中学から多くの新しい人と接することが出来るため、人に対する見聞が広がると考えています。


2.より良い教育を受けることができる!
中高一貫校では、その名の通りに、中学、高校の学習内容を、一貫して行います。

つまり、中高一貫校の場合は、同じ学校で同じ学校の教育方針のため、一貫性のある教育を受けることが出来ます。

特に、「シラバス」がある中高一貫校の場合は、中高を通した学習計画、学習熟度に沿った教育を受けることが出来ます。


3.大学受験を見据えることができる!
やはり、中高一貫校の場合は、高校受験がないということもあり、早い段階から大学受験を見据えています。

というか、早い段階から大学受験に向けた対策をすることが出来ます。

正直、僕は、息子を中高一貫校に入れるまでは、大学受験なんてかなり先の話と思っていましたが、やはり、高校受験がないため、どうしても次の受験である大学受験を考えてしまいます。

実際、大学受験を見据えて、中学一年生から鉄緑会などの塾に通う生徒も多いです。


中高一貫校のデメリット!
正直、中高一貫校に入れるデメリットは、あまり感じていませんが、あえて言うと以下の通りです。


1.通学時間が長い!
もちろん人にもよりますが、自宅近くの中学校に比べると、中高一貫校の場合は、それなりに通学に時間がかかります。

中には1時間以上の通学時間をかけて通っている生徒もいますが、やはり、通学時間は中高一貫校に入学するデメリットの一つかと思います。


2.大学受験までの期間が長い!
先で述べた大学受験を見据えることができるというメリットの裏返しですが、早い段階で大学受験を見据えることができるというメリットがある一方で、中学に入学してから大学受験まで6年間というスパンというか期間が長いです。

中高一貫校以外の場合は、高校受験、大学受験と3年スパンとなり、本番受験や受験勉強という観点では、集中して勉強する期間というか、受験というメリハリが2回ありますが、中高一貫校の場合は、大学受験しかないため、集中して勉強する期間は1回しかなくなります。

そのため、言葉がわるいかもしれませんが、中高一貫校の場合は、大学受験に向けては、ちょっとマイペース気味かもしれません。


最後に


今回、中高一貫校のメリットとデメリットについて僕の意見を述べましたが、他にも色んなメリットやデメリットがあるかと思います。

特に私立の中高一貫校ともなれば、それなりの費用もかかりますし、公立、私立問わず、中高一貫校に入学するまでの塾代などの費用もそれなりにかかります。

いずれにせよ、僕としては、中高一貫校はメリットの方が多いと考えています。

皆さんはどうでしょうか?
■最新記事
中学受験,学校別,サピックスオープン,結果
「学校別サピックスオープン」の結果で志望校は変えるべきか?
SAPIXが主催する「学校別サピックスオープン」という模擬試験があり、これまでも何度か実施されています。また、御三家をはじめとする超難関校を受験予定の受験生で、この模擬試験を受けている受験生も多くいます。そして、この模擬試験の結果で、志望校を変えることを考える方も多くいるかと思います。 中学受験 NEW7,312view
中学受験,志願者数,多い,学校
中学受験において志願者数が多い首都圏の学校!
栄東が志願者数、受験者数ともに日本一であることは皆さんご存知だと思いますが、その他の学校の志願者数については、意外に知らない方も多いのではないかと思います。そこで、今回は、首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の中学受験において、志願者数が多い学校をご紹介したいと思います。 中学受験 NEW1,560view
中学受験,東京,出願開始期日
中学受験において東京の出願開始期日が早まることについて!
中学受験において、2019年度から東京の私立中学校の出願開始期日が、これまでの1月20日から1月10日に10日ほど早まります。そこで、今回は、出願開始期日が早まることについて、僕の勝手な意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW1,489view
中学受験,模擬試験,志望校,選び方
中学受験における模擬試験での志望校(判定校)の選び方!
まだ第一志望校や併願校を決められずにいる方も多いかと思います。そんな中で、この時期に模擬試験を受ける際に、合不合判定のために、志望校を10校程度まで決めて模擬試験を受ける機会が多くあり、頭を悩ませます。そこで、今回は中学受験での模擬試験における志望校の選び方について述べたいと思います。 中学受験 5,443view
中学受験,解禁日
中学受験における入試の解禁日について!
中学受験において、私立中学校(中高一貫校含め)の入試には解禁日があることをご存知の方も多いと思います。そこで疑問なのは、いつ、誰が、何のために入試に解禁日を決めたのか?ということです。ということで、今回は、首都圏の私立中学校を中心に入試解禁日について色々と述べたいと思います。(関西圏についても少し述べています。) 中学受験 2,100view
中学受験,小学校,宿題
中学受験における小学校の宿題について!
中学受験の真っ只中で、塾の宿題や小学校の宿題に追われている方も多いと思います。特に、塾の宿題を優先して、小学校の宿題をする時間がなかったり、小学校の宿題は無意味と考えている方もいるかと思います。そこで、今回は、中学受験における小学校の宿題について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。 中学受験 2,588view
受験ラッシュ,復活
このブログ「受験ラッシュ!」に復活の兆しが見えてきた!
こんにちは、受験ラッシュの管理人です。(誰?)約3ヶ月前に「このブログ「受験ラッシュ!」の近況報告!」という記事で、URL変更後(ドメイン変更後)、アクセス数が激減している旨の近況報告をしましたが、ようやく、復活の兆しが見えてきました!ということで、今回は、前回の記事からの近況報告(第2弾)をしたいと思います! その他 2,098view
中学受験,秋からの勉強法
中学受験における秋からの勉強法!
まもなく夏休みも終わり、小学校も始まり、いよいよ秋になります。夏休みまでは、基本演習から応用演習などにも一通り取り組んだかと思いますが、秋からは本番受験に向けて追い込みをかける時期です。と言うよりも、本番受験まで半年もありません!ということで、今回は、本番受験に向けた秋からの勉強法について述べたいと思います。 中学受験 7,208view
中学受験,御三家,平均偏差値
中学受験における男女御三家の平均偏差値を求めてみました!
中学受験において、各学校の偏差値が塾によって違うことは仕方がないことですが、どこの塾を基準にしていいのか?を悩むことが多々あります。そこで、今回は、男女御三家の各塾の偏差値から平均的な偏差値を求めてみました! 中学受験 2,900view
中学受験,大学付属中学校,メリット,デメリット
中学受験における大学付属中学校のメリットとデメリット!
先日、「中学受験における大学付属中学校が人気の理由!」という記事を書きましたが、大学付属校にはメリットもあればデメリットもあります。そこで!今回は、中学受験における大学付属中学校のメリットとデメリットについて、僕なりの考えを色々と述べたいと思います。 中学受験 2,859view
■カテゴリー/タグ
■おすすめコンテンツ
■私立中学校一覧
■特集
■受験記

■ご意見・ご感想について
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact