中学受験ブログ「受験ラッシュ!」は、御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験校全てに合格(全勝)した実績がある中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や役立つ情報をご提供します!
19,615view

子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?

子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?
こんにちは!

中学受験ブログ「受験ラッシュ!」の僕です!

お昼の貴重な時間にご覧いただきありがとうございます!

今日は、1月17日(月)です。

2月1日の本番受験まで、あと15日です!

はじめに


受験生である小学生や中学生で、通塾や通学のためにSuicaやPASMOといった、いわゆるICカードを利用している方も多いと思います。

そこで、ふと、世の中の子供たちのICカード(電子マネー)には、常にいくらくらいチャージされているのかが気になったため、今回、僕の周りにいる人を対象に色々と調査してみました!(それとなく聞いて見ました!)

ということで、今回は、子供のICカード(電子マネー)には、常にいくらチャージしているか?について、色々と述べたいと思います。

※中学受験とは、あまり関係のない記事ですが、暇つぶしに読んでいただければ幸いです。


子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?


以下、僕の知り合いの方々の子供たちのICカード(電子マネー)のチャージ額です。


その前に!


その前に、もちろんですが、子供のICカードへのチャージ額は、人によっても違いますし、生活している環境や、通塾、通学する距離などによっても違います。

あくまでも参考程度にご覧下さい。


常に1,000円から3,000円チャージ!


子供のICカードに、常に1,000円から3,000円程度チャージしている方で多いのは、小学生の親です。

基本的には塾に行く時に利用するということで、塾までの交通費+αをチャージしているという感じです。

※もちろん、遠い塾に通塾している方は、もっとチャージしているという場合も考えられますが、僕の周りの方には、塾まで比較的近い方が多いため、1,000円から3,000円という方が多いです。

また、小学生なので、ICカードを落としたりすることも考えられるため、あまり高額のチャージはしていないという方が多いです。(ごもっともです。)

というか、小学生までは電車やバスなどの交通費は大人と比べてかなり安い(大体半額)ため、常に1,000円から3,000円程度チャージしておけば何とかなるといった感じです。

ちなみに、うちの息子が小学生の時は、塾に行くときにお茶やおにぎりを買うくらいでしたが、2,000円くらいは常にチャージしていました。


常に3,000円から5,000円チャージ!


子供のICカードに、常に3,000円から5,000円程度チャージしている方で多いのは、中学生の親です。

特に私立中学校ともなれば、自宅から電車で通学している方がほとんどだと思いますが、やはり、自宅からちょっと遠い学校に通っていて、震災や災害など、何かあってもタクシーで自宅に帰れるくらいの金額をチャージしているという方が多いです。(ごもっともです。)

また、中学生からは、定期券区間以外の交通費は大人料金と同じため、部活やクラブ活動などでよく移動する場合や、通塾などで頻繁に定期券区間以外に行く場合は、あっという間にチャージ残高が無くなってしまうため、少し多めにチャージしておくといったところです。

ちなみにうちは、先に述べた通りに、何かあってもタクシーで自宅に帰れるように、今は、常に3,000円から5,000円程度チャージしておくようにしています。


常に5,000円から10,000円チャージ!


子供のICカードに、常に5,000円から10,000円程度チャージしている方で多いのは、埼玉や千葉から都内の中学校、高校に通っている中高生の親です。

やはり、自宅から遠い学校に通っているということもあり、何かあった場合のことを考えて、多めにチャージしているという理由の方が多いです。(ごもっともです。)

ちなみにうちも、仮に自宅から遠い学校に通わせていた場合は、5,000円から10,000円くらいは常にチャージしていたと思います。


オートチャージ!


僕の周りで若干1名の方だけ子供のICカードにオートチャージしている方がいました。

僕の知り合いの社長さんの大学生の一人娘さんです。

もちろん、自宅から学校までちょっと遠いということと、もう大学生ということもありますが、やはり、大学生にもなると、行動範囲も広がり、いちいちチャージするのが面倒だからという理由でした。(うちは、勝手に使われる可能性があるため、オートチャージにする予定はありませんが...)

ちなみに、例えオートチャージでも、1ヵ月あたりMAXで50,000円までのチャージらしいですが...


最後に


今回、子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしているかについて、色々と述べましたが、やはり皆さん、何かあった場合にタクシーで自宅に帰れるくらいの金額は、常にチャージしているという方が多いです。

この記事、何かの参考になれば幸いです。

ちなみに、大人の僕は、基本的には電子マネーの人間で、外でご飯を食べたり、ちょっとした買い物は全て電子マネーで支払っているという感じです。

もちろん、電子マネーが使えない場合は、現金で支払っていますが、先日、家族でタリーズコーヒーで、飲み物やケーキを買って電子マネーで支払おうとしたら、電子マネーが使えないとのことで、現金で支払おうとしたら、今度は手持ちの現金が2,000円しかなく、急いで、家内のところに取りに行ったという経験をしました...

やはり、ある程度の現金を持ち歩くことも必要ですね!

記事カテゴリー中学受験中高生活


四谷大塚の名物先生の授業を自宅で!


新小学1年生〜新小学6年生の保護者の方!

最後の最後にすみません!

ちょっとだけ宣伝させてください!

知ってましたか?


は、中学受験塾大手である

四谷大塚

の選りすぐられた精鋭の名物先生の授業が

自宅で受けられるオンライン学校!

です。

image

もちろん、

オンラインなので、自宅近くに四谷大塚がないという全国の方も、

四谷大塚」の

わかりやすい授業!
楽しい授業!

が、何と!

塾よりもかなり安い

月額約2,000円~3,000円程度!

で受けることができます。

また、

14日間お試しもできます!

興味がある方は、

まずは、資料請求(無料)してみてください!

- 詳しくはこちら -

ちなみに、

大学受験ではお馴染みの東進と四谷大塚は、同じナガセグループで、タッグを組んだからこそ実現できるサービスです。