MENU(サイトマップ)|受験ラッシュ!
このブログは御三家である「麻布」、「渋幕」など、受験した中学校全てに合格した中学受験に関するブログです!これから中学受験に挑戦する方々に経験した内容や様々な役立つ情報を提供します!
5,544view

子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?

子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?|受験ラッシュ!

はじめに


受験生である小学生や中学生で、通塾や通学のためにSuicaやPASMOといった、いわゆるICカードを利用している方も多いと思います。

そこで、ふと、世の中の子供たちのICカード(電子マネー)には、常にいくらくらいチャージされているのかが気になったため、今回、僕の周りにいる人を対象に色々と調査してみました!(それとなく聞いて見ました!)

※中学受験とは、あまり関係のない記事ですが、暇つぶしに読んでいただければ幸いです。


子供のICカード(電子マネー)には常にいくらチャージしていますか?


以下、僕の知り合いの方々の子供たちのICカード(電子マネー)のチャージ額です。


その前に!
その前に、もちろんですが、子供のICカードへのチャージ額は、人によっても違いますし、生活している環境や、通塾、通学する距離などによっても違います。

あくまでも参考程度にご覧下さい。


1,000円から3,000円
子供のICカードに、常に1,000円から3,000円程度チャージしている方で多いのは、小学生の親です。

基本的には塾に行く時に利用するということで、塾までの交通費+αをチャージしているという感じです。

※もちろん、遠い塾に通塾している方は、もっとチャージしているという場合も考えられますが、僕の周りの方には、塾まで比較的近い方が多いため、1,000円から3,000円という方が多いです。

また、小学生なので、ICカードを落としたりすることも考えられるため、あまり高額のチャージはしていないという方が多いです。

というか、小学生までは電車やバスなどの交通費は大人と比べてかなり安い(大体半額)ため、常に1,000円から3,000円程度チャージしておけば何とかなるといった感じです。

ちなみに、うちの息子が小学生の時は、塾に行くときにお茶やおにぎりを買うくらいでしたが、2,000円くらいは常にチャージしていました。


3,000円から5,000円
子供のICカードに、常に3,000円から5,000円程度チャージしている方で多いのは、中学生の親です。

特に私立中学校ともなれば、自宅から電車で通学している方がほとんどだと思いますが、やはり、自宅からちょっと遠い学校に通っていて、震災や災害など、何かあってもタクシーで自宅に帰れるくらいの金額をチャージしているという方が多いです。

また、中学生からは、定期券区間以外の交通費は大人料金と同じため、部活やクラブでよく移動する場合や、通塾などで頻繁に定期券区間以外に行く場合は、あっという間にチャージ残高が無くなってしまうため、少し多めにチャージしておくといったところです。

ちなみにうちは、先に述べた通りに、何かあってもタクシーで自宅に帰れるように、今は、常に3,000円から5,000円程度チャージしておくようにしています。


5,000円から10,000円
子供のICカードに、常に5,000円から10,000円程度チャージしている方で多いのは、埼玉や千葉から都内の中学校に通っている中学生の親です。

やはり、自宅から遠い学校に通っているということもあり、何かあった場合を考えてという理由の方が多いです。


オートチャージ
僕の周りで若干1名の方だけ子供のICカードにオートチャージしている方がいました。

僕の知り合いの社長さんの高校生の一人娘さんです。

もちろん、自宅から学校までちょっと遠いということもありますが、高校生にもなると、行動範囲も広がり、いちいちチャージするのが面倒だからという理由でした。


最後に


僕もそうですが、やはり皆さん、何かあった場合にタクシーで自宅に帰れるくらいの金額は、常にチャージしているという方が多いです。

この記事、何かの参考になれば幸いです。
■最新記事
御三家,東大,合格者数
御三家などの東大合格者数を比較してみました!
2019年度の大学入試も終わり、皆さんにもお馴染みのインターエデュや週刊誌(サンデー毎日)でも、日本最高峰の大学である東大の合格者数に関する記事が色々と載っています。そこで、今回は、単純に東大合格者数が多い学校ではなく、主に男女御三家に的を絞って、東大合格者数に関して色々と述べたいと思います。 中学受験中学生活 NEW12,932view
中学受験,オープンスクール,オープンキャンパス
中学受験に向けてオープンスクールに行こう!
中学受験において、受験生向けのオープンスクール(オープンキャンパス)が色んな中学校で開催されます。また、オープンスクールは、受験生である子供はもちろんのこと、受験生の親も、その学校を知ることができる唯一のチャンスでもあるため、受験を考えている学校でオープンスクールが開催される場合は、行くことをオススメします。 中学受験 NEW8,606view
中学受験,入試科目,種類
中学受験における入試科目の種類やパターンについて!
中学受験の入試科目は、国語、算数、社会、理科の4科目が基本であり、この4科目で入試を実施している学校も多いです。しかし、最近の中学受験においては、入試科目の種類やパターンも多種多様であり、受験生にとっては入試科目の選択の幅が広がっています。そこで、今回は、中学受験における入試科目の種類やパターンについて、色々と述べたいと思います。 中学受験 2,018view
中学受験,東大,狙える,学校
御三家だけじゃない!東大を狙うならこの学校がおすすめ!
そもそも、中学受験において、自分の子供を御三家に入れたいと思うのは、ぶっちゃけた話、最終的には自分の子供を東大に入れたいと思っている方が殆どだと思います。正直、うちは少なからずそう思っています。確かに、御三家から東大に入る子は多いですが、御三家以外にも東大を狙える、いやっ、東大に入れる学校はあります。 中学受験 2,907view
中学受験,年間,スケジュール
中学受験における1年間の基本的なスケジュール!
間もなく新学期がスタートし、中学受験を控えた新6年生は本格的な受験勉強に入リます。そして、本番受験に向けたこの約1年間は、受験生である子供も親も、何かと色んなイベントがあり、忙しい1年になります。ということで、今回は、これから中学受験を向かえる方に、中学受験の年の基本的なスケジュールについて、色々と述べたいと思います。 中学受験 14,243view
小学校,プログラミング,必修化
2020年から小学校で必修化されるプログラミングについて!
以前、「これからは子供にもプログラミング能力は必要!」という記事でも述べていますが、いよいよ、2020年から小学校でプログラミングが必修化されます。ということで、今回は、2020年から小学校で必修化されるプログラミングについて、色々と述べたいと思います。 その他 2,136view
中学受験,塾,個別,集団
中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?
中学受験において、これから入塾を考えている方や、既に塾に通わせている方で、塾は個別指導塾と集団指導塾のどちらが良いか?で悩むことがあると思います。ということで、今回は、中学受験のための塾は個別と集団のどちらが良いか?について、それぞれのメリット、デメリットを踏まえて、僕の意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 2,603view
中学受験,速読,効果
中学受験に役立った習い事「速読」!その効果は?
今更ですが、今まで、うちの息子がやった数え切れないほどの、いやっ、星の数ほどの習い事の中で、中学受験に唯一役立った習い事がありました。その習い事とは、タイトルにもあるように、それは「速読」です!ということで、今回は、うちが中学受験に役立った習い事である「速読」とその効果について色々と述べたいと思います。 中学受験 2,627view
中学受験,共学化,2020年度
2020年度から共学化する首都圏の私立中学校!
数多い首都圏の私立中学校の中で、近年では毎年と言ってもよいほど共学化する学校があります。ということで、昨年もこのブログで、共学化する首都圏の私立中学校をご紹介しましたが、2020年度から共学化する学校もあるため、今回もご紹介させていただきます。 中学受験 3,260view
中学受験,習い事
中学受験において受験生は習い事を辞めるべきか?
小学校に入ってから、色んな習い事をしているお子さんも多くいらっしゃると思います。そのような中で、中学受験に向けて、受験生である子供の習い事は辞めるべきか?で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。といことで、今回は、中学受験のために習い事は辞めるべきか?について、僕なりの意見を色々と述べたいと思います。 中学受験 8,813view
■カテゴリー/タグ
■おすすめコンテンツ
■中学受験に関するイベント情報
■私立中学校一覧
■特集
■受験記

■ご意見・ご感想について
RSS
受験ラッシュ!|HOMEへ 受験ラッシュ!|ページ先頭へ
ProfileTermsPrivacyContact