中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
15,448view

中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?

中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験において、これから入塾を考えている方や、既に塾に通わせている方で、塾は個別指導塾と集団指導塾のどちらが良いか?で悩むことがあると思います。

ということで、今回は、中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?について、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて、僕の意見を色々と述べたいと思います。


中学受験のための塾は個別と集団のどちらかが良いか?


あくまでもうちの場合ですが、うちの息子が通っていた塾では、集団と個別を行なっていましたが、うちは、結局最後までずっと集団でした。

もちろん、通塾している間に、科目によっては追加で個別指導を考えたこともありましたが、このブログでも何度か述べているように、うちの息子の場合、成績が本当に安定していなかったため、個別指導を考えている間に、成績が上がったり、個別指導を考えるのをやめると今度は成績が下がったりと、早い話が、個別指導を追加するという決定打が無かったまま、結局、本番受験までずっと集団できてしまったという経緯があります。

前振りが長くなってしまいましたが、以下、集団と個別のそれぞれのメリットとデメリットについての僕の考えです。


集団指導塾のメリットとデメリット!


以下、集団指導塾のメリットとデメリットについてです。


集団指導塾のメリット


まずは、僕が考える集団指導塾のメリット3つです!


1.身近なライバルが近くにいる!
集団の一番のメリットは、やはり、中学受験という同じ目的、目標を持った子が身近にいることで、切磋琢磨して勉強することが出来ます。


2.中学受験に向けたカリキュラムで教えてもらえる!
集団の場合は、個別とは違い、中学受験に向けた共通のカリキュラムで授業が進められるため、中学受験に向けた全体のロードマップを把握することができ、自分でもそれに沿った勉強をすることが出来ます。


3.個別と比べると料金が安い!
当たり前ですが、個別と比べると集団の方が料金が安いです。


集団指導塾のデメリット


次に、僕が考える集団指導塾のデメリット3つです!


1.自分に合ったペースで教えてもらえない!
先に述べた集団のメリットの逆ですが、集団のカリキュラムについていけない場合や、集団のカリキュラムよりも先取りしたい場合など、自分のペースで教えてもらうことが出来ないです。


2.気軽に質問が出来ない!
集団の場合、先生が一人の生徒にかまう時間がどうしても少なくなってしまうため、気軽に質問をすることが出来ないです。


3.集団のため勉強に集中出来ない場合がある!
集団の場合は、個別とは違い、生徒数が多く、色んな生徒がいるため、授業に集中出来ない場合があります。


個別指導塾のメリットとデメリット!


以下、個別指導塾のメリットとデメリットについてです。


個別指導塾のメリット


まずは、僕が考える個別指導塾のメリット3つです!


1.自分に合ったペースで教えてもらえる!
個別の一番のメリットは、やはり、その子に合ったペースで勉強を教えてもらうことが出来ます。


2.気軽に質問が出来る!
個別の場合、集団とは違い、先生をある程度占有出来るため、解らないことを気軽に質問することが出来ます。


3.集中して勉強ができる!
個別の場合、生徒数が多い集団とは違い、先生と生徒の一対一で教えてもらえるため、集中して勉強することが出来ます。


個別指導塾のデメリット


次に、僕が考える個別指導塾のデメリット3つです!


1.他の受験生の学習ペースが把握しにくくなる!
先に述べた個別のメリットの逆ですが、集団とは違い、個別の場合は、自分のペースで教えてもらえますが、集団の他の受験生の学習ペースが把握しにくくなることがあります。


2.直ぐに先生に頼ってしまう!
個別の場合、先生と生徒が一対一ということもあり、気軽に質問も出来るため、自分で考えるということが薄くなり、直ぐに先生に頼ってしまうということがあります。


3.集団と比べると料金が高い!
当たり前ですが、集団と比べると個別の方が料金が高いです。


究極は集団と個別の併用!


先に集団と個別のメリットとデメリットについて述べましたが、究極は、集団と個別の併用です。

もちろん費用はかかってしまいますが...

実際に集団と個別を併用する場合は、あくまでも主を集団において、苦手な科目は個別で強化という感じになると思います。

また、同じ塾か違う塾かは別にして、集団と個別を併用している受験生も結構います。

例えば、集団指導塾としてSAPIXに通いながら、他の個別指導塾に通っていたり、家庭教師を付けているというようなケースはよく耳にします。


結局、集団と個別どっちがいいの?


これはあくまでも僕の考えですが、僕はどちらかというと、個別よりも集団の方が良いと考えています。

理由はやはり、競争するライバルが近くにいるということと、生徒が多いということもあり、塾の先生に頼りっきりにならなくなり、中学受験で一番大事な受験生である子供と親が自らの意思で受験勉強を進めるということが基本になるためです。

一方の個別は、うまく言えませんが、個別は、なんとなく中学受験そのものをその先生に全て託してしまうというか、全て任せっきりになってしまい、自らの意思で受験勉強をするということが薄れてしまうような感じがします。

早い話が、集団は生徒も多く、先生が一人の生徒にかまう時間が限られてしまうため、結果的に自分で考えて勉強をやるということになりますが、個別は先生が生徒にかまう時間が多くなるため、自分で考えて勉強をやるというよりは、先生から言われたことをこなすという勉強になってしまうような気がします。

しつこいようですが、あくまでも僕の意見です...


最後に


今回、中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?について色々と述べましたが、個別と集団の前に、色んな観点で塾が子供に合うか合わないか?合っているか合っていないか?も塾選びではポイントになります。

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-