中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
18,161view

中学受験における小学校の宿題について!

中学受験における小学校の宿題について!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験の真っ只中で、塾の宿題や小学校の宿題に追われている方も多いと思います。

受験生の親も本人も、「中学受験があるから、学校の宿題はあまり出してほしくない!」というのが本音ですかね!

特に、塾の宿題を優先して、小学校の宿題をする時間がなかったり、小学校の宿題は無意味と考えている方も多いと思います。

そこで、今回は、中学受験における小学校の宿題について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。


中学受験における小学校の宿題について!


以下、中学受験における小学校の宿題についてです。


その前に!


中学受験でも小学校に行くことの大切さ!」という記事でも述べていますが、例え中学受験でも、

「小学校を疎かにしない!、小学校の勉強を疎かにしない!」

というのがうちの基本的なポリシーでした。

ただし!

もちろんですが、休日に、授業参観・学校公開などの小学校の行事と、塾の授業や模擬試験が重なった場合や、本番受験直前には小学校を休ませたことはあります。

また、小学校の宿題についても基本的には受験生である子供がやっていました。(やらせていたが正解?)

あくまでも基本的にはですが...

というのも、宿題の科目によっては力の入れ方を変えていたというのが本音です。

ということで、以下、科目別に宿題をどうしていたか?について色々と述べたいと思います。


国語


小学校の国語の宿題で代表的なものは、漢字の書き取り、音読などです。

国語の宿題は、ある意味、中学受験にも直結するので、うちは基本的には受験生である息子がやっていました。

例えば、漢字の書き取りは、もちろん、受験勉強の方が先行しているため、受験生である子供には、簡単な宿題という場合もありますが、受験勉強における基本演習のつもりでやっていました。


算数


小学校の算数の宿題で代表的なものは、やはり計算演習というか計算ドリルなどです。

算数の宿題も国語と同様に中学受験に直結するため、基本的には受験生である息子がやっていました。

また、算数も同様に、受験勉強の方が先行しているということと、うちの息子は算数が4科目の中では得意な方だったということもありますが、基本演習のつもりでやっていました。


理科


うちの息子が通っていた小学校では、理科の宿題が頻繁に出された覚えはありませんが、なんかプリント見たいな問題を解いていたのを見たことがある程度です。

いずれにせよ、理科の宿題も中学受験に直結するため、基本的には受験生である息子がやっていました。


社会


社会の宿題も、うちの息子が通っていた小学校では、あまり出された覚えはないですが、なんかを調べるような宿題(地元の特産品や地元の歴史を調べるなど...)が出されていた覚えがあります。

社会の宿題も理科と同様に、中学受験に直結するため、基本的には受験生である息子がやっていました。

がっ!

本などを見て調べるようなことはせずに、短時間で宿題を終わらせるために、電子辞書やGoogle先生の力を借りていたのを覚えています...


図工


図工の宿題もよく出されることが多いと思います。

特に、授業中に出来なかった残りを自宅で作るような宿題です。

正直、図工の宿題は、中学受験にはあまり直結しないため、力を入れていないというのが本音です。

ここだけの話ですが、中学受験に直結しない図工の宿題などは、息子が塾に行っている間に家内がやっていました...


生活(家庭科)


生活(家庭科)の宿題もよく出されることがあります。

特に縫い物の宿題で、雑巾を縫ったり、小物を縫ったりする宿題です。

これも図工の宿題と同様に、中学受験には直結しないため、あまり力を入れていないというか、これも同様に、ここだけの話ですが、中学受験に直結しない生活(家庭科)の宿題などは、息子が塾に行っている間に家内がやっていました...


音楽


中学受験に直結しない音楽の宿題もよく出されることが多いと思います。(宿題というか、楽器の練習というか...)

正直、これがクセ者で、楽器の練習は本人でないと出来ない!ため、受験生である息子がやっていました。

というか、家内が変わることは出来ないです...


まとめ!


上記で述べたように、うちの場合は、中学受験に直結する国語、算数、理科、社会は受験生である息子が行い、それ以外の宿題については、基本的に家内がやっていたというのが実態です。(もちろん、宿題によっては息子がやる場合もありました。)

また、学校の宿題は、息子が小学校から帰って来て、塾に行くまでの間に、時間をかけずに短時間で終わらせていました。


最後に


うちの息子が通っていた小学校は、基本的にはあまり宿題の量は多くはなかったということもありますが、学校によっては宿題の量が多い学校もある模様です。

皆さん、中学受験で塾に通っている(通わせている)方は、「小学校の宿題はいらない!」というのが本音だと思いますが、受験勉強の一貫として取り組むことが大切ですね!

最後に、こんな僕というか我が家が言うのも変ですが、

小学校の勉強を疎かにしない!

というのが基本でした!(国語、算数、理科、社会は...)

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-