中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
20,711view

中学受験における「早稲田」の併願校を徹底解析します!

中学受験における「早稲田」の併願校を徹底解析します!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、10月26日(火)です。

2月1日の本番受験まで、あと98日です!


はじめに


中学受験において、

大学附属校として人気の

早稲田中学校

を第一志望校としている方も多いと思います。

そのような中で、

誰もが悩むのは、やはり、

併願校!

です。

そこで!

今回は、僕が考える中学受験における早稲田中学校を第一志望校とする場合の代表的な併願校を受験日順にご紹介します。




早稲田の併願校を徹底解析!


以下、僕が考える「早稲田中学校」の代表的な併願校となります。


早稲田は複数回受験校!


以前、他の記事でも述べているように、人気校である早稲田は、

・2月1日(第1回)
・2月3日(第2回)

の2回受験するチャンスがあります。

[ご参考]

そのため、2月1日の第1回入試が不合格だった場合でも、2月3日に再度、第2回入試にチャレンジすることができます。

しかし、

2回受験するチャンスがあるがゆえに、逆に併願校を選ぶのが非常に難しく、2月1日の第1回入試の結果(2月2日合格発表)によっては、2月3日以降の動き方も大きく変わってきます。

その点も踏まえて、早稲田の併願校について述べます!


1月31日まで


1月受験には、

大きくは、

・お試し受験
・本当の併願のための受験

という2つの目的がありますが、

早稲田中学校を第一志望校とした場合、東京の受験生が多いと思われるため、実際の通学を考えた場合という意味では、お試し受験という目的の方が大きいです。

そして、

早稲田中学校を第一志望校とする場合の1月31日までの代表的な併願校は、以下となります。

栄東中学校 A日程(埼玉)
開智中学校 先端特待(埼玉)
栄東中学校 東大特待(埼玉)
市川中学校①(千葉)
東邦大学付属東邦中学校 前期(千葉)
渋谷教育学園幕張中学校①(千葉)
立教新座中学校①(埼玉)

首都圏に在住で早稲田レベルの受験生であれば、偏差値の観点からは、1月受験の中でも、まずは栄東(A日程)からスタートし、そして、開智(先端特待)、市川、東邦大東邦のいずれかの受験は外せないと思います。

また、実力を試すという意味では、栄東(東大特待)、渋幕へのチャレンジも大いにアリだと思います。

いずれにせよ、

早稲田を第一志望校とした場合の1月受験は、併願校の安全校というよりは、本番受験に慣れることを目的に、同等レベルの学校を2から3校受験して実力を試すといった感じです。


2月1日


2月1日はもちろん早稲田の第1回入試日となります。

早稲田中学校①(東京)

2月1日については、僕からこれ以上何も述べることはないですが、早めに安全校を確保したいという場合は、

午後受験として、


という選択肢もアリだと思います。


2月2日


2月2日は悩むかもしれませんが、

早稲田を第一志望校とする場合の2月2日の代表的な併願校は、以下となります。

同等レベルの学校を受験する場合は、

本郷中学校②(東京)
攻玉社中学校②(東京)

安全校を受験する場合は、

桐朋中学校②(東京)
城北中学校②(東京)
世田谷学園中学校②(東京)

などが代表的な併願校となります。

ここは考え方次第ですが、同等レベルの学校を受験するか、安全校を受験するかが非常に悩ましいです。

2月1日に午後受験として東京都市大学付属中学校を受験する場合は、都市大付属の合格発表は例年ですと当日(2月1日 23:00から)となっているため、都市大付属に合格している場合は、同等レベルの学校を受験するということになると思います。

また、2月2日は、早稲田の第1回入試の合格発表の日となり、早稲田を第一志望校として、合格した場合は、ここで中学受験は終了となります。


2月3日


2月3日は、早稲田の第1回入試で残念ながら不合格だった場合の話です。

2月3日は、早稲田の第2回入試日となります。

あくまでも、早稲田が第一志望校の場合は、もちろん

早稲田中学校②(東京)

となります。

ただし、第2回入試は、御三家をはじめとする超難関校の併願校として受験する受験生も多く、第1回入試と比べると、偏差値、倍率も高くなります。

いずれにせよ、2月1日の入試で合格して、2月3日以降は受験しないことを願っています。


2月4日


2月4日も、早稲田の第1回入試で残念ながら不合格だった場合の話です。

2月4日も悩むかもしれませんが、

早稲田を第一志望校とする場合の2月4日の代表的な併願校は、

芝中学校②(東京)
城北中学校③(東京)
世田谷学園中学校③(東京)

などが代表的な併願校となります。

また、2月4日は、早稲田の第2回入試の合格発表の日となり、早稲田を第一志望校として、合格した場合は、ここで中学受験は終了となります。


2月5日


2月5日は、早稲田の入試(第1回、第2回)で残念ながら不合格だった場合の話です。

早稲田を第一志望校とする場合の2月5日の代表的な併願校は、以下となります。

本郷中学校③(東京)
攻玉社中学校 特選(東京)
成城中学校③(東京)

受験としては終盤となりますが、可能であれば2月3日以降は受験することなく、2月2日の合格発表(第1回入試)に決める!ことが理想です。


最後に


今回、早稲田を第一志望校とした場合の代表的な併願校をご紹介しましたが、

どんな学校を受験するにせよ併願校を決めることは非常に悩むと思います。

また、早稲田の場合は、色んな合格体験記を見てみても、併願校は多種多様であり、色んな受験パターンがあります。

ただ、何となく言えることは、受験の動き方としては海城の動き方、併願校としても海城や駒東の併願校に近いものがあります。

また、

中学受験において併願校を選ぶ際は、同等の偏差値の学校(実力相応校)と、確実に合格レベルにある学校(安全校)の2つの組み合わせで受験することもポイントになります。

[ご参考]

特に、併願校の2回目受験、3回目受験と、回を重ねる度に難しくなっていくため、現実的に行く学校を早めに合格しておくことも理想です。

記事カテゴリー中学受験


読解力向上、時事問題対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

読売KODOMO新聞

は、週刊での発刊ということもあり、小学生でも無理なく読むことができ、

日々の生活における

読解力の向上!(国語、理科、社会)
時事問題対策!(社会)

に最適です。

image

また、

中学受験シーズン」には、受験業界大手の

四谷大塚」が監修で、毎週特集ページで教科ごとのポイントを重点的に解説しており、

実際の入試問題」を使ってわかりやすく解説するページなどもあります!

そして、何と!

月額550円(税込)!

とっ

コンビニ弁当1つくらいの良心的な価格です!

興味がある方はぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

うちも息子が受験のとき購読していました!

[ご参考]

また、

間もなく!

主要な塾から

2022年度中学入試に向けた時事問題テキスト!

が発刊されます!(ただいま予約受付中!)


ちなみに、上の2つ(SAPIX、栄光)はうちも使っていました!

こちらも、よろしければぜひ!

>関連記事!
中学受験,早稲田中学校,倍率,受験率
【中学受験】早稲田の倍率、受験率をまとめてみました!
中学受験を控えている方の中には、人気校である「早稲田中学校」を目指している方も多いと思います。そのような中で、早稲田中学校の「倍率、受験率!」は、やはり気になりますよね!そこで、今回は、中学受験における「早稲田中学校」の倍率、受験率について、まとめましたのでご紹介します!