中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格(全勝)した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!月間22万PV達成!
19,948view

中学受験に対する勘違いや思い込みは捨てよう!

中学受験に対する勘違いや思い込みは捨てよう!
おはようございます!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

朝早くからご覧いただきありがとうございます!

今日は、4月21日(水)です。

2月1日の本番受験まで、あと286日です!


はじめに


中学受験に対して、勘違いや思い込みを抱いている方も多くいらっしゃると思います。

実際、「中学受験なんて無理!」、「うちの子そんなに頭良くないし!」とか、「私立はお金がかかるから、うちは無理!」というような言葉は、よく耳にします。

ということで、今回は、僕が考える中学受験に対する勘違いや思い込みについて色々と述べたいと思います。

※中学受験を全く考えていない方、中学受験をちょっとでも考え始めた方向けの記事です!


中学受験に対する勘違いや思い込みは?


既に最初に言ってますが、僕が考える中学受験に対する勘違いや思い込みは、大きくは以下の3つです。


中学受験には縁が無いと決めつけてない?


中学受験なんて、うちの子供には縁が無いものと思っている方も多くいらっしゃると思います。

実際、僕も、そう思っていました。

以前、何かの記事でも述べたことがあるような気がしますが、うちの息子は、幼少の頃は、手のつけられないほど我が強く、家内も悩んでいた時期もありました。

そんな状況の中で、中学受験という言葉すら意識したこともありませんでした。

しかし、小学校に入学して、学年が上がるにつれて、言葉は悪いですが、性格も少し落ち着いてきて、少しまともになってきた小学校3年生くらいの時に、初めて中学受験というものを意識するようになりました。

中学受験を意識するというと大げさですが、何となく塾に通わせてみようと思った程度です。

それから、現在に至りますが、今思えば、

「うちは中学受験には縁が無い!」

とか、

「うちは中学受験なんて無理!」

と決めつけていたのは、親である僕と家内であったと反省しています。

逆に言うと、意外にも子供の方が中学受験に対して前向きだったりするかもです。


中学受験は頭がいい子がするもの?


中学受験は頭がいい子がするもの ?と思っている方も多くいらっしゃると思います。

またまた、実際、僕も、そう思っていました。

そして、しつこいようですが、まさか自分の息子が中学受験するとは夢にも思っていませんでした。

というか、先に述べているように、中学受験そのものが縁のない世界というか、言わば他人ごととして捉えていました。

しかし、よく考えてみると、頭がいいとか、頭が良くないということそのものを、親が勝手に決めつけていたり、勝手に思い込んでいるだけで、最初から決めつけているということにしか過ぎないように思います。

また、「頭がいい」の基準も定義もよく分かりません。

例えば、小学校のテストで100点を取ることが頭がいいことなのか?40点しか取れないことが頭が良くないことなのか?という疑問もあります。

僕が言いたいことは、中学受験は決して、頭がいい子だけがするものではなく、頭がいいとか、頭が良くないとかは、全く関係が無いと考えています。

決して中学受験を勧めている訳ではありませんが、親子で「目的や目標を持って、どこを目指すか?」が重要であり、子供が私立中学校に行きたいと言った場合や、親として、少しでも私立中学校に入れてあげたいなと思うのであれば、中学受験に対する勘違いや思い込みは禁物で、まずは、よく考えて、とりあえずチャレンジすることが重要だと思います。

実際、僕の息子は、中学受験をさせることを決意するまでは、正直、そんなに勉強ができる子ではありませんでしたが、こうして、麻布や渋幕などの難関校に合格することができています。


中学受験は経済的に恵まれている子がするもの?


中学受験は経済的に恵まれている子がするもの?と思っている方も多くいらっしゃると思います。

またまたまた、実際、僕も、そう思っていました。

確かに、中高一貫校の私立ともなれば、それなりにお金がかかるのは事実です。

また、うちも決して経済的に恵まれている家庭ではありませんでした。(今も変わりはないですが...)

しかし、子供が中高一貫校に行きたい、私立に行きたいと言って、親としても行かせてあげたいと思うのであれば、行かせてあげるにはどうすれば良いか?を考えるのが親の役目だと思います。

実際、僕は、子供を私立中学校に入れるために、年収が上がる見込みのない会社を辞めています。


最後に


しつこいようですが、僕も、自分の息子が中学受験すると決意するまでは、中学受験は頭がいい子、経済的に恵まれている子がするものと思っていました。

しかし、うちの場合は、なんとか中学受験させてあげることができました。

ということで、僕がこの記事で言いたいことは、

「中学受験に対する勘違いや思い込みは捨てましょう!」

ということで、「自分の子供は公立より私立の方が合っているのでは?」とか「より良い環境で勉強させたいな?」などと、少しでも思うのであれば、今回述べたような勘違いや思い込みは捨てて、中学受験を真面目に考えることも時には重要だと思います。

最後に、長々と偉そうなことを色々と述べましたが、先に、「決して中学受験を勧めている訳ではありません」と言っておきながら、「結局、中学受験を勧めてるじゃん!」と思われた方、ごめんなさい...

そういうつもりは無いのですが...

記事カテゴリー中学受験


苦手科目や単元の対策に!


最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

中学受験の受験勉強においては、

どうしても

国語と算数は優先!
理科と社会は後回し!

になってしまいます。

実際、うちもそうでした。

そのような中で、

個別に苦手な科目や単元を対策したい!

という方も多いと思います。

そこで、僕がおすすめしたいのは、

スタディサプリ(小学講座)

の活用です。

詳しくは、


で解説しています。興味がある方はぜひ!

-詳しくはこちらより-