中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
16,605view

中学受験でも小学校に行くことの大切さ!

中学受験でも小学校に行くことの大切さ!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


受験生である子供が、本番受験の年である小学校6年生にもなると、小学校での授業内容は、既に塾や受験勉強で学習した内容となってしまい、どうしても小学校に行っても消化試合的な扱いになってしまうと思います。

特に、本番受験が近づくにつれて、受験生である子供にも親にも、そのような感覚が増してきます。(皆さんも同じかと...)

ということで、今回は、たとえ中学受験であろうと、小学校に行くことの大切さについて、色々と僕の考えを述べたいと思います。


中学受験でも小学校に行くことの大切さ!


以下、中学受験でも小学校に行くことの大切さについての僕の考えです。(あくまでも個人の感想です。)


小学校の時間を受験勉強に使えれば!


正直なところ、受験生の親としては、受験生である子供が小学校に行っている時間を、受験勉強に使えればいいのに?と思う時があると思います。

うちも、本音を言うと 、小学校には行かせないで、家で受験勉強させていた方が良いと思う時期がありました。

毎日、6時間から7時間くらいの時間を小学校で過ごしますが、その時間を受験勉強に使えればと...

特に、本番受験が近づいてくる秋から冬にかけては、そのような思いが増してきます。

しかし、さすがに親として義務教育を放棄してまで中学受験させることは出来ません。

いずれにせよ、葛藤とまでにはいかないまでも、そのような思いは誰にでもあると思います。


小学校の授業は中学受験のための基本の復習!


そこで、うちは、考え方を変えて、小学校の授業は、「中学受験のための基本の復習」という位置づけで、小学校では中学受験に向けた受験勉強のつもりで勉強させることにしました。

息子がよく、

「学校の勉強、簡単すぎて時間の無駄だよ!」

「学校に行ってる時間が無駄!」

「小学校は邪魔!」

と言う時期がありましたが、

家内も僕も、

「学校の授業は基本の復習のつもりで授業を受けなさい!」

「学校の授業も立派な受験勉強だよ!」

と言い続けました。

しばらく言い続けると、息子にもその意図が伝わった模様で、それ以降は「学校に行くことは無駄!」というようなことを言わなくなりました。

※受験科目(国算社理)以外は無駄とは言われましたが...


中学受験における小学校は息抜きの場/時間!


言葉が悪いかもしれませんが、受験生である子供の中学受験において、小学校は、日頃の受験勉強における「息抜きの場」であり「息抜きの時間」と捉えることも出来ます。

毎日、塾や受験勉強に追われる生活を送っていると、どうしても心が休まる場というものが必要になります。

例えば、友達と話したり、遊んだりと...

これは、受験生である子供に限った話ではありませんが、そのような場や時間があって初めて受験勉強にメリハリが付いてくると思います。(これは大人にも言えることですよね!)


たとえ中学受験でも小学校を疎かにしない!


塾の授業もそうですが、やはり、小学校の授業や、小学校という場や、小学校での時間というものがあって初めて、塾の授業や受験勉強が成り立つのかなと、僕は思います。

そして、小学校を疎かにしないことで、初めて中学受験というものが存在するのかもしれないとも考えています。

逆に、小学校の授業、小学校での時間を有効活用するくらいに考えて、中学受験した方が良いと考えています。

といことで、たとえ、中学受験だとしても、

「小学校を疎かにしない!」

ということは、中学受験において基本中の基本であると考えます。


限られた時間をどう過ごすかが重要!


中学受験における「すきま時間」の活用法!」という記事でも述べていますが、中学受験で合格を手に入れるには、小学校の時間以外の限られた時間をどう過ごすかが重要であると思います。

自分の子供だけではなく、他の受験生も小学校に行っているという点においては、条件は同じであり、やはり、条件が違う小学校以外の時間の使い方が中学受験ではポイントになります。


最後に


今回、「中学受験でも小学校に行くことの大切さ!」と題して、「小学校を疎かにしない!」と述べておきならが恐縮ですが、「中学受験のために小学校は休むべきか?」という記事でも述べている通りに、うちの場合は、本番受験直前は、インフルエンザ対策のために、1月中旬から2週間ちょっと小学校を休ませましたが、それ以外は、基本的には小学校には行かせていました。

もちろん、本番受験前に休ませていた理由は、インフルエンザ対策が一番の理由ですが、受験勉強という理由も、もちろんあります。

※この辺りの詳細は、「中学受験におけるインフルエンザ予防・対策について!」という記事に書いてあるので、併せてご覧ください。

皆さんのお子さんも同じだと思いますが、僕の息子の場合、平日は基本的に、小学校→塾→家の繰り返しで、夜寝ている時間を除くと、小学校に行っている時間が一番長いんですよね。

いずれにせよ、たとえ中学受験であっても、その小学校での時間を有意義に過ごしてもらいたいです!

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-