中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
30,648view

中学受験において記述問題が多い学校はどんな学校なのか?

中学受験において記述問題が多い学校はどんな学校なのか?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、5月27日(金)です。

2月1日の本番受験まで、あと250日です!
image
読解力向上、時事問題対策に!
読売KODOMO新聞は、週刊のため無理なく読め、日々の読解力向上時事問題対策に最適です。中学受験シーズンには四谷大塚が監修の教科ごとのポイントを解説した特集ページもあります。

-詳しくはこちら-

はじめに


中学受験において、

入試問題の形式(多岐選択式、記述式)は、

学校によって様々です。

特に、記述問題の出題数や内容は学校によって大きく違います。

そのような中で、

記述問題が多い学校はどこの学校なの?

と気になる方も多いと思います。

そこで!

今回は、中学受験において記述問題が多い学校について、色々と述べたいと思います。



中学受験において記述問題の多い学校は?


以下、中学受験において記述問題が多い学校についてのあくまでも僕の個人的な見解です。

最初に言いますが、

中学受験において、

記述問題は基本的には避けては通れない!

です。(はい)

選択問題しか出題されない学校のみを受験する場合は別ですが、

どこの学校でも記述問題は出題されると考えておいた方がよいです。

また、記述問題と一言では言うものの、

・答えが一つの記述問題
・答えがある程度決まっており、何十字以内で答えなさいというような記述問題
・答えが決まっておらず、自分の考えや意見などを自由に書く記述問題

など、記述問題の内容や解答にも様々なパターンがあります。


記述問題が多い学校!


先でも述べているように、

中学受験において記述問題は、どこの学校の入試でも出題されます。

しつこいようですが、

記述問題は、基本的に出題されると思っていた方がよいです。

そのような中でも、

僕が考える記述問題が多い学校は、

東大をはじめとする、

超難関大学への合格者数が多い学校

つまり、

御三家をはじめとする超難関校や難関校

に多く出題されています。

例えば、

[男子校]

[女子校]

などに記述問題は毎年よく出題されています。

特に、

うちの息子が通う麻布中学校は、

記述問題が中心というか、科目を問わず、ほぼオール記述の入試となっており、

麻布中学校に合格するには、記述問題への対策が最も重要になり、記述問題を制する者が合格を手にすると言っても過言ではないです。

もちろん、

うちの息子が受験のときも、麻布対策として、とにかく書かせるということに主眼をおいて勉強させていました。

また、

武蔵中学校も入試問題のほとんどが記述問題となっており、他の学校とは違い、字数制限がなく、受験生に自由に書かせるというような記述問題も出題されます。

いずれにせよ、

記述問題の出題量が多い少ないはあるにせよ、中学受験において記述対策は必須です。

[ご参考]


記述問題が多い科目!


記述問題が出題されるのが多い科目は、

やはり、

何と言っても

・国語

ですが、

・算数
・社会
・理科

にも記述問題は多くあります。


●国語


国語の記述問題としては、長文読解から、問題の意図する箇所を見つけ出したり、主人公の気持ちなどを記述で解答するというのがよくあるパターンです。


●算数


算数の記述問題としては、算数は基本的には答えは一つになり、その答えを記述することは当たり前ですが、

武蔵中学校のように、記述で、その答えを導き出したプロセス、過程なども評価(加点)されたりすることもあります。


●社会


社会の記述問題としては、ある特定のテーマや分野に対する問題に対して、用語や理由などを記述で解答するというのがよくあるパターンです。


●理科


理科の記述問題も社会と同様に、ある特定のテーマや分野に対する問題に対して、用語や理由などを記述で解答するというのがよくあるパターンです。

そういう意味では、

社会や理科でも、国語の問題?と思うような長文読解の問題が出題されることも多々あります。



選択問題と記述問題との大きな違い!


中学受験に限らず、

受験においては、記述問題が合格、不合格を左右するということは周知の事実ですが、

あえて、

選択問題と記述問題との大きな違いをいうと、

当たり前ですが、

選択問題は、選択肢が与えられているため、たとえ解らなくても、何かしらの解答を選択することで、正解する可能性があります。

そういう意味では、

全く解らない場合は、運によって左右されます。

しかし、

記述問題は、

・問題文を読む読解力
・出題者が意図した解答を見抜く力
・自分の知識や発想

の全てを兼ね備えていないと解答できずに、不正解になってしまうという大きな違いがあります。

それ以前に、

記述問題では、解らなければ解答を記入することすらできません。

また、

最近では、記述問題でも答えがある程度決まっているのではなく、自分の考えや意見を書くというような記述問題を出題する学校も増えてきている模様です。

そのため、

記述問題をある程度鍛える!

ことで、

選択問題も自ずと解けるようになる!

ということも多々あり、

記述問題を解くことは、中学受験での受験勉強としては、必要な勉強であると僕は思います。


大学入試で記述は避けて通れない!


皆さんもご存知のとおり、

大学入試改革がゴタゴタし、共通テスト(旧センター試験)で記述問題も出題されるとかされないとか、色々とありましたが、

いずれにせよ、

国立大学の二次試験、私立大学では、基本的には記述問題となるため、

大学入試で記述は避けて通れない!

です。

そのため、

中学受験という早い段階から、記述問題に慣れておくということは、多少なりとも大学受験でも有利になるかもしれません。


最後に


今回、中学受験において記述問題が多い学校について、色々と述べましたが、

記述問題を苦手とする受験生の方が多いと思います。

※記述問題を得意とする受験生もいるとは思いますが...

いずれにせよ、

記述問題は、過去問などを中心に、色んな記述問題を解いて、

出題者の意図した解答になるように、出題者が望んでいるキーワードを含めて解答するなどの対策をする必要があります。

また、

やはり、日頃から

書くこと!

も重要になります。

記事カテゴリー中学受験


四谷大塚の名物先生の授業を自宅で!


新小学1年生〜新小学6年生の保護者の方!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

知ってましたか?


は、中学受験塾大手である

四谷大塚

の選りすぐられた精鋭の名物先生の授業が

自宅で受けられるオンライン学校!

です。

image

もちろん、

オンラインなので、自宅近くに四谷大塚がないという全国の方も、

四谷大塚」の

わかりやすい授業!
楽しい授業!

が、何と!

塾よりもかなり安い

月額2,000円~3,000円程度!

で受けることができます。

興味がある方は、

資料請求(無料)」してみてください!

また、

直ぐにでも試したい!

という方は、

今なら、

14日間お試しもできます!

よろしければ、ぜひ!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

大学受験ではお馴染みの東進と四谷大塚は、同じナガセグループで、タッグを組んだからこそ実現できるサービスです。

image
東進 × 四谷大塚
東進オンライン学校(小学部)は、四谷大塚の名物先生の授業が自宅で受けられるオンライン学校です。

14日間お試し入会、資料請求は下記より!

-詳しくはこちら-


>関連記事!
中学受験,記述問題,漢字,ひらがな,解答
中学受験において記述問題は漢字、ひらがなのどちらで解答すべきか?
中学受験の各教科において、必ずといってもよいほど出題される「記述問題!」ですが、・漢字で解答すべきか?・ひらがなで解答すべきか?で悩むことがあると思います。もちろん、漢字で解答できることが理想ですが...そこで!今回は、中学受験において記述問題は漢字、ひらがなのどちらで解答すべきか?について、色々と述べたいと思います。
中学受験26,763view

image
難関中学を目指すなら!
灘中、東大寺学園など、関西圏で難関中学を目指すなら、最難関中学、有名中学への合格実績多数の浜学園です。

無料体験入塾、資料請求は下記よりどうぞ!

-詳しくはこちら-