中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
26,755view

中学受験は諦めないで目指し続けることが大切!(諦めた時点で終わり!)

中学受験は諦めないで目指し続けることが大切!(諦めた時点で終わり!)
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月3日(日)です。

2月1日の本番受験まで、あと213日です!

はじめに


中学受験を控えている方の中には、

どこの中学校を目指すか?

で悩む方も多いと思います。

そのような中で、

御三家なんて無理と諦めている方!

も多いと思います。

うちも、

最初は御三家は無理と思っていましたが、

ずっと御三家を目指していました!

そこで!

今回は、うちが御三家を目指したことについて、色々と述べたいと思います。



中学受験は諦めないことが大切!


ぶっちゃけた話、

せっかく中学受験するなら、

望みは高く御三家に入れたい!

と思っている親御さんも多いと思います。

[ご参考]

あくまでも、僕の考えですが、

やはり、

最初から御三家は無理と諦めずに、

目標は高い方がよい!

と考えています。

まさに、

うちは、

せっかく中学受験するなら、

御三家を目指そう!

ということで、御三家を目指しました。

そして、具体的に目指したのは、以下のとおりです。


最初に目指したのは武蔵中学校!


小学5年生のとき、

うちの息子が(どちらかというと僕と家内が)最初に目指したのは、


でした。

うちが最初に武蔵を目指した理由は、

もともと、

開成、麻布なんて無理!

と思っており、

というか、

最初からそもそも眼中にない!

ということもあり、

武蔵は、

単純に御三家の中で一番入りやすそう!

と思っただけです。

武蔵中学校というと、

算数の入試問題は手書きで書かれているという特殊な問題で、最終的な答えだけではなく、その答えに至ったプロセスや途中の計算式なども重視している(得点にもなるらしい)という特徴があったため、

武蔵中学校を目指していた小学5年生のときは、書かせる算数を重点的に勉強させていました。


次に目指したのは開成中学校!


武蔵中学校の次に目指したのは、


でした。(すみません、血迷いました...)

理由は、

単純に、

どうせ目指すなら一番上を目指したい!

という理由と、

ちょうどこの頃、

たまたま成績が上がり始めていた!

という理由です。

また、

小学6年生の早い段階に最終的に目指す学校を決めたいという思いもありました。

しかし、

さすがに偏差値が開成レベルまでに届くとは思えなかったことと、息子が開成は男気があってちょっと...

ということで開成は諦めることにしました。

※息子も偉そうに言ってますが、そもそも学力の問題です...(スミマセン)


最終的に目指したのは麻布中学校!


そして、

最終的に目指したのは、


です。

色々と迷いましたが、

最終的には家族全員の意見で、麻布を目指すことで落ち着きました。

息子も、文化祭などに行き、麻布の自由な校風が気に入った模様で、

息子も家内も僕も最終的に麻布を目指すことで意見が一致しました。

[ご参考]

もう、本番受験まで1年を切った5月くらいの話でした...

僕も、麻布の自由な校風が気に入り、

この学校なら息子にも合うかな?

と感じました。

ただし、

麻布を目指すと決めた時点では、

正直なところ、

今の成績では絶体に無理!

な状況で、

合格するには程遠い夢物語!

という状況でした。

ただ、

麻布を目指すと決めたからには、

最後まで目指そう!

という気持ちだけは家族で一致していました。

※実際に麻布を受験して、合格するまでには本当に色々とありましたが...


目指すプロセスが重要!


御三家や難関校を目指すことに限った話ではありませんが、

僕の考えでは、

最初は、

目指す学校 = 第一志望校

である必要は全くなく、

目指す学校を第一志望校に近づけていくという

プロセスが重要!

だと考えています。

すなわち、

どうしたら合格することができるのか?

ということを考えながら、

常にPDCAを回しながら進めていくこと!

が重要なのかもしれません。

もっというと、

目指す学校を第一志望校に近づけていくという

プロセスそのものが中学受験!

なのかもしれません。

そのため、

中学受験で御三家をはじめとする超難関校や難関校は誰でも目指せると考えています。

逆にいうと、

最初から諦めないで上を目指して欲しい!

と思っています。

また、

色んな意見があるとは思いますが、

中学受験は、

6年生になってからの1年間が勝負!

です。

うちの息子の場合(うちの場合)、本番受験まで1年を切った5月くらいに、御三家である麻布を目指すと決めてから、本格的な受験勉強を開始したようなもので、

実際、

こうして、

麻布をはじめ受験校全てに合格!

することができています。

[ご参考]
入試日
学校
結果
1月10日
栄東中学校(A日程)
合格
1月12日
栄東中学校(東大特待クラス)
合格
1月22日
渋谷教育学園幕張中学校(一次入試)
合格
2月1日
麻布中学校
合格
2月2日
本郷中学校(第2回)
合格
2月3日
浅野中学校
合格

これから中学受験の方には、早い段階で目指す学校を決めて、

その学校を

第一志望校に近づけていくこと!

をおすすめします。


最後に


今回、中学受験は諦めないで目指し続けることが大切ということについて、うちの経験を踏まえて色々と述べましたが、

御三家に限らず、最初から無理と考えている学校がある場合は、実際に受験するかは別にして、

諦めずに目指し続けることが大切である!

と僕は思います。

やはり、

諦めた時点で終わり!

ですからね!

[ご参考]

特に、受験生である子供はもちろんのこと、

何よりも

親が諦めた時点で終わってしまいます!

そして、

たとえ高望みだとしても、目指す権利は誰にでもあります。

以上、偉そうなことを長々と語ってしまいましたが、

諦めないで目指し続けることで

可能性は誰にでもある!

ということを伝えたいです。

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

image

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-