中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
17,702view

中学受験に役立った習い事「速読」!その効果は?

中学受験に役立った習い事「速読」!その効果は?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

午前中からご覧いただきありがとうございます!

今日は、7月29日(木)です。

2月1日の本番受験まで、あと187日です!

本番受験まで残り少なくなってきましたが、

中学受験において、読解力は全ての入試科目に必要です。

そのような中で、僕がオススメするのは、

子供新聞を読むこと!

です。

子供新聞を読むことは、読解力だけではなく、時事問題対策にも有効ですよ!



はじめに


今更ですが、今まで、うちの息子がやった数え切れないほどの、いやっ、星の数ほどの習い事の中で、中学受験に唯一役立った習い事がありました。

その習い事とは、タイトルにもあるように、それは「速読」です!

ということで、今回は、うちが中学受験に役立った習い事である「速読」とその効果について色々と述べたいと思います。

※ご参考程度に読んでいただければ幸いです。


中学受験に役立った習い事「速読」!その効果は?


以下、うちが中学受験に役立った習い事と考えている「速読」と、その効果についてです。


その前に!


最初に言っておきますが、僕は速読協会の人間とかではありませんし、速読を習う事を強くオススメしているわけでもありません。

僕が何を言いたいのかと言うと、この記事を見て、直ぐに子供に速読を習わせたりするのではなく、じっくり考えてくださいね!

特に、受験生である小学6年生に習わせたりするよりも、受験勉強に専念した方が良いと思います。

またまた、僕が何を言いたいのかと言うと、速読をマスターするには、それなりの時間がかかるため、同じ受験生でも、小学3年生、小学4年生くらいからであれば、習っても良いかもです。

早い話が、しつこいようですが、本当にご参考程度に読んでくださいませ!


この記事を書くきっかけ!


前振りが長くて申し訳ありませんが、この記事を書くきっかけとなったのは、先日、TVのある番組で(すみません覚えていません...)子供の習い事に関する内容をやっており、家族でTVを見ながら、息子の習い事の昔話をしていた際に、家内が息子に

「今までさんざん色んな習い事してきても何も身についてないじゃん!」

的なことを言った時、息子が一言、

「受験で速読は役に立ったと思うよ!」的なことを言ったのです。

その時、家内も僕も息子が「速読」を習っていたことを忘れていて、

「そういえば速読やってたね!」

という話になった訳ですよ。

まっ、僕としては、「このネタいただきます!」ということで、この記事を書いています。(はい)


「速読」を習い始めたきっかけ!


うちの息子が「速読」を習い始めたきっかけは、小学校の3年生か4年生くらいだったと思いますが、学校の身体測定の視力検査で、視力が1年間で急に低下したんですよ。

そこで、なんとか視力を回復させてあげたい!、視力低下を防ぎたい!という親心から、視力を回復したり、視力低下を防ぐにはどうすれば良いのかということを色々と調べました。

そうしたら、小学生向けの視力を回復する教室のようなものがあったので、直ぐに通うことにして、その習い事というか、その教室で視力回復トレーニングの一環で、「速読」を教えてくれていました。

というか、この教室、目の体操などもありましたが、内容は、ほぼ「速読」教室のようなものでした。

ちなみに、この教室、五反田にありましたが、ちょうど、うちの息子が受験の年である小学6年生になるくらいに、教室側の一身上の都合で教室自体が無くなってしまいました。

もちろん、それから「速読」とは無縁になりましたが、2年間くらいは「速読」を習っていたという感じです。(うちの息子にしては珍しく、かなり長続きした習い事です...)


「速読」は中学受験に効果はあったか?


いよいよ本題です。

以下に、「速読」が中学受験に効果があったのか?についてです。

もちろん、僕は速読とは無縁ですし、受験もしていないので、息子と話した内容を盛らずにまとめています。


国語の長文読解での効果!
以前、「中学受験で試験問題を解くのに時間が足りない!」という記事でも述べていますが、国語の長文読解は本当に長文を短時間に読んで、問題を解く必要があり、長文を読むだけでもかなりの時間を費やします。

僕も麻布中学校の国語の入試問題を何度か見たことがありますが、本当に長文で、これを小学生の受験生が読んで、問題を解くのか...すごいな...と思ったことが何度もあります。(今も思っています。)

そして、「速読」というと、国語の長文読解で有利になるというのが普通の人の考えだと思いますが、うちの息子曰く、国語の長文読解では、あまり「速読」は効果はなかったらしいです。

その理由は、「速読」で長文読解したとしても、問題を解くためには、結局、全部、隅から隅まで読む必要があり、速読するよりも、最初から真面目に全部読んだ方が効率的だということです。

逆に、速読した後に、全部読んだ場合、速読した時間が無駄ということらしいです。

なるほど...

ということで、うちの(息子の)場合、国語の長文読解では速読はあまり効果はなかったです。

しかし、次に述べる

入試問題全般での効果はありました!


入試問題全般での効果!
先程の記事やこのブログでも何度か述べていますが、中学受験において、というか、受験全般において、解ける問題と解けない問題を見極めて、解ける問題を確実に解くということが、受験の鉄則であり、合格への近道です。

このことを踏まえて、息子曰く、「速読」は、問題文全体を見て、「解ける問題と捨てる問題を見極める」という点においては、かなり役に立ったということです。

これは、特定の科目にだけではなく、全科目について言えることで、試験が開始して直ぐに、数分間(多分1分から2分くらいだと思います)、問題文全部を速読で見渡して、確実に解く問題と捨てる問題を見極めて、解く問題に優先順位をつけて、解ける問題から解いていったという点においては、とても役に立ったらしいです。

なるほど...

確かに、国語だけではなく、社会や理科の問題も、それなりに長文の場合がありますが、そういう意味では、速読で問題文全体を読むことは有効ですね!


最後に


今回、うちが中学受験に役立った唯一の習い事である「速読」について、色々と述べましたが、うちの場合は、「速読」は中学受験において、それなりに効果があったというお話しでした。

しつこいようですが、あくまでもうちの場合です...

速音読

国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル

速音読
速読

学力向上・成績UP! 子どもの速読トレーニング

速読
最後に、前振りが長く、長文となりスミマセンでした。

記事カテゴリー中学受験


最難関中学を目指している方へ!


最難関中学を目指す小学4・5・6年生の保護者のみなさま!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

今なら!

Z会(中学受験コース)

に資料請求(無料)するだけで、

最難関中学をめざすなら
知っておくべき「7つの極意」

という「特別情報誌」が貰えます!

また、

最難関6校である、

・筑駒
・開成
・麻布
・灘
・桜蔭
・女子学院

の過去5年間の入試問題について、

学校別・教科別の傾向と対策を詳細にまとめた

入試出題傾向と必勝対策!

もコンテンツとして入っています。

興味がある方は、ぜひ!

資料請求(無料)してみてください!

ちなみに、

数量限定!

の特別情報誌(冊子)なので、

なくなったらごめんなさい!

-資料請求(無料)はこちら-

>関連記事!
中学受験,習い事,いつまで,やめる
中学受験において習い事はいつまで続けるべきか?やめるべきか?
色んな「習い事」をしている小学生は多くいます。そのような中で、中学受験に向けて、受験生である子供の習い事をいつまで続けるべきか?いつやめるべきか?で悩んでいる方も多くいると思います。そこで、今回は、中学受験において習い事はいつまで続けるべきか?やめるべきか?について、うちの経験を踏まえて色々と述べたいと思います。
中学受験23,622view