MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!
5,177view

中学受験して私立中学校に行くための年収は?

中学受験して私立中学校に行くための年収は?|受験ラッシュ!

はじめに


中学受験を考えている方で、子供を私立中学校に入れたいけど、いくらくらい必要なの?、どのくらいの年収の家庭が私立中学校に通っているの?と思っている方も多いと思います。

そこで、今回は、中学受験と年収について、私立中学校に通わせるには年収がいくらくらい必要なのか?などについて、色々と述べたいと思います。

※僕には珍しく、お金の話です。


中学受験して私立中学校に行くための年収は?


以下、中学受験して私立中学校に行くための年収についてです。


年収についての前提
まずはじめに、年収についての前提ですが、この記事で言う年収は、あくまでも世帯年収のことを言っています。

つまり、例えば、父親しか働いていない場合は、父親の年収=世帯年収となり、共働きの場合は、父親の年収+母親の年収=世帯年収ということになります。

以下、年収=世帯年収という前提で色々と述べます。


子供を私立中学校に通わせるにはいくら必要か?
文部科学省が2年毎に調査している「子供の学習費調査」という調査結果が公開されており、これを見ると、私立中学校(もちろん私立中高一貫校)に通わせている家庭の年収の比率が判ります。

[ご参考]
子供の学習費調査(文部科学省)

上記を見ると、前回の調査が平成28年度なので、ちょうど今年、平成30年度の調査が行われます。(結果はまだです。)

ということで、以下、平成28年度の調査結果からの抜粋となり、年収と私立中学校に通わせている家庭が占める割合となります。

[平成28年度 子供の学費調査より]
・400万円未満
4.2%
・400万円~599万円
9.2%
・600万円~799万円
16.3%
・800万円~999万円
18.4%
・1,000万円~1,199万円
17.3%
・1,200万円以上
34.6%

※「子供の学習費調査 / 平成28年度/ 子供の学習費調査/ 5 世帯の年間収入段階別,項目別経費の金額段階別構成比」より引用。ちなみに、この資料を見るには、「e-Stat」という政府統計ポータルサイトからファイル検索して見た方が良いかと思います。

上記を見ても分かるように、子供を私立中学校に通わせている家庭の半数以上(17.3%+34.6%=51.9%)が年収1,000万円を超えており、大体、全体の三分の一程度の家庭(34.6%)の年収は、1,200万円を超えています。

また、全体の大体、三分の一程度の家庭(16.3%+18.4%=34.7%)が、600万円~999万円となっており、都心の40~50代のサラリーマンの年収くらいで、私立中学校に通わせている家庭も多いです。

ただ、僕が言いたいことは、子供の学費は、入学する学校によっても大きく違いますし、各家庭の生活水準も違うため、一概に必ずいくら以上の年収が必要だというようなことは言えないです。

ちなみに、うちは...もちろん秘密です...


私立中学校に通わせるまでは?
先に、私立中学校に通わせてからについて述べましたが、今度は、私立中学校に通わせるまで、つまり、中学受験にはいくらかかるのか?について簡単に述べたいと思います。

もちろん、塾なしで中学受験する方もいますが、中学受験に向けては、塾代、春期講習、夏期講習、冬季講習などの費用がかかります。

また、小学校6年生、つまり、受験の年になると、本番受験に向けた対策講習などの費用もかかってきます。

もちろん、塾や習う科目の数、各種講習会への参加などによっても違ってきますが、僕の個人的な感覚では、例えば、小学校4年生から塾に行った場合、

小学校4年生:年間40万円~60万円
小学校5年生:年間60万円~80万円
小学校6年生:年間100万円~120万円

くらいの費用がかかると思います。

特に、受験の年である小学校6年生になると、一気に上がるという感じで、その他にも実際の受験費用はもちろんですが、色んな模擬試験の費用などもかかります。


私立中学校に通ってからは?
これまで、私立中学校に通うまでについて色々と述べましたが、私立中学校に通ってからも色んな費用がかかります。

もちろん、学校や人によっても違ってきますが、通っている私立中学校への寄付金、大学受験に向けた塾代、部活やクラブ活動の費用、その他もろもろ、色んな費用がかかります。


最後に


中学受験して私立中学校に行くための年収について、色々とお金の話をしましたが、今の世の中は「可愛い子には旅を!」ではなく、「可愛い子にはお金を!」ですかね?

また、可愛い自分の子供にお金がかかることは親としては仕方がないことですね!
■関連記事
中学受験,私立中学校,東京,御三家,学費,比較
私立中学校(東京御三家)の学費を比較してみました!
今回は、記事ネタが無くなってきたということと、何よりも今日は時間があったので、東京の男子御三家、女子御三家の私立中学校の学費(初年度)を比較してみました!ということで、東京御三家(男子、女子)の学費をご紹介したいと思います。 中学受験 6,388view

■最新記事
中学受験,麻布,渋幕,関係
麻布と渋幕の深い関係について!
既にご存知の方も多くいるかと思いますが、このブログのキャチコピーでもある麻布と渋幕には、実は深い関係というか繋がりがあります。ということで、今回は、「麻布中学校」と「渋谷教育学園幕張中学校」との深い関係について、色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW753view
中学受験,チャレンジ校
中学受験におけるチャレンジ校について!
中学受験において模擬試験が頻繁に開催される時期になり、色んな模擬試験を受けている方も多いと思います。その模擬試験の結果などに志望校が合格圏内だった場合など、志望校よりも偏差値が高い、一つ二つ上位の学校がチャレンジ校として載ってくる場合があります。そこで、今回は中学受験におけるチャレンジ校について色々と述べたいと思います。 中学受験 NEW984view
中学受験,麻布中学校,学校説明会
「麻布中学校」の学校説明会!
学校説明会が活発に開催される季節になり、本格的な受験モードに突入します。そんな中で、我が麻布中学校の学校説明会も開催されます。この秋の時期に開催される学校説明会は、本番受験前の最後の学校説明会ということもあり、かなり多くの受験生の保護者の方をはじめ、一部の受験生も参加します。 中学受験 NEW5,542view
中学受験,人気校,2019年
中学受験における人気校を予想!(2019年)
昨年(2018年)も同じ記事を書きましたが、今年も2019年度中学受験における人気校を勝手に予想したいと思います。あくまでも僕の個人的な見解ですが、僕の予想では2019年も人気校に大きな変化はないと考えています。ただし、大学付属中学校、新御三家や同等レベルの学校の人気が高まると予想しています。 中学受験 3,883view
中学受験,学校説明会,何年生から
中学受験において学校説明会は何年生から行くべきか?
中学受験において、この秋の時期は、学校説明会が頻繁に開催されており、受験を考えている学校の学校説明会に参加したことがある方も多いと思います。また、これから中学受験を考えている方は、学校説明会には何年生から行った方が良いのか?と悩むこともあると思います。 中学受験 2,441view
中学受験,合格力判定,サピックスオープン,結果,覚悟
「合格力判定サピックスオープン」の結果には覚悟が必要!
秋(9月)から中学受験では誰もが知っている大手塾であるSAPIXが主催する公開模擬試験(合格力判定サピックスオープン)が始まります。この合格力判定サピックスオープンは、公開模擬試験ということもあり、SAPIXの塾生だけではなく、多くの色んな塾の生徒も受けます。そして、この模擬試験の結果には覚悟が必要です。 中学受験 12,036view
中学受験,学校別,サピックスオープン,結果
「学校別サピックスオープン」の結果で志望校は変えるべきか?
SAPIXが主催する「学校別サピックスオープン」という模擬試験があり、これまでも何度か実施されています。また、御三家をはじめとする超難関校を受験予定の受験生で、この模擬試験を受けている受験生も多くいます。そして、この模擬試験の結果で、志望校を変えることを考える方も多くいるかと思います。 中学受験 9,882view
中学受験,一人当たり,受験校,平均
中学受験における一人当たりの受験校の平均は?
中学受験において、第一志望校はもちろんですが、併願校も含めて色々と検討している方も多いと思います。その際に、他の受験生は実際に何校くらい受験するのか?という疑問もあると思います。そこで、今回は、中学受験における一人当たりの受験校の平均について、色々と述べたいと思います。 中学受験 2,645view
中学受験,志願者数,多い,学校
中学受験において志願者数が多い首都圏の学校!
栄東が志願者数、受験者数ともに日本一であることは皆さんご存知だと思いますが、その他の学校の志願者数については、意外に知らない方も多いのではないかと思います。そこで、今回は、首都圏(東京、神奈川、埼玉、千葉)の中学受験において、志願者数が多い学校をご紹介したいと思います。 中学受験 3,127view
中学受験,東京,出願開始期日
中学受験において東京の出願開始期日が早まることについて!
中学受験において、2019年度から東京の私立中学校の出願開始期日が、これまでの1月20日から1月10日に10日ほど早まります。そこで、今回は、出願開始期日が早まることについて、僕の勝手な意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 2,593view
■カテゴリー/タグ
■おすすめコンテンツ
■私立中学校一覧
■特集
■受験記

■ご意見・ご感想について
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact