中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
9,892view

【中学受験】海城の倍率、受験率をまとめてみました!

【中学受験】海城の倍率、受験率をまとめてみました!
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、5月27日(金)です。

2月1日の本番受験まで、あと250日です!
image
読解力向上、時事問題対策に!
読売KODOMO新聞は、週刊のため無理なく読め、日々の読解力向上時事問題対策に最適です。中学受験シーズンには四谷大塚が監修の教科ごとのポイントを解説した特集ページもあります。

-詳しくはこちら-

はじめに


中学受験を控えている方の中には、

男子新御三家である

海城中学校

を目指している方も多いと思います。

そのような中で、海城中学校の

倍率、受験率!

は、やはり気になりますよね!

そこで、

今回は、中学受験における「海城中学校」の倍率、受験率について、まとめましたのでご紹介します!




中学受験における倍率について!


中学受験だけの話ではありませんが、

受験における「倍率」には、

大きくは、

志願倍率
実質倍率

の2つがあります。

「海城中学校」の志願倍率と実質倍率をご紹介する前に、念のため、志願倍率と実質倍率の説明を以下に示します。

※「そのくらい知っとるわい!」という方は、読み飛ばしてください。


志願倍率とは?


志願倍率は、募集人数に対して、どれくらいの人が志願したのか?の倍率となり、志願者数を募集人数で割った倍率となります。

[例]
300人の募集人数に対して、志願者数が1,200人の場合は、

1,200 ÷ 300 = 4.0 となり

志願倍率は4.0倍となります。


実質倍率とは?


実質倍率は、実際に受験した人数を合格者数で割った倍率、つまり、実際の倍率となります。

[例]
1,200人の受験者数に対して、合格者数が400人の場合は、

1,200 ÷ 400 = 3.0 となり

実質倍率は3.0倍となります。


今回は、「海城中学校」の志願倍率と実質倍率の両方をまとめてご紹介します。


「海城中学校」の倍率、受験率!


前振りが長くなってしまいましたが、

次から「海城中学校」の志願倍率、実質倍率、あとは、ご参考までに受験率についてもご紹介します。

※志願倍率、実質倍率に関する記事は多くありますが、受験率まで算出している記事はあまりないため、意外にこの記事のポイントかもです!


志願倍率


以下、「海城中学校」の志願倍率となります。


●一般入試①


年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
145名
545名
3.8倍
2021
145名
552名
3.8倍
2020
145名
539名
3.7倍
2019
145名
508名
3.5倍
2018
145名
463名
3.2倍
2017
145名
470名
3.2倍
2016
145名
513名
3.5倍
2015
145名
461名
3.2倍
平 均
145名
506名
3.5倍
※志願倍率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試①)」の2015年度~2022年度の志願倍率としては、

3.2倍~3.8倍となっています。

2022年度と前年(2021年度)の志願倍率を比較してみると、

志願者数については、前年から7名減り545名となっており、

志願倍率についても、前年と同じく、

3.8倍となっています。

2015年度~2022年度の8年間の志願倍率の平均としては、

3.5倍となっており、

募集人数一人に対して、3.5名の志願者がいるという結果になっています。


●一般入試②


年度
募集人数
志願者数
志願倍率
2022
145名
1,315名
9.1倍
2021
145名
1,277名
8.8倍
2020
145名
1,276名
8.8倍
2019
145名
1,218名
8.4倍
2018
145名
1,094名
7.5倍
2017
145名
1,133名
7.8倍
2016
145名
1,230名
8.5倍
2015
145名
1,150名
7.9倍
平 均
145名
1,212名
8.4倍
※志願倍率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試②)」の2015年度~2022年度の志願倍率としては、

7.5倍~9.1倍となっています。

2022年度と前年(2021年度)の志願倍率を比較してみると、

志願者数については、前年から38名増え1,315名となっており、

志願倍率については、前年から0.3倍増え、

9.1倍となっています。

2015年度~2022年度の8年間の志願倍率の平均としては、

8.4倍となっており、

募集人数一人に対して、8.4名の志願者がいるという結果になっています。


実質倍率


以下、「海城中学校」の実質倍率となります。


●一般入試①


年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
489名
163名
3.0倍
2021
481名
165名
2.9倍
2020
472名
167名
2.8倍
2019
457名
162名
2.8倍
2018
437名
164名
2.7倍
2017
428名
170名
2.5倍
2016
468名
162名
2.9倍
2015
434名
161名
2.7倍
平 均
458名
164名
2.8倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試①)」の2015年度~2022年度の実質倍率としては、

2.5倍~3.0倍となっています。

2022年度と前年(2021年度)の実質倍率を比較してみると、

受験者数については、前年から8名増え489名となっており、

合格者数については、前年から2名減り163名となっており、

実質倍率については、前年から0.1倍増え、

3.0倍となっています。

2015年度~2022年度の8年間の実質倍率の平均としては、

2.8倍となっており、

受験者2.8名に一人の割合で合格しているという結果になっています。


●一般入試②


年度
受験者数
合格者数
実質倍率
2022
1,006名
305名
3.3倍
2021
957名
294名
3.3倍
2020
921名
290名
3.2倍
2019
882名
290名
3.0倍
2018
769名
292名
2.6倍
2017
803名
297名
2.7倍
2016
861名
291名
3.0倍
2015
831名
300名
2.8倍
平 均
879名
295名
3.0倍
※実質倍率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試②)」の2015年度~2022年度の実質倍率としては、

2.6倍~3.3倍となっています。

2022年度と前年(2021年度)の実質倍率を比較してみると、

受験者数については、前年から49名増え1,006名となっており、

合格者数については、前年から11名増え305名となっており、

実質倍率についても、前年と同じく、

3.3倍となっています。

2015年度~2022年度の8年間の実質倍率の平均としては、

3.0倍となっており、

受験者3.0名に一人の割合で合格しているという結果になっています。


受験率


ご参考までに、以下、「海城中学校」の志願者数に対する受験率、つまり、志願者のうち実際、どれくらいの人が受験したのかの割合となります。

※受験率 = 受験者数 ÷ 志願者数 × 100


●一般入試①


年度
志願者数
受験者数
受験率
2022
545名
489名
89.7%
2021
552名
481名
87.1%
2020
539名
472名
87.6%
2019
508名
457名
90.0%
2018
463名
437名
94.4%
2017
470名
428名
91.1%
2016
513名
468名
91.2%
2015
461名
434名
94.1%
平 均
506名
458名
90.5%
※受験率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試①)」の2015年度~2022年度の受験率としては、

87.1%~94.4%となっています。

2022年度と前年(2021年度)の受験率を比較してみると、

前年から2.6%増え、

89.7%となっています。

2015年度~2022年度の8年間の受験率の平均としては、

90.5%となっており、

毎年、志願者の約90.5%が受験しているという結果になっています。


●一般入試②


年度
志願者数
受験者数
受験率
2022
1,315名
1,006名
76.5%
2021
1,277名
957名
74.9%
2020
1,276名
921名
72.2%
2019
1,218名
882名
72.4%
2018
1,094名
769名
70.3%
2017
1,133名
803名
70.9%
2016
1,230名
861名
70.0%
2015
1,150名
831名
72.3%
平 均
1,212名
879名
72.5%
※受験率は小数第二位を四捨五入しています。

中学受験における「海城中学校(一般入試②)」の2015年度~2022年度の受験率としては、

70.0%~76.5%となっています。

2022年度と前年(2021年度)の受験率を比較してみると、

前年から1.6%増え、

76.5%となっています。

2015年度~2022年度の8年間の受験率の平均としては、

72.5%となっており、

毎年、志願者の約72.5%が受験しているという結果になっています。


最後に


今回、中学受験における「海城中学校」の志願倍率、実質倍率、受験率について、色々とご紹介しましたが、

数値からもわかるように「海城中学校」は、毎年、募集人数に対して志願者、受験者も多く、人気校であるということがわかると思います。

いずれにせよ、この記事、

「海城中学校」が気になっている方、目指している方の参考になれば幸いです。

記事カテゴリー入試結果データ


四谷大塚の名物先生の授業を自宅で!


新小学1年生〜新小学6年生の保護者の方!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

知ってましたか?


は、中学受験塾大手である

四谷大塚

の選りすぐられた精鋭の名物先生の授業が

自宅で受けられるオンライン学校!

です。

image

もちろん、

オンラインなので、自宅近くに四谷大塚がないという全国の方も、

四谷大塚」の

わかりやすい授業!
楽しい授業!

が、何と!

塾よりもかなり安い

月額2,000円~3,000円程度!

で受けることができます。

興味がある方は、

資料請求(無料)」してみてください!

また、

直ぐにでも試したい!

という方は、

今なら、

14日間お試しもできます!

よろしければ、ぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

大学受験ではお馴染みの東進と四谷大塚は、同じナガセグループで、タッグを組んだからこそ実現できるサービスです。

image
東進 × 四谷大塚
東進オンライン学校(小学部)は、四谷大塚の名物先生の授業が自宅で受けられるオンライン学校です。

14日間お試し入会、資料請求は下記より!

-詳しくはこちら-


>関連記事!
中学受験,倍率とは
中学受験における志願倍率、実質倍率とは?(実例で解説します!)
中学受験を考えている方の中には、「中学受験の倍率って何があるの?」という方や、「志願倍率と実質倍率の違いは何?」とわからない方もいると思います。そこで!今回は、中学受験における倍率について、色んな学校の実例も交えながら説明します。
中学受験11,102view
中学受験,新御三家,男子校
中学受験における男子の新御三家とは?
以前、中学受験における御三家(男子校)をご紹介しましたが、最近では、御三家ではなく、「新御三家」という言葉をよく耳にします。そこで!今回は、中学受験における男子の新御三家をご紹介したいと思います。
中学受験,海城,併願校
中学受験における「海城」の併願校を徹底解析します!
中学受験において、男子新御三家である「海城中学校」を第一志望校としている方も多いと思います。そのような中で、誰もが悩むのは、やはり、「併願校!」です。そこで!今回は、僕が考える中学受験における海城中学校を第一志望校とする場合の代表的な併願校を受験日順にご紹介します。
中学受験27,307view

image
難関中学を目指すなら!
灘中、東大寺学園など、関西圏で難関中学を目指すなら、最難関中学、有名中学への合格実績多数の浜学園です。

無料体験入塾、資料請求は下記よりどうぞ!

-詳しくはこちら-